ピクシブ百科事典

オートマグ

おーとまぐ

1969年に発表された、マグナム弾を使用する世界初のオートマチックピストル。後に「オートマグ」を冠する銃が複数発表された。
目次[非表示]

オートマグ(AutoMag)は、1969年にアメリカ合衆国で発表され、翌年に発売されたオートマチックピストル。及び、そのコンセプトを受け継いだ銃。

初代オートマグ

1969年発表。
マグナム弾を使用するオートマチックピストルはこれが世界初である。
オリジナルモデルは新設計の.44口径オートマグ弾を使用し、装弾数は7発。ロッキングは自動小銃のようなターンボルト式だった。
素材はステンレス鋼のモデルのみで、スチール製のモデルは設定されなかった。

発表と共に、当時世界最強の拳銃と呼ばれていた S&W M29 を超える銃として注目を集めた。
ところが、実物がシューターの手に行き渡ると信頼性が欠ける点が問題となり商業的には不発に終わった。
あまりにも動作不良を頻発させるために、ついた渾名が「オートジャム」。
これは、当時ステンレス鋼が銃の素材として使用された実績がなかった為に適切な加工ができなかったこと、作動システムそのものの設計が完璧ではなかったこと、専用の.44オートマグ弾が充分に供給できなかったためにシューターが自作した弾を使用した事が要因とされる。

製造メーカーは、本銃の発売から一年で倒産。以後製造権が複数のオーナーに渡ってやり取りされた末、1983年に生産中止。

AMTオートマグ

初代オートマグのコンセプトを継承しつつ、M1911を参考として強力なカートリッジが使えるように設計されたモデル。

  • オートマグⅡ
1987年デビュー。
22口径のマグナムカートリッジ .22WMR (Cal.22 Winchester Magnum Rimfire)を使用するモデル。
前作同様に「信頼性が…」という話も聞かれたが、そこそこの人気作となった。

  • オートマグⅢ
1992年に登場。
M1カービンで使用する .30カービン弾 を使用するモデル。
ライフル銃の中ではほぼ最弱と言ってもいいカートリッジだが、拳銃から撃ち出すには強力すぎる方である。
もちろん、拳銃用の防弾チョッキは貫通してしまうので「ボディアーマーキラー」の渾名がついた。

関連項目

デザートイーグル
ダーティーハリー クリント・イーストウッド

pixivに投稿された作品 pixivで「オートマグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4135

コメント