ピクシブ百科事典

グフイグナイテッド

ぐふいぐないてっど

『ザクとは違うんだよ、ザクとは!』
目次[非表示]

グフイグナイテッドとは、機動戦士ガンダムSEEDDESTINYに登場するMSである。

概要

ザクウォーリアに続き、ザフト軍が開発した量産型MS。
その姿は、機動戦士ガンダムに登場したMSグフを髣髴とさせる。
武装は、両腕に取り付けられたビームガンと、シールドに格納しているビームソード、そして敵に電気ショックを与える鞭「スレイヤーウィップ」。
また、サブフライトシステムであるグゥルを使用せず、大気圏内の飛行を可能とする。
当初はエースパイロットのみに支給されるはずだったが、戦争の長期化に伴ってザクの生産体制が限界を迎えていたことに加え、高い完成度を惜しんだ上層部の口添えで青い機体が量産化され、ザフト軍の戦力になった。
ちなみにイザーク・ジュールも白い本機を使用しており、ディアッカ・エルスマンと共に戦果を挙げた。

バリエーション

ハイネ仕様機

最初に登場したオレンジ色の先行試作機。
ミネルバの新たな戦力として加えられたが、フリーダムガンダムによって腕を破壊されてしまう。その後、フリーダムによって損傷を受け逆上したステラガイアガンダムのビームブレイドで両断された。

量産機

先行試作を経て量産された機体。カラーリングは元祖グフを思わせるブルー。
アスラン・ザラがザフトを脱走する際に搭乗したが、直後にデスティニーガンダムレジェンドガンダムの追撃を受け撃墜される。
オーブ連合首長国攻撃の際にユウナ・ロマ・セイランを押し潰したのもこの量産機(ただし墜落した機体だが)である。

イザーク仕様機

イザーク・ジュールスラッシュザクファントムから乗り換えた新しい乗機。
レクイエムの中継コロニーである「グノー」、「フォーレ」の破壊に貢献し、最終戦ではエターナルの援護のためにラクス、アスラン達と共闘した。

ルドルフ仕様機

自称「麗雄(華麗なる英雄の略)」ことルドルフ・ヴィトゲンシュタイン専用機。機体色は純金を使用したゴールドカラーで、費用はパイロットが全て負担している。
戦闘で破損した際には量産機のパーツを移植しているが、ルドルフ自身はちぐはぐな姿を見て不満をこぼしている

グフクラッシャー

本機のバリエーションの1つで、対MS近接格闘・制圧戦に特化させた試作機。
射撃武器や火器の類を一切装備していないが、左腕はインパクトバイス展開用の駆動関節を備えさせた非武装マニピュレーターに、右腕は破砕球(専用のチェーン等は用意されておらず、スレイヤーウィップに接続して使用する)使用時の負荷をカバーする極太の出力向上タイプに換装された特徴的な風貌をしている。
インパクトバイスは所謂万力で、発動中のPS装甲をも圧壊させるほどの圧倒的な破壊力を誇る。
破砕球はPS装甲を破るほどの破壊力はないものの、衝撃によって機体は無事でもパイロットを殺害することが可能。
グフイグナイテッドの特色である四肢換装による汎用性の高さを誇示するためだけに造られたもの。
ヘブンズベース戦で籠城したロゴス幹部達を制圧するために投入され、内部で破壊活動を行った。

グフクラッシャー改

グフクラッシャー改


『D ASTRAY B』に登場する傭兵エルザ・ヴァイスの専用機。
当初は上記のグフクラッシャーと同じ仕様であったが、サーペントテールとの戦いで脚部を損壊。改修の際に足裏に5輪式のローラーを備えた専用脚部に換装、地上での移動速度が大幅に向上している。
これに加えて右足には左腕と同機能のインパクトバイス、左膝には刺突用の大型ランスを装備、より攻撃的な機体と化した。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ザクウォーリア ドムトルーパー
ハイネ・ヴェステンフルス イザーク・ジュール
西川貴教
グフ

pixivに投稿された作品 pixivで「グフイグナイテッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68843

コメント