ピクシブ百科事典

ハルユニット

はるゆにっと

ハルユニットとは、ネオ・ジオングのシナンジュ本体を除いた巨大アーマー部分の事である。
目次[非表示]

概要

ネオ・ジオングシナンジュ本体を除いた外殻部分にあたる部分の事を言う。シナンジュは下半身をこれで覆うことでネオ・ジオングとなる。
細かい説明はネオ・ジオングの項目を参照。

○○の器祭り

見ればわかるように、この外殻ユニットはスケールが本体の数倍あり、1/144サイズのHGUCでも部屋の飾り場に困るほどのサイズを持つ。もちろん値段の方も税抜き25000円と同シリーズではデンドロビウムに並ぶ超高額ガンプラとなっている。家のスペース的にも値段的にも買うには相当の覚悟が必要である。

そんな極端な値段とサイズを持つガンプラのため、スペースに余裕がないモデラーからはデフォルメされ、値段も1/10以下に抑えられたBB戦士の方が人気が高い。2000円という安価ながら色分けのレベルが高く最低限のギミックも備えており、さらにHGUC版ではプレミアムバンダイの受注となったサイコシャードも付属しており、お値段以上満足度が得られる。

さてこのBBネオ・ジオング、本体のシナンジュを取り外しハルユニット単体にするとSD仕様というのもあり、デフォルメのフィギュアを入れるには最適なスペースができる。
この事からハルユニットはねんどろいどや頭身が低めのキャラのS.H.Figuartsとの親和性が高く、画像掲示板やtwitter等で春香さんのステージにさせられたり、マリオの空中移動手段にさせられるなどネタ方面で人気が出始める。また、ミリタリー繋がりとして艦隊これくしょんのフィギュアが発売され始めたのも追い風だった。一部ではハルユニットはフロンタルの台詞「人の総意の器」になぞらえて「ねんどろいどの器」などと呼ばれる事に…

ネオ連装砲ちゃん
無題
ネオ・ジオングならぬネオ・マリオ
出撃! ネプ・ジオング


もうお分かりだろう、この影響を受けてBBネオ・ジオングはガンダムUCを知らない層からもまどかタイタス以来の格好のネタ素材として馬鹿売れし、手持ちのねんどろいどをはじめとするフィギュアを載せる祭りが始まったのである。当時はあまりに売れすぎて一時期在庫待ちになったり高額で転売されるくらいの人気を誇った。現在でも沈静化してはいるものの、ねんどろいどのバリエーションは増え続けているため同シリーズに最適な「器」として根強い人気がある。
一方本体のシナンジュはどうなっているのかについてはお察しください

余談

このユニット(およびネオ・ジオングという機体)が作られた経緯ゆえに原作小説版には登場しないが、外伝作品『不死鳥狩り』ではシナンジュの代替としてヤクト・ドーガをコアユニットにしたネオ・ジオングという状態でフェネクスと戦闘を行っている。
元々、サイコフレーム搭載機であればコアとして運用可能(※シナンジュ以外だと性能は落ちる)なユニットであることから、「○○の器」にされるのはある意味当然だったのかもしれない。

関連タグ

ネオ・ジオング シナンジュ
ガンプラ ねんどろいど まどかタイタス
トランスポーターガイア・・・ライバル会社の新たなる器、こちらはシナンジュの役割が同梱されておらず変形玩具であるためプレイバリューがこちらの方が高い。
モモカプル・・・こちらも胴体部分が空洞になっており、ハルユニット同様に乗り物として人気。

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルユニット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17479

コメント