ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

機体データ

型式番号AMS-129M
頭頂高20.3m
重量28.9t
ジェネレーター出力2,460kw
スラスター総推力92,400kg
センサー有効半径18,200m
装甲材質チタン合金セラミック複合材
武装ビーム・マシンガン×1、ヒート・ナイフ×2、ヒート・クロー×2
主なパイロットアヴリル・ゼック中尉(袖付き)、テッセラ・マッセラ中尉(ジオン残党軍 カークス隊)

機体概要

ギラ・ズールをベースにバラスト・タンク、ハイドロジェット推進器などの水中用装備を装着した水陸両用モビルスーツ

ネオ・ジオン残党「袖付き」から地上のジオン残党軍へ(原作では3機、OVA版では2機とパーツ供給用のギラ・ズール1機)供与され、ダカール侵攻作戦、トリントン基地襲撃作戦などで運用された。

各種水中用装備は外付け式であり、任意にパージが可能となっている。水中から敵基地へ上陸した際にデッドウェイトとなるそれら装備を排除する事で陸戦に対応するなど、運用の柔軟性に関しては他の水陸両用MSよりも高い。


両前腕には片方3枚刃のヒート・クローを装着し、手持ち式のヒート・ナイフを合わせて旧ジオン軍水陸両用モビルスーツの爪を思わせるシルエットを形成している。

バックパックにはシーリングした銃器コンテナを装備しており、ビーム・マシンガンなど各種銃器を収納可能となっている。

ビーム・マシンガンはギラ・ズールの物と同系統ではあるものの、コンテナへの収容を前提としてEパックが短縮型に変更されセンサーも取り外されているが、水中でのビーム収束率を高める偏向射撃モードへの切り替えが可能となっている他、ギラ・ズールのビーム・マシンガン同様にグレネード・ランチャーを装着することが出来る。

関連動画

関連タグ

機動戦士ガンダムUC ジオン水泳部 ギラ・ズール ザク・マリナー

関連記事

親記事

ギラ・ズール ぎらずーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66993

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました