ピクシブ百科事典

防弾チョッキ

ぼうだんちょっき

防弾チョッキとは、銃弾や砲弾、爆発物などから人体を保護する為の防具である。 兵士の他に特に身の危険に晒される可能性がある者が護身用に着用する。
目次[非表示]

防弾チョッキとは、一般的に防具のうち、チョッキのように胴体に着用し、飛来する銃弾爆発物破片などから人体を保護するものを指す。
似たものに、刃物による攻撃から身を守るための「防刃ベスト」がある。

軍用の他、治安機関、要人の警護護身用、現金輸送にあたる人員の保護などの民間分野でも使用される。
黎明期のものは、専ら手榴弾砲弾の破片などから身を守る程度の性能であったが、材料科学の進歩から拳銃弾の防護が可能になり、小銃弾の防護も出来るようになった。


構造

基本的な構造は軍用、民間用問わず大きく変わる箇所は少ない。
何れも、銃撃に対応するものはセラミックチタン製の板による硬さをもって銃弾のエネルギーを殺す。
爆弾の破片や爆風に対応するものは、強靭な繊維を用いて人体に対するエネルギーを徐々に和らげていく。というプロセスが一般的である。
但し、現代においては全く新しいコンセプトの防弾チョッキの研究が進められているので、これらの基礎的原理が過去のものになる可能性は大いにあり得る。

軍用

戦場での使用を想定して、かなり短いサイクルでの改良が進められる。
外見は一般的に民間用と比べると重厚で、大型の襟やポケット、装備品の取付具などが備わり、個人装備品の中核を担うようになっている点である。
構造も民間用と違って他の軍装との兼ね合いから、重量物を携行しても身体に負担が掛からないよう考慮されている事が一般的である。
また、爆風や砲弾の破片などへの考慮がなされ、状況によって追加防弾材を使用することができる。
軍人以外にも、戦闘地域で活動する報道関係者医療関係者などが必要に応じて着用する。

民間用

民間用の防弾チョッキは、極力他の衣服の着用の妨げとならないようにスマートに作られている。
防弾性能は拳銃弾程度のものから小銃弾に対応するものまで様々である。
銀行員や私服警官などが着用するものは、一見すると普通のベストと外観が良く似ているものもある。
一方で爆風などへの考慮は全く無いものが殆ど。これは、民間向けの殆どが銃による襲撃だけを考えているため。
「どんな銃から」「どの部位を」護るか、耐久性、快適性、外観などの兼ね合いなどで種類は無数にある。

(戦場に行く民間人は色合いが民間用で性能は軍用と云うものを用いることも。無論構造は軍用に準ずる)

材質

ソフトアーマー

防弾チョッキの主格たる構造体である。
主として拳銃弾や、爆発物の破片、爆風などから人体を保護する役割を持つ。
一方で、単体では小銃弾や鋭利な刃物による刺突を防ぐことは出来ない。
黎明期の民間用の防弾チョッキには硬く押し固められた木綿と言った素材が用いられた。
本格的な軍用としてはアメリカ軍のM1951ボディアーマーを革切りに材質の改良が続けられている。現在では、ケブラー、トワロン、スペクトラと言った引き裂き強度が極めて強い素材が用いられる。

プレート(付加防弾材)

主として、拳銃弾や小銃弾から人体を保護する役割を持つ。チキンプレートSAPIなどのモデル独自の名称を持つ。
防弾チョッキにおいてはメインの防弾材としては用いられず、ソフトアーマーに追加される形で用いられる。これは、被弾した際の人体への衝撃を緩和したり、被弾してプレートが割れた際に破片が人体に喰い込まないようにする為である。
材質は高強度の繊維を固めたものや、セラミック、チタン、防弾鋼板などが用いられる。

形状による分類

チョッキタイプ

アメリカ軍M1951ボディアーマーや、その派生型、PASGTインターセプターボディアーマーなどは、胴体前側が開くベスト型のものであった。これに倣った、自衛隊戦闘防弾チョッキ1型2型も同様であった。
これは脱着は楽であったが、胴体前面の防御が脆弱になり、それを補う為に胴体前面を分厚く作る必要があった。
民間用の防弾チョッキでも、例えば銀行員や私服警官などが使用する一般の衣服に似た形のものはこの形式を取ることが多い。

貫頭衣タイプ

防御力を重視し、貫頭衣に似た構造としたもの。
警察向けのポイントブランク社に代表されるボディーアーマーや、アメリカ軍の、レンジャーボディアーマーIOTV以降のモデル、自衛隊の防弾チョッキ3型ソビエト連邦軍およびロシア連邦軍のほぼ全てのモデルが該当する。
構造は、胴体前面と後面の防弾材が肩部で連結され、頭から被るように着用し、脇部のベルトや防弾材で前後を連結して使用するものである。着用の際の利便性を考慮して肩部が脱着できるものもある。
防御力や、長時間着用した際の負担の少なさ、着用者の落水時や装備品が炎上した際に緊急投棄できるようにクイックリリース機能を付ける際の設計のしやすさから、軍用の防弾チョッキではこちらが主流である。

民間用の防弾チョッキには上着の前合わせから見えるデザインが一見してチョッキタイプに見えるものでもこちらの形式となっているものもある。

歴史

黎明期

銃に黒色火薬が用いられていた頃には強靭な天然繊維を織り上げて充分な厚さと強さを持たせれば、拳銃弾であれば受け止めることができた。
20世紀初頭には、を使用した防弾チョッキが開発された。シカゴ教会聖職にあったカシミール・ゼグレンが開発したこの防弾チョッキは繊維としては非常に丈夫な素材である絹を使用したもので、当時の拳銃に対しては充分な性能があった。一方で非常に高価な点が難点であった。
時代がやや下って、アメリカでは綿を押し固めた防弾チョッキが安価で出回るようになった。
これらの防弾チョッキが犯罪者に使用されるようになると、取り締まる警察官の銃の威力不足が問題となり、より強力な銃を装備する必要に迫られることとなった。

第一次世界大戦〜

第一次世界大戦では、歩兵の死傷者のうち砲弾の破片などを受けた物が多数を占めていた。
そこで、小銃の発達によって「無用」とされていた鉄製のを軍用ヘルメットとして復活させた。
無論これらのヘルメットは中世のなどと異なり、(当時としては)最新の人間工学や冶金工学によって実用に堪える性能を実現させていた。
同時に、胴体への受傷を減らす方法に関しても研究が行われた。
一部では、鋼板などを使用した防弾チョッキが少数使用されたが、何しろ鉄の鎧なので行動を大きく阻害し、不快極まりなく、またそれらを全軍に渡って配備する国力がある国もなかった為全面的な普及には至らなかった。

我が国では、九二式防弾具という甲羅のような形状の防弾チョッキが開発され、上海事変などで少数使用されたが、以降全面的に使用される事は無かった。
他にも、警視庁の特別警備隊(後の機動隊)が防弾衣を用いていたという記録が残っている。

1950年代〜

アメリカ軍朝鮮戦争にてM1951ボディアーマーを少数の兵士に試験的に支給した。
これは、ナイロン製の繊維を何層にも重ねたアーマーで銃弾に対しては無力だったが、爆風や砲弾の破片などには有効であった。
M1951は、各部隊の要求に応じて改良が続けられた。
ベトナム戦争においてはその気候から着用を嫌う兵士が続出が続出したが、着用の有無による死傷率の関係は明白だったため、軍は着用を義務付けた。

1980年代〜

アメリカにおいては、1965年にデュポン社が開発した特殊繊維「ケブラー」を用いた防弾チョッキが登場し性能が大幅に向上した。PASGTと呼ばれるこのアーマーは小銃弾の阻止こそなし得なかったが一般的な拳銃弾に対しては効果を発揮するようになった。
日本では、ほぼ同程度の性能のものが1990年代初頭に戦闘防弾チョッキ(Ⅰ型)として自衛隊で採用された。(戦闘防弾チョッキは小銃弾に対応するプレートが装着可能だが、普及しなかった)

一方のソビエト連邦においては、特殊繊維とチタンを組み合わせた防弾チョッキが開発された。1970~1980年頃に掛けて開発された 6B2(6Б2), 6B3(6Б3) は、いずれも特殊繊維製のソフトアーマーの他に布製のベスト内部に細かいポケットを無数に設けて、チタン製の小板を多数挿入するもものであった。構造は魚類の鱗に似て、チタン製の小板が少しずつ重なるようにして胴回りを保護するというものであった。
チタン板は複数種類存在し、約2mm厚のものを挿入すると一般的な拳銃弾が、約7mm厚のもので小銃弾が防護可能である。ただし、厚手の物を挿入すると歩兵用としては重量が著しく重くなるため、使用する場面は限られた。

1990年代〜

冷戦の終結に伴って強度の低い紛争が多発するようになった。
これは即ち、大部隊による大型火砲を用いた攻撃よりも、小規模部隊による襲撃を想定した装備の開発が急務であることを意味した。
アメリカ軍では1991年にはセラミック製のプレートを挿入することで小銃弾への防護を可能としたレンジャーボディアーマーが登場した。しかしながら、「レンジャーボディアーマー」の名前のとおり支給された部隊はごく限定的なものに留まった。

1990年代末には一般部隊向けに、プレートを追加することで小銃弾への防護を可能としたインターセプターボディアーマーが開発された。このモデルは、表面にMOLLEウェビングが縫い付けられ、対応するポーチを装着することでタクティカルベストと兼用することが出来るとされた。
自衛隊では、プレート(付加器材)を追加することでほぼ同程度の性能を有すると思われる防弾チョッキ2型が2000年代初頭に採用された。

2000年代〜

基礎的な防護性能は1990年代のものと比較しても大幅に向上したものは少ない。
しかしながら、より活動しやすく、なおかつ着用者の負担にならないように非常に短いサイクルで改良され続けている。特にアメリカ軍イギリス軍ロシア連邦軍においては、部隊からの要求、兵科、想定する作戦内容や改良の回数などに応じた多種多様なモデルが存在する。

また、落水時や装備品の炎上時、胴体等に受傷し速やかに処置が必要な際に、素早く投棄できるようにクイックリリース機能が付いたものが標準的となった。
同時にIEDや至近距離からの狙撃に対処するために、部や鼠径部などに防弾材を追加できる構造のモデルが多くなった。
日本でもこれらの情勢に対応した防弾チョッキ3型が採用された。

一方で専ら銃撃戦に特化し、防御力よりも機動性を重視したプレートキャリアも開発された。
防弾材の改良も進められ、ロシア連邦軍6B43(6Б43)6B45(6Б45)は専用のプレートと併用することで一般兵が着用できる重量を保ちつつ10mの至近距離から発射された7.62×54R弾を阻止できるものとした。

歩兵向け以外の防弾チョッキ

戦車兵・航空兵向け

戦車兵航空兵向けの防弾チョッキは比較的早期から配備された。
いずれも、歩兵より絶対数が少ないために数を揃えやすく、歩兵と違って長時間の歩行しない為重量は問題とならなかったためである。
第一次世界大戦の頃には、イギリス軍などで戦車兵向けに防弾チョッキが配備された。当時の戦車装甲が充分ではなく、小銃弾には耐えられても対戦車ライフルや火砲による攻撃を受けた場合は、弾丸や車両の破片が車内を跳ね回り乗員を殺傷する事があったため、この対策として装備された。

第二次世界大戦では、連合国軍の大型機の乗員にフラックジャケットが配られた。
これも、敵戦闘機や高射砲から攻撃を受けたときに、飛翔する機体の部品や砲弾の破片から身を守るためのものであった。

エンジンの出力が向上してかつてより強力な装甲が施されるようになった現在でも、戦闘車両や低空を飛行する戦闘ヘリの乗員へ防弾チョッキの支給は続けられている。
これは、装甲が改良されても弱点が完全に無くなったわけではないこと、また充分な装甲が施されていても着弾の衝撃で車内の部品や装甲の破片が剥がれて跳ね回り、乗員を殺傷しうること、ハッチからか身を乗り出したり下車戦闘を行う場面があること、等が理由である。

対銃器犯罪部隊・対テロ部隊向け

警察などの対テロ部隊向けの防弾チョッキは、防護性能を重視する一方で機動性や重量といった性能を軽視しているものが殆どであった。
これは、交戦距離が非常に短く、軍の一般部隊の兵士と違って長時間着用する必要がないためで、一般的な軍用とは求められる性質が異なるからである。

防弾チョッキと受傷

フィクション描写では、当たってもほとんどダメージを受けた様子もなく立ち上がる描写があるが、実際は銃弾等が激突した衝撃や運動エネルギーで骨折内臓へのダメージに至る事が多い。
つまり、たとえ防弾チョッキが完全に銃弾を受け止めていても立ち上がれなくなる(或いは身体機能や生命維持に重篤な影響を与える)ほどのダメージを負うことがあるということ。
再現映像や記録映像、製品のプロモーション等でも撃たれてもすぐ立ち上がって動き回った映像もあるが、興奮やアドレナリン、薬物等により痛みに気づいていなかったというだけで実際には身体へのダメージに至っていることが多い。

防弾チョッキの管理

ケブラーやスペクトラといった特殊繊維を使用する物は、新品、或いは警察などで厳正に管理された個体、(あってはならない事だが)使用可能品の横流し品でない限り本来の性能は期待できない。
特殊繊維製の防弾チョッキは、水濡れや湿気に弱く、紫外線等で劣化する為に使用期限や防弾材の交換期限が定められている。原則として、一度攻撃を受けた防弾材の再使用は不可能である。
現在、民間市場で入手できる防弾チョッキは専ら民間向けに製造された品物か、使用期限が切れた各国軍の放出品、払い下げ品のみであり、軍用の新品であっても消耗品であるソフトアーマー等を取り除いた防護能力の無いものである。
一方で、民間向けのものでも、お粗末なものから軍用品はだしな物まで性能は千差万別。
ただし、多くの国や地域では所持や着用は煩くなくても着用した状態で犯罪を犯すと重罪となる。

関連項目

ボディアーマー プレートキャリア チェストリグ ヘルメット

pixivに投稿された作品 pixivで「防弾チョッキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1695

コメント