ピクシブ百科事典

ハイパーモード

はいぱーもーど

ハイパーモードとは、一定の条件を満たした時に発生するモビルファイターが金色に輝く形態のことである。
目次[非表示]

概要

機動武闘伝Gガンダムのガンダムに見られる特異現象の一つ。

パイロット(ガンダムファイター)の精神が明鏡止水の境地に達した時、ガンダム(モビルファイター)の外観が金色に輝く形態を言う。
これはガンダムを形成するガンダリウム合金・スーパーセラミック複合材とレアメタルハイブリッド多層材がパイロットの精神状態に応じて色が変わるという特性を持っているためであり、パイロットの明鏡止水の精神に感応し機体とパイロットが黄金に輝く。

この状態に達したガンダムは戦闘力が大幅に上昇する。
劇中でハイパーモードの域に達したのはドモン・カッシュ含む新生シャッフル同盟東方不敗の6名のみ。
ちなみにゴッドガンダムマスターガンダムでは素のトータルスペックではマスターが上回るが、ハイパーモードに達するとゴッドがマスターを上回るという公式設定があったりする。

なお、商品化においてはGガンダムの主役勢(とはいっても大体がゴッドかマスターになるが)が立体化されると決まって成型色を金メッキに変えたこのハイパーモードが出されるのが定番となっており、00で言うトランザム商法に近い扱いとなっている。
ガンプラの場合1/144がシャイニングマックスタードラゴンローズボルト・ゴッド、HG1/100がゴッド、MGではゴッド・マスターのハイパーモードが一般販売で入手出来る(最近の商品のハイパーモード版はプレミアムバンダイ限定になりがち)。

pixivではハイパーモード化したモビルファイターのみでなく、全身が黄金に輝いたキャラクター(パロディ含む)を比喩する意味合いでタグがつけられる事が多い。

余談

実はハイパーモードという呼び方は正しい表現ではない。

本来の意味ではゴッドガンダムがエネルギーマルチサプライヤーと背面ウイングを展開した状態こそがハイパーモードにあたるが、商品化にあたって「真のスーパーモード」と呼ばれたシャイニングガンダム引っくるめて、機体が金色に輝いた状態全てをハイパーモードと呼ばれるようになり、完全にそちらの意味で定着してしまった。厳密には金色の状態は「明鏡止水ハイパーモード」という表現が正しいか。
これはつい最近まで混同されており、2014年にHGFCで金色のゴッドガンダム・マスターガンダムがプレミアムバンダイで発表された際も「ハイパーモード」と表記されていた。
2016年になって、ROBOT魂ゴッドガンダムの同形態の発売が決定した時にようやく「明鏡止水 Ver.」と別の名称が付けられるようになった。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム 明鏡止水 モビルファイター 金ぴか シャッフル同盟拳
百式(常時ハイパーモード…ではない)

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイパーモード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130280

コメント