ピクシブ百科事典

小銃

しょうじゅう

銃の種類。「小銃」とは大砲に対応する用語である。
目次[非表示]

概要

個人で使用できるの内、拳銃より大きなもの。
一般にライフル銃のように長い銃身と銃床を備えた銃を呼ぶが、散弾銃のような滑腔銃身のものも小銃に含まれ、かなり広い意味を持つ。

また連射(フルオート射撃)できる銃は本来含まず、機関銃短機関銃は含まない。(注)
自動小銃はボルトアクションライフル等と違い、自動で薬莢を排出し、次弾が自動装填される機構(自動排莢・自動装填)を持つ銃を指す。
アサルトライフルは小銃よりも小型の弾薬を使用し、単射だけでなくフルオート連射も可能なものを指し、突撃銃と呼ばれる。

小銃と名の付くものとしては我が国の64式小銃89式小銃、ドイツのG3(Gewehr3、3号小銃)、G36(Gewehr36、36号小銃)等が有名。

(注)これは機関銃が元来個人運用できる火器ではなかった事と、短機関銃がそれを小型化したものであるため。正確には連射機構が判断基準では無いが、このように判断する。
またアサルトライフルだけでなくフルオート機構を備えたバトルライフルも「自動小銃」の範疇に入るが、運用方法などが異なる為に区別される事も多い。

ボルトアクション式小銃

第二次世界大戦時、ボルトアクション式小銃は十分成熟した火器であり、各国は20世紀初頭に制式化された小銃に細かな改良を施しながら主力装備として扱っている。
ドイツ・ソ連・イギリス・イタリア・フランスでは一貫してボルトアクション式が主力である。ドイツとソ連も半自動小銃を開発・配備したが、ソ連のトカレフSVTは欠陥が多く、ドイツのG43は数が揃わなかった。両国とも穴埋めのため大量のSMGを配備した。
前線の兵士に自動小銃を大量に供給し続ける事ができたのは、富める国アメリカのみであった。ただし、太平洋戦争初期(1942年初頭)の戦いではM1ガーランドの配備遅延によりボルトアクション式のスプリングフィールドM1903がアメリカ極東陸軍の主力小銃であった。

主な小銃

プロイセン王国ドイツ


ロシアソビエト


アメリカ


日本


イギリス


イタリア


中華民国


関連タグ

 ライフル

pixivに投稿された作品 pixivで「小銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175413

コメント