ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「死ぬのはダメ!怖い!」


プロフィール

血液型A型
身長163㎝
体重43㎏
年齢不明(推定16歳)
搭乗機
CV桑島法子

人物

地球連合軍第81独立機動群(通称:ファントムペイン)所属のエクステンデッドの少女。

幼少の頃から、ロドニアの研究所(ラボ)では『最適化』と呼称されるナイフや重火器を扱った実戦訓練、シミュレーションでの戦闘訓練、定期的な薬物投与及び記憶操作の調整が行われている。

そのため、軍からは生体CPU」と呼ばれるMSのパーツ扱い(消耗パーツ扱い)であり、

パーソナルデータはすべて消去済み。年齢すら、推定扱いで正確には分かっていない。


金髪セミショート中々のスタイルの持ち主

しかし、そんな体躯とは裏腹に普段は口調も情緒も非常に幼くおとなしい性格をしており、これは環境や度重なる『最適化』の影響ではないかと思われる(岩瀬昌嗣氏の漫画版では普通の喋り方をしている)。

だが、戦場では一変して激しく激昂しやすい性格に豹変し、高い戦闘能力を発揮する。

エクステンデッドには聞くと恐慌状態に陥る単語(ブロックワード)が存在し、ステラの場合は「死」がそれに該当する。


来歴

スティング・オークレーアウル・ニーダと共にアーモリーワンへの潜入時、シン・アスカと遭遇しているが、お互いに当時の状況を覚えていない。因みにその時偶然ながらも胸を鷲掴みにされている(マガジンZ版では前述の行為に怒り、シンに平手打ちをしている)。

その後、作戦に従いセカンドステージの保管されている格納庫を襲撃し、ガイアガンダムを奪取して、以降はそれを乗機とする。


シンとの出会い

シンとは互いに相手を知らずに数度戦闘を行っているが、ディオキアでの休暇中のある日にダンス中に崖から海に落ちたのをシンに救助された。

その時にシンがブロックワードを発し、恐慌状態に陥るが、「戦争で家族を亡くした少女」と勘違いしたシンの発した「君を守る」の言葉によって落ち着きを取り戻した。


心を通い合わせた2人だったが、その後、回収された彼女は、シンとの思い出を「『余計な記憶』である」と判断された連合の軍人による『最適化』でシンの記憶ごと消去されてしまう。


オーブ軍との戦闘

その後、ユウナ・ロマ・セイラン率いるオーブ軍との戦闘では、ハイネ・ヴェステンフルスの搭乗するグフイグナイテッドと戦闘し追い込まれ、更にはフリーダムの介入も受ける。

最終的にはフリーダムを攻撃しようとして、割り込む形になったグフイグナイテッドを撃墜し、ハイネを戦死に追い込んだ。


エクステンデッドの呪縛

ネオ・ロアノークと連合軍人の話で、スティングやアウルと共に訓練を受けたロドニアの研究所(ラボ)がザフトに発見。接収、調査されているのを知り、それを何気なく呟いた為にアウルが動揺。

『死』の言葉を聞いたステラは、消されたはずのシンが発した『守れば死なない』の言葉を微かに思い出し、ガイアでJ.P.ジョーンズを飛び出して研究所へと向かってしまう。

そして研究所にいたインパルスガンダムセイバーガンダムと交戦するも、2機の連携により撃墜された際にシンに保護され、戦艦ミネルバの医務室に拘束、捕虜とされた。

軍医から聞かされたステラの正体と施されている処置を知らされ、シンに大きな衝撃を齎した。


『最適化』による記憶の消去は完全ではないのか、再び目覚めたステラはシンの記憶を思い出しており、2人は再度心を通わせたが、『最適化』が必要な彼女の身体は徐々に衰弱していき、ザフトも彼女を「エクステンデッドの『生きた』サンプル」程度でしか見ていない達、本国への移送が決まってしまう。

しかし、それに異を唱えるシンの独断とレイ・ザ・バレルの協力によって、彼女の隊長であるネオ・ロアノークに送り届けられた。

だが、既にステラの身体は限界寸前であったらしく、スピンオフ『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』では、同艦にステラが収容されるシーンでは、弱っているステラを見たスウェン・カル・バヤンが「たとえ、揺り籠(『最適化』を行う装置)で処置しても永くはもたないだろう」と示唆している。


最期

帰隊後は連合のハンニバル級陸上空母ボナパルトで再調整を受け、デストロイガンダムの生体CPUとしてベルリンを含むヨーロッパの3都市で無差別破壊及び虐殺を行い、焼け野原にしてしまう

その後、事態を知ったアークエンジェルとフリーダムが現れ、周囲の被害に構わず交戦するのだが、更にそこへシンの搭乗するインパルスが割り込んでくる。

三つ巴の戦闘の中、ネオの駆るウィンダムはフリーダムによって撃墜され、ネオから自身の存在を知ったシンに説得される中、正気を取り戻し活動を停止したものの、静観していたフリーダムが視界に入った結果、恐慌状態に陥ったステラは再び暴走。フリーダムだけでなくシンのインパルスもろとも吹き飛ばそうとするが、それを止めようとしたフリーダムの攻撃でデストロイは沈黙、ステラはシンよって回収される。

しかし、度重なる最適化やデストロイでの戦闘の影響で、ステラの身体は限界を迎えてしまい、最期はシンに「好き」と伝え、彼の腕の中で力尽きた。

彼女の遺体は「これ以上彼女を弄ばれたくない」とするシンの願いにより、彼自身の手で雪の降る山中の湖に水葬にされた。


死後

ステラの死によってシンの怒りと憎悪の矛先はフリーダムを駆るキラへと向けられ、2人の対立は決定的となってしまう。

シン、ステラ守るって…


因みに高山瑞穂氏の漫画版では正気を取り戻したが、デストロイのビーム砲のエネルギーカットが出来なくなり、シンに「逃げて!」と叫ぶが、アニメ版同様、止めようとしたフリーダムによってデストロイは破壊され、この時ステラはデストロイの爆発と共に巻き込まれて死亡する。

ちなみに、ステラの死の直後、本国からフリーダムの撃墜が命令され、シンはキラと交戦するに至る。


そして最終話で、アスラン・ザラとの死闘に敗北して昏倒したシンの夢に現れる(HDリマスター版では、戦闘不能になったデスティニーから幽体離脱しそうになったシンの魂を救い上げる描写が追加されている)。夢に現れたステラは自身を守れなかった自責の念に苛まれるシンに対し、笑顔で「 “昨日” をくれた」彼への感謝と「 “明日” があることの幸せ」を伝え、笑顔のまま消えていった。


余談

彼女は本作における悲劇のヒロインでもある存在で、ポジションは『機動戦士Ζガンダム』におけるフォウ・ムラサメ、キャラクター的にはロザミア・バダムに近い。どんなに悲劇的だったかは、ステラ追悼企画によってステラ生存ルートに基づくファンピック(君がくれた奇蹟Feeling of thankfulnessなと)もあるほどだ。


趣味は魚の飼育。

尚、小説版においては “ファントムペインの囲いの中でしか生きられないステラの暗喩” だと説明されていた。


金髪セミショートの外見上の共通点からカガリ・ユラ・アスハとの混同がかなり多く、カガリのイラストなのに【ステラ】タグ付けがほぼ当たり前のようにある。


Gジェネレーションシリーズ

「アディのような結末は、二度と御免だぜ………!」 - デュオ・マックスウェル

「君は、その機体に乗るべきじゃない………!」 - カトル・ラバーバ・ウィナー

「ステラ! ステラは絶対、俺が守るから!」 - シン・アスカ

「貴女になにかあると、シンの奴が悲しむからね!」 - ルナマリア・ホーク

「貴方も………苦しいね………」 - 自身とのミラーマッチ、及び対ルイス・ハレヴィ

「どっちにしろ楽しまないとな!行くぞ!ステラ!」 - スティング・オークレー

「ステラ! 今度はお前を守らせてくれ………!」 - ムウ・ラ・フラガの記憶を取り戻したネオ・ロアノーク

「貴方もまた、無理をしているように感じる………!」 - ソーマ・ピーリス/マリー・パーファシー強化人間たちのテレパシー?)

「不幸な女はアンタだけじゃないのよ!!」 - ネーナ・トリニティ

「あのパイロット!? 乙女じゃないか………!」 - アンドレイ・スミルノフ


~以上、Gジェネクロスレイズでの特殊会話~



初登場は「PORTABLE」。通常版の他、デストロイに登場した際の暴走状態もスカウト可能。

『CROSSRAYS』ではキャラクター同士の掛け合いが増えたのもあり、上記のように様々なキャラとの掛け合いも増えた。


スーパーロボット大戦シリーズ

作品によって生き残ったり既に死亡後だったりとやや扱いはまちまち。だが彼女のファンならば生存する作品をプレイする価値は十分にある。


『Z』においては原作通りフリーダムにデストロイを撃墜されて死亡してしまう……が、条件を満たしていると原作再現ルートではZEUTHに敗れたシンの前にガイアガンダムに乗って、ifルートではアーガマ内でザフトを離れたシンの前に現れて感動の再会を果たす。

ついでに彼女の生存によって、シンの中にあるキラとムウ・ラ・フラガとの確執と因縁が完全に消滅する。


この際、原作では対面しなかったルナマリア・ホークによって少し嫉妬されるが、すぐに友人として仲良くなっている。尚、助かった理由は破嵐万丈がデストロイ撃墜後に救助して、彼にメガノイドの技術を応用した治療を施されてしばらく休養していたらしい。

この作品では生存ルートに繋げる為か、シンがステラを水葬する場面がカットされている。その後Zシリーズの続編『第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇』のEDにてシンの口から生存が語られ、最終作『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇』でもEDのみでありながら再登場し、戦いから解放されて幸せに暮らしている。


『K』では条件を満たしていると、ギルバート・デュランダルに目を着けられて治療を施され、メサイア内に幽閉されていた経緯が判明し、メサイアの爆発の際に救助され自軍に加わる。


『L』においてはデストロイに乗るのは原作通りだが、この作品ではキラがステラの救出に協力してくれる為、なんと無条件で生存する。

パイロットとして使いたいなら条件をクリアする必要があるが、それでも破格の扱いである。


『DD』では『Zガンダム』が参戦しており、尚且つ同じ境遇のフォウがいる為デストロイ戦の際、カミーユとフォウがステラを救出しようとしているシンに気付き「協力したい」と申し出たが、シンは登場からずっと主人公部隊に対して恨みの感情を持っていた為、一旦は突っぱねるが「フォウがステラと同じ境遇である」「そんな同じ境遇の子を見過ごせない」と説得し、シンは協力を了承した。

しかし、キラが暴走をフォウとシンが抑えている間に武装の破壊だけを行い(ゲーム画面でもキラの戦闘演出後にもデストロイのHPはわずかに残っていたので、本当に武装破壊による無力化だけを行っている)、無力化に成功したと思われたその直後、何故か機体が大破し、原作通りステラは死亡したと思われ、原作よりも強い恨みをシンはキラに対して抱くようになった(その後のストーリーで判明したが、その時の戦闘に介入していた第三勢力がキラが攻撃したように見せかけて、デストロイを撃墜した真相が判明しているので、完全に今回のキラは冤罪である)。

しかし、その後のストーリーでアキトとルリが彼女の生存を匂わせる意味深な会話をしていた為、ステラが生きている可能性が出てきた。


『SC2』と『CC』においては残念ながら無条件で死亡してしまう。また、『DESTINY』が終了後参戦の場合は既に死亡済みで名前のみが登場する。


作中では書かれていないが、実際アウルの死によって号泣する一面を持つらしい。


関連イラスト

ステラ最推し

ステラSTELLA

ステラ・ルーシェステラ


関連タグ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

ガイアガンダム デストロイガンダム

ファントムペイン(ガンダム)

シン・アスカ

ネオ・ロアノーク スティング・オークレー アウル・ニーダ

ラッキースケベ 強化人間 悲劇のヒロイン 不思議ちゃん

深海の孤独…キャラクターソング


フレイ・アルスター/ナタル・バジルール:キャラクター的には特に接点はないが中の人が前作で演じた人物。両者ともステラ同様最後は命を散らしてしまっている。


表記揺れ

ステラ


カップリングタグ

シンステ アウステ

シンルナステ:ステラ生存ifの三角関係タグ。


その他作品での扱い






































以下、ネタバレ注意!
















「シンは、私が守る!」


機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

物語の終盤においてガンダムシリーズのお約束に則り幽体として再び登場。

ブラックナイトスコード精神汚染能力からシンの心を守った。

……が、その際に我々のよく知るステラから怪異のような姿となり、黒騎士達にシンの心の闇の深さを刻み込んで恐怖のどん底へと陥れた。


グリフィンダニエルの「こいつの闇は深すぎる」のセリフや、怪異の姿に変わった様子から、劇場版の時点でもシンはステラの死を引きずっているとの見方(劇中ではステラの死から1年程度しか経っていない)や、かつては絶望のどん底まで落ちたシンの心の闇そのものが、ステラを象ったのではないかとする意見も。

一方、シン視点でのステラが怖いものに該当する印象は薄く、何よりステラを戦場に出すのをシンは望んでいない「本物のステラがアコード達からシンを守らんと、ステラなりに精一杯の『怖いもの』になったのではないか?」とする見方もある

ここまでくるともはやオカルトの領域だが、フレイが死後に幽体となってキラに語り掛けた際には言葉が伝わらなかったのに対して、ステラがシンに幽体として語り掛けた際には言葉が伝わっている為「シンには霊感がある(=キラには無い)のでは?」と考えられていたりする(尚、現実で霊感を持つ人達にはそれに開眼する共通項は一応あり、生死の境を彷徨うあるいは家族等の大切な人との死別とされている為、シンが霊感を持っていても然程おかしくなかったりする)。それ以前にアコードの読心能力や精神汚染能力そのものが充分にオカルトチックでもあり、もっと突き詰めればガンダムSEEDの世界観に、オカルト要素が比較的少ないだけでガンダムシリーズ自体オカルト要素が多い。


福田監督によれば、シンのステラ闇堕ち返しの発案は後藤リウさん。原画は平井久司さん。機動戦士ガンダム』でアムロ・レイが生身のドズル・ザビの背後に立ち昇る悪霊のような物を見たシーン(「やらせはせん!~」のシーン)が元ネタとのこと。

関連記事

親記事

エクステンデッド しーどですてぃにーのきょうかにんげん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5173981

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました