ピクシブ百科事典

シナンジュ・スタイン

しなんじゅすたいん

シナンジュ・スタインとは、『機動戦士ガンダムUC MSV』および漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高22.6m
本体重量23.1t
全備重量54.2t
ジェネレーター出力3,240kW
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力128,600kg


概要

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した、シナンジュの原型となるニュータイプ専用モビルスーツ複数機が生産されている。
開発におけるコードネームは「スタイン01」。
ムーバブルフレームの一部にサイコフレームを使用している他、パイロットの思考をそのまま機体にフィードバックするマンマシンインターフェース「インテンション・オートマチック・システム」を採用している。
UC計画』の一環で開発されたユニコーンガンダムの試験機であることから機体のデザインはガンダムタイプに近いものとなっており、機体色も白をベースとしている。
宇宙世紀0094年6月15日に、ジオン軍残党『袖付き』に2ユニットが強奪され、内1ユニットはフル・フロンタル専用モビルスーツとして大幅に改装、シナンジュとして運用されている。
「スタイン」の意味はドイツ語で「石」という意味があり、「シナンジュの原石」であることを表している。

『機動戦士ガンダムUC MSV』では、クラップ級「ウンカイ」と「ラー・デルス」によって輸送されていたが『袖付き』の襲撃にあい、フロンタルによって強奪されてしまった。本機を強奪したフロンタルは、輸送していたウンカイとラー・デルスを沈め、機体の性能を遺憾なく発揮している。

漫画『機動戦士ガンダムUC MSV楔』では、新型武装のテスト中にインテンション・オートマチック・システムが発動してしまい、テストに同行していたギラ・ズールを撃ち落とし、パイロットのミノッコを死亡させてしまった。
この時のテストパイロットはワークラッハ・バナムが務めている。

上述のカスタム・アップを施されなかったもう1ユニットは、一定の仕様変更の後、宇宙世紀0097年に別途戦場へ投入されている。

武装

60mmバルカン砲
ハイ・ビームライフル
ビームサーベル
ビームキャノン
ミサイル
シールド

余談

一部のファンの間ではHi-νガンダムとの何らかの関係があるのではと度々議論になっている機体でもある。根拠として背部スラスターがよく似ている点、ビームライフルの形状なども酷似している点などが挙げられる。
(無論「同じ連邦系なのだから似て当然」と言われても仕方ない事であるが。)

一方、第二次ネオ・ジオン抗争が長期化した際の対策として既に建造されていたHi-νガンダムをベースにシナンジュ・スタインが生まれたとする説もあり、この説に則れば上記の類似点も説明が付く。結論として本機とHi-νガンダムとの関係性は今のところ公式でアナウンスは多くないがνガンダム系のフレームを使用している以上こういった説も出て当然なのかもしれない。

ガンプラ

1/100スケールでマスターグレードにラインナップされている。
2018年秋頃にHGUCとして『機動戦士ガンダムNT』版発売がアナウンスされた。

関連項目

機動戦士ガンダムUC 機動戦士ガンダムNT
サイコミュ サイコフレーム

仕様変更機

シナンジュ シナンジュ・スタイン(NT)

『UC計画』完成機

ユニコーンガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「シナンジュ・スタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51772

コメント