ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

元オーブの代表ウズミ・ナラ・アスハが愛娘のカガリ・ユラ・アスハに遺したモビルスーツ
黄金に輝く「ヤタノカガミ」と呼ばれる鏡面装甲を持ち、ビームを屈折・反射する特徴を持つ。地球連合軍との戦闘を想定し、彼らか保有する携行型ビーム兵器に対抗するためのアンチビーム装甲でもある。

元々はヘリオポリスにおけるストライクをベースに開発されており、C.E.71年時においてアストレイシリーズとはオーブ国防軍の制式採用を競合した量産検討機であった。
しかしながら、ヤタノカガミのコスト高騰やOSと専用装備が未完成だったこともあって実戦に投入できる状態ではなく、開発は凍結。
(制式機はM1アストレイが勝ち取り、カガリはストライクルージュに搭乗して実戦参加していた。)

機体そのものはアカツキ島にて保管される事となる。
その後、モルゲンレーテ社のスタッフのもと開発が継続され、オーブのフラッグシップ機としてその理念を反映し、防御力を重点に置いた機体として極秘裏に完成している。

その特殊な開発状況から、実機が実戦投入されるまで限られた人間しかその存在を知らなかったとされ、初陣の際にはオーブ軍のデータベースにも登録されていなかったという状況であった。
非常にハイコストな機体となってしまったものの、結果的にはC.E.73年からの戦争期に各勢力でガンダムタイプに求められた一対多を想定した意図したワンオフ・高性能機という潮流に乗った一つの例と言える。

武装

アカツキはストライク同様に各種ストライカーパックを装着可能で、さらに本機には専用のストライカーパックが開発されている。
大気圏内では空戦パック「オオワシ」を、宇宙空間では空間戦用パック「シラヌイ」を装着する。設定上他のストライカーパック(エール他)も装着できるが、肩や腕の武装は装着できない。
尚、オーブ軍における装備類の命名規則は自衛隊を意識して制式化年数に○式ととる。これに準えばビームサーベルとビームライフルはC.E.73年時に完成していた為、当時のMSに十分対抗できる。

M2M5D12.5mm自動近接防御火器

頭部に内蔵されているバルカン砲。同時代の地球連合軍で普及したトーデスシュレッケンタイプの、オーブ輸入仕様。
ムラサメにも装備されている。

73J2式試製双刀型ビームサーベル

アカツキ計画凍結後に開発された近接格闘用武器。
普段は連結したまま1つになっており、分離して2刀流にしたり、ライフルと合体し銃剣にすることも可能。
柄の形状等、日本刀を意識したデザインとなっている。

72D5式ビームライフル「ヒャクライ」

アカツキ計画凍結後に開発された武装の一つ。
ストライクが使用するビームライフルをベースにした改良品。
また、フォアグリップの代わりにサーベルのマウントラッチが設けられており、ビームサーベルを銃剣として使用することもできる。
不使用時は右腰部に装着される。

試製71式防盾

アカツキが使用するシールド。
外側にヤタノカガミがコーティングされており、中心部は実弾を防ぐ。
先端が尖っており、打突兵器としても使用可能。こちらはアカツキと同時に開発されたもの。

専用ストライカーパック

大気圏内航空戦闘装備“オオワシ”

大気圏内用のストライカーパックで、2基の高エネルギービーム砲を装備。
オープニングを見る限りでは宇宙空間でも運用が可能な模様。設定上ではこのオオワシ単体でも誘導飛行が可能とされている。

73F式改高エネルギービーム砲
オオワシの武装の一つ。砲身にヤタノカガミが施されている。

宇宙戦闘装備“シラヌイ”

ドラグーンシステムを7機装備した宇宙戦闘用パック。

M531R誘導機動ビーム砲塔システム
砲塔にヤタノカガミがコーティングされているドラグーンシステム。

3連装ビームを放つほか、戦艦1隻を覆う程の巨大なバリアを展開することも出来る。
但し、アカツキ自体は核エンジンが搭載されていないため、エネルギーの都合上、稼働時間は同時期のレジェンドやストライクフリーダムのドラグーンより短めだが、コーティングされたヤタノカガミの恩恵で、ドラグーンの砲塔は撃ち落とされにくくなっている。

劇中の活躍

アカツキ計画が凍結された後、1機だけ製造されたものがアカツキ島の地下で極秘裏に保管されていた。
ロード・ジブリールを捕えるべくオーブに侵攻したザフトを迎え撃つ為に、カガリがこの機体に搭乗する。

バビグフイグナイテッドジオグーン等をヤタノカガミや兵装を生かして次々に撃破し、シン・アスカの駆るデスティニーと戦闘に入るも、パイロットの技量の差から追い詰められ、シールドと左腕を切断される。
トドメを刺されるところをキラ・ヤマトが乗るストライクフリーダムに助けられ戦線離脱、オーブ軍本部へ向かった。

その後、宇宙へ上がるアークエンジェルの所属となり、オーブに残るカガリの代わりにネオ・ロアノークムウ・ラ・フラガ)が本機のパイロットとなり、シラヌイパックを装備して運用された。
ミネルバのタンホイザーを身を挺してシールドで防いでも無傷な程の防御力を発揮し、更にドラグーンバリアを展開しながらミネルバからの追撃を防ぎ、アスラン・ザラインフィニットジャスティスと共にレクイエムを破壊するに至っている。
この時、レクイエム砲口に展開されている陽電子リフレクターをインフィニットジャスティスがビームシールドを展開して突破したのに対し、アカツキはヤタノカガミの性能を利用してそのまま通過している。

バリエーション

ビルドアカツキガンダム
TVアニメ「ガンダムビルドファイターズ」のガンプラ。
TV本編には出ておらず、川口名人こと川口克己氏がプロデュースを行ったプロショップ限定品のガンプラ。ユーザーのオリジナルカラー塗装を前提にしているのか機体色が白い。
武装はヒャクライと双刀式ビームサーベルに加え、多数のビームサーベルを展開できる「ハイドラショット」と白いビルドブースター

アザレア
ゲーム「ガンダムブレイカー3」に登場するガンプラ。
使用者はミサ
アカツキをベースに、シェンロンガンダム(EW版)ローゼン・ズールなどのパーツを使用している。
アザレアの名が示す通りカラーリングは桃色を基調としている。
武器はビームサーベル、ザクマシンガン、ジャイアントバズ。
強化型にアザレアカスタム、アザレアパワード、アザレアフルフォースが存在する。

アカツゲー
WEBアニメ「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」に登場するモビルアーマーのガンプラ。アカツキに、ゲルズゲーの下半身とレジェンドガンダムのバックパックを装備させたものとなっている。
武器はレジェンドの高エネルギービームライフル2丁とドラグーンシステム。ヤタノカガミも装備しており、バスターライフルもはじき返す。PS装甲も装備しているのか、ガトリングによる実弾攻撃にも通用しなかった。

第1話冒頭でEXボスとして出現し、ゴッドガンダムマヒローバタラなどを始めとするMSとダイバーを次々と撃破していき、最後の2機となったジム・スナイパーⅡアレックスに襲い掛かるが、突如出現したクガ・ヒロトのアッザムリーダーに動きを封じられ、彼の搭乗機であるコアガンダムに撃破された。
なお、アカツゲーを倒したヒロトは、ジム・スナイパーⅡとアレックスのダイバーに撃破報酬を譲っている。

周瑜アカツキ
アニメ「SDガンダムワールド三国創傑伝」に登場。孫堅ガンダムアストレイ率いるレッドタイガーの一員。貂蝉クシャトリヤを追い詰めるなど活躍はしたが、続編である「SDガンダムワールドヒーローズ」ではいまいち影が薄い。

余談

    • 名称について

劇中では「アカツキ」としか呼ばれていないが、児童誌でのお披露目の際やプラモデルなどの商品では「アカツキガンダム」という表記であり、オオワシを追加装備した形態は「オオワシアカツキガンダム」、シラヌイを追加装備した状態は「シラヌイアカツキガンダム」と表記されており、HDリマスター版の番組オープニング映像の第4期でも「OOWASHI AKATSUKI GUNDAM」という表記が使われている。
アニメ制作者によりガンダムを付けた状態で命名されたモビルスーツが、劇中ではガンダムを付けた状態で呼称されないというのは、ガンダムSEEDシリーズではアカツキガンダムに限った話ではなく、「ストライクガンダム」が「ストライク」、「フリーダムガンダム」が「フリーダム」のように、ガンダムと命名されたモビルスーツのほぼ総てが劇中ではガンダムと呼ばれておらず、アカツキガンダムという名称が劇中で呼称されないことは不自然なことではない。
しかしSEEDシリーズ本編に登場するガンダムの名を持つモビルスーツの中では、アカツキガンダムは少々事情が異なっている。番組本編で初登場する前後の新型ガンダムが、雑誌媒体や公式サイトでお披露目される際は、その時点でストライクガンダムやフリーダムガンダム等の名称が多く用いられるが、登場当初のアカツキガンダムは「コミックボンボン2005年9月号」以外ではガンダムが名称に用いられることは無かった。
番組終了後に発売された商品の名称も少々特殊で、フリーダムガンダム等はバンダイから発売された各種のプラモデルやアクションフィギュア「MOBILE SUIT IN ACTION!!」(通称MIA)及び「COSMIC REGION」等の様々な商品でガンダムを付けた商品名が用いられているが、アカツキガンダムは各種プラモデル等ではこの名称が用いられているものの、MIA及びCOSMIC REGIONの商品名では「アカツキ」という表記になっている。

ゲーム作品では

本格的なゲーム参戦は連合VSザフトⅡ。シラヌイとオオワシがそれぞれ別機体で参戦。ヤタノカガミによるビームの反射もきっちり再現。
続いてガンダムVSNEXTPLUSにも参戦。アカツキ2機によるビーム反射耐久は見ものである。
NEXTPLUS以降、しばらく登場しなかった本機だが、ついにマキシブーストONにも参戦。ドラグーンやアシストをはじめとする射撃特化型シラヌイと、機動力特化の万能型オオワシを使う換装機として登場。コストは2500。パイロットはムウ・ラ・フラガ。開始時はシラヌイで出撃。再出撃時は撃墜された時の形態で出撃する。
AC版マキオン、エクバ2でそれぞれ1回ずつアップデートで調整を受けたが、人気は低く、長らく影が薄かった。
しかし、最新作クロスブーストでは、とんでもない調整を受け、一気に環境上位に躍り出ることになった。
シラヌイは射撃武装の強化、キャンセルルートの追加で自衛力・継戦能力が大幅に上がり、
オオワシもメインキャンセルが可能な サブ射撃とアシスト の2種の降りテクにより、既存のピョン格(レバー後格闘)と相まって動きの自由度が増加。
アップデートにて耐久30低下、ドラグーンの性能低下と下方修正を受けたものの、採用率は依然として高く、ジャスティスガンダムと並んで強力な後衛機体として活躍している。
ゲームでも不可能を可能にしてしまった。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY カガリ・ユラ・アスハ ムウ・ラ・フラガ
ストライクフリーダムガンダム インフィニットジャスティスガンダム デスティニーガンダム レジェンドガンダム
ストライクガンダム M1アストレイ ムラサメ

百式 スモー アルヴァアロン G.G.P ユニコーンガンダム3号機フェネクス
バイアラン・カスタム

関連記事

親記事

オーブ国防軍 おーぶこくぼうぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アカツキガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151873

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました