ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「世の為、人の為!メガノイドの野望を打ち砕くダイターン3!!この日輪の輝きを恐れぬのなら、かかってこいっ!!」

プロフィール

年齢18歳
身長178cm
体重69kg
CV鈴置洋孝

概要

巨大ロボットダイターン3のパイロットで、通称「噂の破嵐万丈」。


映画『007』の「ジェームズ・ボンド」をモデルにしていて、コミカルな三枚目役からニヒルな二枚目役をこなす好青年、陽気で明るく、どんなピンチの時にでもユーモアと余裕を忘れないナイスガイ、多少キザな所もあるが、それすらも彼の魅力の一つにしてしまう程に人を引き寄せる魅力に溢れた、まさに「太陽」のような人物である。

『快男児』を絵に描いたような好漢であり、外部作品(特にスパロボ)でも「噂の快男児・破嵐万丈」と呼ばれる事が多い。


しかし、兄と母をメガノイドの実験体にした父と、メガノイドを激しく憎んでいる、そのため、メガノイドを滅ぼす為なら仲間の犠牲すらいとわない非情な一面も持っている。


身体能力も高く、メガノイドすらやっつけてしまうぐらいに人間離れしている、それゆえに、正体がメガノイドであるとかないとかな噂がある。


普段はオートマグを使用しており、特殊アタッチメントを合体させることで万能機関銃キャリーガンに変形させる(この辺は前作に出てくるザンボエースのザンボマグナムに似ている)。


スーパーロボット大戦では

スーパーロボット大戦の初期シリーズには原作では無い「破嵐財閥」というオリジナル設定があったが、近年の作品やシリーズではその設定はなくなった。そもそも原作からして万丈が火星脱出の際に大量の金塊を持ちだした事でそれを資産としたので、表向きは財閥なんか有していない謎の資産家にすぎない。(もっとも、αシリーズの場合はメガノイドを一度倒した後に設立した設定にはなっているが)


メガノイド達が壊滅した状態での参戦も多く、大抵がキャラクターとロボットだけのいわゆる「いるだけ参戦(空気参戦)」も珍しくないが、ストーリーでは表に裏に活躍し、生身でも一騎当千の強さ、自軍がピンチの時には「ダイターン・カムヒア!」の掛け声と共に颯爽と登場するなど決して“いるだけ”にはなっていない。


また、若干18歳という年齢であるが、比較的に年齢層が若いキャラクター達が多いので味方部隊では年上になる事も多く、自軍の中心人物となり頼れる兄貴分として皆から慕われ、大人達からも頼りにされている等、抜群の存在感を発揮している。


そして、元祖スパロボ鬱フラグクラッシャーとして、他作品の原作での悲劇や惨劇の多くをクラッシュしてきた、なかでも原作では死亡するキャラクターを救出してくる事が多く、どう考えても無理だと思える状況も「破嵐万丈に不可能はない」で解決できてしまう、ある種の便利キャラクターになっている。


特に、直接的な繋がりはないが無敵繋がりの『無敵超人ザンボット3』の神勝平、『無敵ロボ トライダーG7』の竹尾ワッ太をはじめ、この他の作品でも、お金持ちや会社関係のキャラクター達とは深い繋がりを持っている。

彼等からは兄貴分扱いされ慕われているが、対する万丈も内心では親族一同で支え合って生きている神ファミリーや、父(先代社長)の跡を継いで奮闘するワッ太&竹尾ゼネラルカンパニーの面々を羨んでいるような描写が散見される。


その一方、『ダイターン3』のシナリオが本格的に再現された『COMPACT』(及びリメイク作『IMPACT』)や『第2次α』以降は、「殺さば殺せ!」の一幕に代表される非情な復讐者としての一面がクローズアップされる機会も増えている。

『第2次α』ではそれに加え、父の手でサイボーグとなった司馬宙獅子王凱に対しても不信感を抱く姿すら描かれた(一応、割と早い段階で撤回している)。これも含めて人体強化・機械化には事情を酌みつつも否定的なスタンスを取る事が多い。


彼を代表する口上は「世の為、人の為! 悪の野望を打ち砕くダイターン3! この日輪の輝きを恐れぬのなら、かかってこい!」と汎用性の高い形にアレンジされており、場合によっては「」の部分が敵対する敵キャラクターや敵組織の名前に変わる。


システム的にはスーパーロボット系パイロットで、唯一精神コマンド「魂」を覚えるのが伝統。その他の能力も軒並み高く、特に技量、格闘はトップクラスなのが通例。一人乗りで乗り換えが出来ない事に対する救済かも知れないが、パイロット能力だけを言えば間違いなくトップクラス、そしてダイターン3との強さも相まってボスキラーやエースになれる逸材である。


またスパロボシリーズ古参キャラクターの一人ブライト・ノアとは声優ネタで絡むこともあり、ストーリー中でも互いに信頼してる所も見られる。(機動戦士ガンダムがダイターン3の後番組であることも関係してるのかもしれないが)

ブライト・ノアと同じく、CVの鈴置氏の逝去後も、生前に収録されたセリフがサンプリングされる形で鈴置氏の声がそのまま使用されている(無敵シリーズの合体攻撃は氏の逝去後に実装されているが、ボイス自体は収録済の未使用音声が流用された)。


鈴置洋孝氏の思い

声優の鈴置氏と言えば「機動戦士ガンダム」のブライト・ノアが特に有名であり出世作と言われる事が多いが、実は鈴置氏にとってブライト以上に大きな存在だったのが破嵐万丈である


鈴置氏はダイターン3のDVD-BOXの付録冊子において、万丈のことを「暗さがあって、ニヒルで、二枚目で、カッコ良くて、ジョークも言うキャラクター」と評しており、万丈役のオーディションを受けた際に「これは俺の役だ。誰にも渡せない」と強く意気込んだそうだ。

また、「スパロボ収録時に万丈の決め台詞をソラで発した」、「晩年のインタビューにて万丈を己が分身のように評した」など、鈴置氏の愛着の深さが窺える逸話が遺っている。

レコードデビュー作も「破嵐万丈」をテーマの1つに据えているほど。


もしかしたらスパロボで未だに代役が立てられていない事も、鈴置氏の思い入れの深さへのスタッフの配慮なのかもしれない。


関連イラスト

日輪の輝きを恐れぬのならダイターン3!!


関連タグ

無敵鋼人ダイターン3 ダイターン3

三条レイカ ビューティフル・タチバナ ギャリソン時田 戸田突太

コロス ドン・ザウサー

スーパーロボット大戦 スパロボ補正

神勝平 竹尾ワッ太

クライン・サンドマン ロジャー・スミス 旋風寺舞人

ロム・ストール 鬱クラッシャーズ


復讐鬼:普段の明るさ故に忘れがちだが、メガノイドに対してはまさにこれ。


麗日お茶子週刊少年ジャンプ連載されている堀越耕平による『僕のヒーローアカデミア』に登場するヒロイン。万丈とは明るい性格こそ似ているが、他にも担当声優が「どうしても譲りたくない」というほど思い入れのある役柄である共通点がある。お茶子を演じた佐倉綾音氏は、インタビューなどでお茶子に対する思い入れを語っており、「自分が死んでも、お茶子の代役だけは入れないでほしい」とさえ豪語している。

関連記事

親記事

無敵鋼人ダイターン3 むてきこうじんだいたーんすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209759

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました