ピクシブ百科事典

アカツキガンダム

あかつきがんだむ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINYに登場する、オーブ連合首長国のモビルスーツ。
目次[非表示]

概要

元オーブの代表ウズミ・ナラ・アスハが愛娘のカガリ・ユラ・アスハに遺したモビルスーツ。黄金に輝く「ヤタノカガミ」と呼ばれる鏡面装甲を持ち、ビームを屈折・反射する特徴を持つ。
元々はヘリオポリスにおけるストライクガンダムをベースに開発されており、C.E.71年時においてアストレイシリーズとは制式採用を競合した量産検討機であった。しかしながら、ヤタノカガミのコスト高騰やOSと専用装備(オオワシやシラヌイ、ビームライフル他)が未完成だったこともあって実戦に投入できる状態ではなく、開発は凍結(そのため、制式機はM1アストレイが勝ち取り、カガリはストライクルージュに搭乗して実戦参加している。)。機体そのものはアカツキ島にて保管される事となる。その後、モルゲンレーテ社のスタッフのもと開発が継続され、オーブのフラッグシップ機としてその理念を反映し、防御力を重点に置いた機体として極秘裏に完成している。

また、その特殊な開発状況から、実機が実戦投入されるまで限られた人間しかその存在を知らなかったとされ、初陣の際にはオーブ軍のデータベースにも登録されていなかったという状況であった。非常にハイコストな機体となってしまったものの、結果的にはC.E.73年からの戦争期に各勢力でガンダムタイプに求められた一対多を想定した意図したワンオフ・高性能機という潮流に乗った一つの例と言える。

武装

アカツキはストライク同様に各種ストライカーパックを装着可能で、さらに本機には専用のストライカーパックが開発されている。大気圏内では空戦パック「オオワシ」を、宇宙空間では空間戦用パック「シラヌイ」を装着する。設定上他のストライカーパック(エール他)も装着できるが、肩や腕の武装は装着できない。
尚、オーブ軍における装備類の命名規則は自衛隊を意識して制式化年数に○式ととる。これに準えばビームサーベルとビームライフルはC.E.73年時に完成していた為、当時のMSに十分対抗できる。

M2M5D12.5mm自動近接防御火器

頭部に内蔵されているバルカン砲。同時代の地球連合軍で普及したトーデスシュレッケンタイプの、オーブ輸入仕様。
ムラサメにも装備されている。

73J2式試製双刀型ビームサーベル

アカツキ計画凍結後に開発された近接格闘用武器。
普段は連結したまま1つになっており、分離して2刀流にしたり、ライフルと合体し銃剣にすることも可能。
柄の形状等、日本刀を意識したデザインとなっている。

72D5式ビームライフル「ヒャクライ」

アカツキ計画凍結後に開発された武装の一つ。
ストライクガンダムが使用するビームライフルをベースにした改良品。
また、フォアグリップの代わりにサーベルのマウントラッチが設けられており、ビームサーベルを銃剣として使用することもできる。
不使用時は右腰部に装着される。

試製71式防盾

アカツキが使用するシールド。
外側がヤタノカガミがコーティングされており、中心部は実弾を防ぐ。
先端が尖っており、打突兵器としても使用可能。こちらはアカツキと同時に開発されたもの。

専用ストライカーパック

大気圏内航空戦闘装備“オオワシ”

大気圏内用のストライカーパックで、2基の高エネルギービーム砲を装備。
オープニングを見る限りでは宇宙空間でも運用が可能な模様。設定上ではこのオオワシ単体でも誘導飛行が可能とされている。

73F式改高エネルギービーム砲
オオワシの武装の一つ。砲身にヤタノカガミが施されている。

宇宙戦闘装備“シラヌイ”

ドラグーンシステムを7機装備した宇宙戦闘用パック。

M531R誘導機動ビーム砲塔システム
砲塔にヤタノカガミがコーティングされているドラグーンシステム。

3連装ビームを放つほか、戦艦1隻を覆う程の巨大なバリアを展開することも出来る。
但し、アカツキ自体は核エンジンが搭載されていないため、エネルギーの都合上、稼働時間は同時期のレジェンドやストライクフリーダムのドラグーンより短めだが、コーティングされたヤタノカガミの恩恵で、ドラグーンの砲塔は撃ち落とされにくくなっている。

劇中の活躍

アカツキ計画が凍結された後、1機だけ製造されたものがアカツキ島の地下で極秘裏に保管されていた。
ロード・ジブリールを捕えるべくオーブに侵攻したザフトを迎え撃つ為に、カガリがこの機体に搭乗する。

バビグフイグナイテッドジオグーン等をヤタノカガミや兵装を生かして次々に撃破し、シン・アスカの駆るデスティニーガンダムと戦闘に入るも、パイロットの技量の差から追い詰められ、シールドと左腕を切断される。
トドメを刺されるところをキラ・ヤマトが乗るストライクフリーダムガンダムに助けられ戦線離脱、オーブ軍本部へ向かった。
その後、宇宙へ上がるアークエンジェルの所属となり、オーブに残るカガリの代わりにネオ・ロアノークムウ・ラ・フラガ)が本機のパイロットとなり、シラヌイパックを装備して運用された。
ミネルバのタンホイザーを身を挺してシールドで防いでも無傷な程の防御力を発揮し、更にドラグーンバリアを展開しながらミネルバからの追撃を防ぎ、アスラン・ザラインフィニットジャスティスガンダムと共にレクイエムを破壊するに至っている。
(ちなみにこの時、レクイエム砲口に展開されている陽電子リフレクターをインフィニットジャスティスがビームシールドを展開して突破したのに対し、アカツキはヤタノカガミの性能を利用してそのまま通過している)

余談

  • 公式な設定では「アカツキ」が正式名称だが、プラモデルなどの商品では商標などの問題から「アカツキガンダム」という名称であることが多い(スターゲイザーも同様)。もっとも、ストライクガンダムも本編では「ストライク」が正式名称なので些細な話である。どちらかと言えば、アカツキもこれらに倣った形と言える。ちなみに、本機は「G.U.N.D.A.M.」(General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System)と略するOSを使用している機体であるため、定義通り解釈するならば、本機もコズミック・イラの「ガンダムタイプMS」に分類できる。
  • OSは表記こそGAT-Xナンバーと同じものだが、オフィシャルファイルによればアカツキ専用のOSである。


関連タグ

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY カガリ・ユラ・アスハ ムウ・ラ・フラガ
ストライクフリーダムガンダム インフィニットジャスティスガンダム デスティニーガンダム レジェンドガンダム
ストライクガンダム M1アストレイ ムラサメ

百式 スモー アルヴァアロン G.G.P ユニコーンガンダム3号機フェネクス
バイアラン・カスタム

pixivに投稿された作品 pixivで「アカツキガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102711

コメント