ピクシブ百科事典

M1ガーランド

えむわんがーらんど

M1ガーランドとは、アメリカ軍が採用した自動小銃。正式名称「U.S.Rifle Cal.30.M(MODEL)1」。
目次[非表示]

1936年に、アメリカ陸軍が制式採用した自動小銃。正式には「United States Rifle, Caliber .30, M1」
当時の主力小銃であるスプリングフィールドM1903を更新するため、ジョン・C・ガーランドによって設計・開発された。愛称の「M1ガーランド」は彼のファミリーネームから。

概要

当時は一発撃つたびに排莢・装填を行うボルトアクションライフルが主流だった。引き金を引くだけで次々と撃てる半自動・全自動銃は技術的に可能でも、それを大量に配備したり、生産し続けること、弾薬を供給し続けることには膨大なコストがかかり、難しかった。
しかし、豊富な資源と圧倒的な生産能力を持つアメリカはその常識を覆した。

作動方式は、ガス圧作動式で装弾数は8発。弾薬はM1903から使用されていた .30-06スプリングフィールド弾 である。
装填は8発入りの専用のクリップを使用するが、クリップが無いと作動しない。その上クリップは弾を8発入れないと用を為さなかった。
かなり使い辛い設計に思えるが、これはクリップは使い捨てる事を前提に設計されていたためとされる。

実戦配備

制式採用後も不況のため大量生産のための予算が下りず、配備は遅々として進まなかった。
1940年、国際情勢の緊迫によりアメリカ合衆国は徴兵制度を実施。陸軍兵力はそれまでの10倍近い170万人にも膨れ上がっていたが、M1ガーランドの生産数は10万挺に満たなかった。
1941年12月7日、日本海軍真珠湾を奇襲して太平洋戦争が勃発。これでやっと、M1ガーランドが量産に入る事が決定した。
アメリカ軍は1942年までにM1ガーランドを全戦闘部隊に配備し、第二次世界大戦の戦場で枢軸国軍を圧倒、アメリカを勝利へ導いた。
この功績から、ダグラス・マッカーサーやジョージ・パットンなどから最大限の賛辞を受けている。

最終的な生産数は凡そ625万挺である。

大戦中は米軍以外の連合国軍に供与されたほか、大戦後には中華民国大韓民国日本ベトナム共和国といった友好国に供与された。

日本では警察予備隊に供与された。その後、保安隊を経て自衛隊成立後、64式小銃にバトンタッチして一線を退いた。
現在では、少数が儀仗用に使用されており、式典で見ることができる。

仕様

全長1100mm
銃身長609mm
重量4310g
弾薬.30-06スプリングフィールド弾(7.62×63mm)
装弾数8発

長所
●部品の規格が統一されていた。
●頑丈。
●連射性能と命中精度に優れ、敵軍を圧倒した。
●8発の弾を装填したクリップで即座に再装填できる。

短所
●大きく、重い。
●8発撃ち尽くさないと(戦闘中では)再装填が難しい。
●クリップを失くすと弾があっても使用できない。
●弾を撃ち尽くしクリップを排出した時に金属音が大きく鳴り敵に弾切れと知られる。
※クリップの排出音に関しては「機関銃や砲撃等様々な轟音が響く戦場で聞き分けられるのか」といった指摘も見受けられる。

派生型

  • タンカー(Tanker)・・・全長を切り詰めてカービンモデル。「タンカー」は油槽船ではなく戦車兵に由来する。(綴りは同一)
  • M1C/M1D・・・改修を施してスコープを取り付けて狙撃銃としたもの。
  • 四式自動小銃・・・大日本帝国が製造したガーランドのコピー。纏まった数が揃う前に終戦に。


第二次世界大戦後も運用され、改良派生型M14BM59が誕生した。


関連イラスト

「パキィン!」
サバイバル



関連タグ

小銃 アメリカ軍 スプリングフィールドM1903 M14 M1カービン M1ガーランド(少女前線)

pixivに投稿された作品 pixivで「M1ガーランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259010

コメント