ピクシブ百科事典

TRANS-AM

とらんざむ

機動戦士ガンダム00に登場する特殊システム
目次[非表示]

その他の意味については→トランザム

概要

オリジナルのGNドライヴ(太陽炉)にブラックボックスとして予め組み込まれていたシステム。
ガンダムのOSに組み込まれていたシステムではない。

オリジナルの太陽炉では、機体内部(太陽炉本体及びGNコンデンサー)に蓄積されていた高濃度圧縮粒子を全面開放することで機体が赤く発光し、一定時間そのスペックを3倍以上に上げることができる。また発動中は残像が生まれるほどの高速機動が可能となる。
しかし、このシステムは大量のGN粒子を消費するため、使用後は粒子の再チャージまで機体性能が大幅に低下するなど、諸刃の剣であった。
ヴェーダが何者かによって破壊、もしくは掌握されたときのためにイオリア・シュヘンベルグが温存していた最後の切り札であり、オリジナルの太陽炉を搭載するソレスタルビーイングのガンダムが擬似太陽炉搭載機に対抗するための、アドバンテージのひとつとなった。

セカンドシーズンにおけるガンダムは、このシステムの使用を前提に設計されているため任意での途中解除が可能となり、限界時間到達後の機体機能低下はある程度改善されている。
また、ガンダムを搭載した状態ならプトレマイオス2でも使用が可能になった。

アロウズ側では、レイフ・エイフマンの手書き資料を基にビリー・カタギリが実証した理論により、擬似太陽炉によるトランザムシステムがマスラオおよびスサノオに搭載されている。
こちらのトランザムは圧縮粒子を開放するのではなく、炉を意図的に暴走状態にして疑似的にトランザムを再現するものであるため、出力を上げ続けると爆発する他、そうしなくとも終了後は炉がオーバーロードを起こし使用不能となるデメリットがある。
そのため、トランザム可能な擬似太陽炉搭載機は帰還用の粒子をGNコンデンサーにプールして出撃する必要がある。

イノベイターは、ソレスタルビーイングからツインドライヴのデータと共に盗み出す形でトランザムシステムのデータ手に入れ、自分達の専用機に搭載した。
元がソレスタルビーイングのデータなので、ビリーが製作したタイプとは違い途中解除が可能。また、ガシリーズは大型のGNコンデンサーを搭載している為、トランザム後も戦闘を継続、2度目のトランザムをも行える仕様となっている。

劇場版では一般量産機のほか、艦船にも搭載されるほど広く広まった。ただし機体を侵食するELSに対して(苦肉の策とはいえ)トランザムによる自爆を用いたパイロットがあまりに多かったため、後に開発されるMSには搭載しない事が決定されたという。
また、ソレスタルビーイング側も粒子貯蔵タンク(GNコンデンサー)の改良によって太陽炉なしでも短時間ながらトランザムの使用が可能になっている。

その他のトランザムに関する能力

トランザムバースト

ダブルオーライザーに搭載されている、ダブルオーライザー真の力。
GN粒子貯蔵タンク型でも使っているが、本来はオリジナルの太陽炉のみでのツインドライヴとイノベイターでなければ、性能をフルに発揮できない。
純粋なるイノベイターの脳量子波をツインドライヴと連動させ、純度の高いGN粒子であらゆる人々の意識を脳量子波でリンクさせるのが本来の用途。
劇中では、刹那がイノベイターとして覚醒したことに伴いシステムが起動。七色の輝きを放つ膨大なGN粒子が戦場全域に放出され、イノベイドの脳量子波を乱したほか、MSを吹き飛ばすなど物理的な力も見せた。
また、GN粒子を媒介として戦場にいたあらゆる人々の意識を感応させ、毒性のある擬似GN粒子によって身体を蝕まれていた者を回復させるなどの現象も起こしている。
なお、発動中はトランザムと同様に本体が赤く(ピンク)なるが、相違点として光の筋が機体のいたる場所で浮き出たり動いていたりする(おそらくGN粒子の流れの表現)。

クアンタムシステム(クアンタムバースト)

ダブルオークアンタに搭載された機能であり、ツインドライヴの意識共有能力を前提に開発されたシステム。トランザムバーストの上位互換と言える。
トランザムバーストより広い範囲へと、更に高濃度のGN粒子で意識をリンクさせるためGNコンデンサーを増設、ツインドライブを直列に繋げる、最高レベルでは装甲をパージしてGN粒子を拡散させやすくする等の措置がとられている。
作中の「来たるべき対話」を予想されていた時期から考えるに、”対話のためのシステム”としては試験的なものであったと考えられる。
このシステムはマイスターである刹那の(というよりイノベイターの)能力による部分が大きく、開発者のイアン自身も、その真価を図り知ることはできなかった。

量子化

機体を量子状態とする事で敵の攻撃が直撃する事実を回避する。
基本的にダブルオーライザーがトランザムを行う事によって発生するが、原作でも詳しい説明がされておらず、何故使えるのか、何故発生するのか、そのメカニズムは不明。
また、ダブルオークアンタはこの機能を流用することで超長距離の量子ワープを可能としている。

トランザムが使用可能な機体

太陽炉搭載機

オリジナルの太陽炉はシステムが開放されていていればどの機体でも使用する事は可能(第二世代でも使用している描写がある)。
なので、実際に使用している、または理論上は使用出来るが何故か使用しなかったものを記載する。

第一世代

0ガンダム(時期的に実戦配備型(2nd最終話バージョン)のみ理論上使用可能、作中及びゲーム作品では未使用)

第二世代

二世代の記事は基本無いので、直系の三世代ガンダムの記事へ飛ぶ事とする
ガンダムアストレアタイプF2改(オリジナルの太陽炉搭載型のみ)
ガンダムアストレアタイプF(ゲーム作品において、設定上使えないはずのフォン・スパーク専用機で使用している。逆に通常のタイプFでは時期的に使用不可)
ガンダムサダルスードTYPE-F(理論上)
ガンダムアブルホールTYPE-F(理論上)

第三世代

一応全機使えるのだが、時期的な問題でMSVの機体は使えないのが共通。
解放後に装備していた場合は使用可能なのも共通。
なお、ガンダムラジエルはトランザムを使用できる時期に稼動していた機体だが、その時期はGNドライヴを一度も装備しておらず、シナリオ上は物理的に使用できない。

ガンダムエクシア(トランザム初起動機体)
ガンダムエクシアリペアII(理論上)
ガンダムエクシアリペア(理論上。EXVSなどではリペア状態でトランザムを発動出来、エクシアリペア時での勝利後のポーズにもトランザム状態が用意されている)
ガンダムデュナメス(TVシリーズでは未使用だが、スペシャルエディション版で初披露。またゲームでは使用可能)
ガンダムキュリオス
ガンダムヴァーチェ
ガンダムナドレ

第3.5世代

セカンドシーズンのGN系ガンダムで、ツインドライブでない機体を指す。
各追加装備プラン(GNHW)でも使用可能。

ケルディムガンダム
アリオスガンダム
セラヴィーガンダム
セラフィムガンダム

第四世代

セカンドシーズンのGN系ガンダムで、ツインドライブ搭載型のみを指す。
実質的にダブルオーガンダム系列の専用世代。

ダブルオーガンダム(使用できるというより、使用しないと起動しない。起動後に使用した場合、オーバーロードして機能停止する)
ダブルオーライザー(使用中はトランザムライザーと機体名が変わる特徴がある。”GNドライブ+GN粒子貯蔵タンク型”の物は設定上、技術的な面から使用できない)

第五世代

ダブルオークアンタ
ガンダムサバーニャ
ガンダムハルート

擬似太陽炉搭載機

スローネ系

0ガンダムから派生し、初の擬似太陽炉搭載機となったスローネ3機のデータから作られていったタイプ。
特異な人型や量産されていたものが多い。

マスラオ(擬似太陽炉によるトランザムの初搭載機)
スサノオ(アニメにおいて、擬似太陽炉によるトランザムを用いた戦闘を行った最初の機体)
アルケーガンダム(理論上使用可能。なお、ヤークルトアルケーは使用可能だが、ドライアルケーは不明)
GN-XIV(劇中でトランザム自爆する機体。設定上は最もトランザム自爆した機体でもある)
ブレイヴ指揮官用試験機
ブレイヴ一般用試験機

CB系及びGN系

基本的にはCB系を元に作られたGNZの型式が多い。

ガデッサ
ガラッゾ
リボーンズガンダム(擬似太陽炉唯一のツインドライブ搭載機。理論上では、他の擬似太陽炉型の機体よりもトランザム持続時間が長い)
ガガトランザム祭りの主犯。自爆はどちらかというと衝突事故のようなもの)
ラファエルガンダム(セラヴィーガンダムIIが分離していないときはここの所属になる。劇中でもゲームでも使用している)
セラヴィーガンダムII(頭の人。今回はドライブが3基も搭載されているため使用可能。ゲームでは演出上にて使用、劇中は未使用)

非太陽炉搭載機(動力がGN粒子貯蔵タンクの機体)

ダブルオーライザー(劇中にバーストしているため理論上の話(一応劇中前では0.03秒だけだが発動はできている))
ラファエルガンダム(分離中は粒子貯蔵タンク駆動であることからここの所属)

ワークローダー

サキブレ(オリジナル太陽炉型(少数)、擬似太陽炉型、コンデンサー型が設定上存在しており、登場は第五世代ガンダムの活躍から50年後の世界なので、それまでの技術を使えば理論上全て使用可能ではある。オリジナルの太陽炉搭載型は量子テレポートも使用可能)

関連イラスト

トランザムっ!
キュリオス


「5分でできる!トランザム講座」

5分でできる!トランザム講座



関連動画

FIGHT

TRANS-AMと言えばこのBGM。
本編での演出も相まって、完璧なまでに「処刑用BGM」としての威厳を醸しだしている。

TRANS-AM RAISER

ダブルオーライザーになってからのTRANS-AMのBGM。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 リミッター解除

V-MAX ―― 下記の界王拳を含む「反動付き強化技」の先駆け。
界王拳 ―― 知名度が圧倒的に上という点で、真っ赤になってパワーアップする能力のある意味元祖。

派生タグ

エナンザム スタンザム
モバマスにおいて、リアルマネーと引き替えに活動限界を引き上げる課金兵の荒技)

pixivに投稿された作品 pixivで「TRANS-AM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292757

コメント