ピクシブ百科事典

ボルトアクション

ぼるとあくしょん

後装銃の作動方式の一つ。
目次[非表示]

の作動方式の一つ。すべての操作を手動で行う後装銃。
主に小銃で使用される作動方式である。

概要

ボルトアクション式と同じく全ての操作を手動で行う連発銃にレバーアクション式やポンプアクション式があるが、これらの銃と比べると構造が簡単で、故障が少なく、高い命中精度が出しやすい、といった特徴が備わった優秀な銃である。
原型の登場から既に200年弱と歴史は長く、猟銃や競技用としては完成の域であると言える。
欠点はすべての操作を手で行うために速射性能は低く、連射のきく自動小銃などと比べて不利という点。
このため、戦闘用途では自動小銃(この場合、主にアサルトライフル)の登場とともに主力の座から降ろされたものの、狙撃用や民間の狩猟用やスポーツ分野における射撃競技用といった特殊な用途ではまだまだ現役である。
とりわけ、狙撃は「一撃必中(ワンショット・ワンキル)」が大前提である以上、威力や連射性能よりも一発の命中精度に重点が置かれるため、連射出来ない代わりに精度の高い射撃が可能なボルトアクション式の狙撃銃は現在でも多くの軍や警察でいまだ現役であり、ガス圧作動方式のオートマチック狙撃銃も多数リリースされている中であえてボルトアクションにこだわるベテランスナイパーも少なくない。
また、ボルトアクション式のライフルは弾丸の装薬を増減させても動作に支障をきたすことが無いというメリットもあり(装薬のガス圧で動作する自動小銃でコレをやると装填不良を引き起こしかねない)、装薬量を調節した弱装弾や強装弾も問題無く使用できるという強みがあり、この点も現在までの地位継続に一役買っているといえる。

民間用ではライフル銃の他にボルトアクション式の散弾銃もある。
自動式と違ってとにかく丈夫で回転不良と無縁であるため、村田銃の頃から現在でも根強い人気がある。

ピストルでも、競技用や特殊作戦用など必要に応じて使用される。

操作・構造

操作は簡単で、ボルトハンドルを起こして後ろに引き、引ききったところで前に戻して、ボルトハンドルを倒す。
ボルトハンドルを倒した状態で射撃する。これを一発ずつ繰り返す。
ボルトハンドルを起こすとロッキングが解除され、ボルトハンドルを後ろに引くと撃ち殻の薬莢を排出、前に戻すときに新しい弾を薬室へ送り込み、ボルトハンドルを倒すと薬室とボルトが完全にロックされて射撃ができる。
ボルトハンドルを最後まで引ききらずに前進させてしまうと排莢と撃発の準備がされていても装填がされていないという事態を引き起こし、空撃ちとなってしまうことがある。

ストレートプルアクション

ボルトハンドルを「起こす」「引く」「押す」「倒す」の4動作が必要となる既存のアクションを改良した、ストレートプルアクションと呼ばれるものも登場した。
これは、ボルトハンドルを起こす必要が無く、ハンドルを操作して引ききり、前に戻す2動作で射撃が可能となり、オートマチックに迫る速射も可能となる。
1800年代末にはこのアイデアは生まれていたものの、軍用のみならず民間用としても長らく完成形となることは無かった。
1993年に発表された「ブレーザーR93」はストレートプルアクションでも出色の出来と表される。
今のところ、軍用に供される事は無さそうだが、狩猟や射撃精度と速射性の両立が求められるバイアスロン競技で使用されている。

撃発機構や、安全装置、弾倉の構造(銃への弾薬の装填)などはモデル毎に大きく違いがあるので言及はしない。

誕生の経緯

前装式から後装式へ

装薬銃は火薬爆発する力を利用して弾丸を発射するが、この時に発生する強烈なガスが、銃身より後方、つまり射手の方に漏れることは一切あってはならない。言うまでもなく爆発のエネルギーで射手が大怪我を負うからである。
火縄銃のように弾を前から込める銃の場合は、銃身の後側は(発射薬に点火する火皿を除いて)完全に塞がれていたため、問題となることはなかった。
ところが、射撃速度を上げる場合には自ずと限界が生じるようになった。
つまり、前から弾丸と火薬を入れる銃は確実に点火する為に、火薬と弾丸を入れたあとに点火装置がある銃身の底まで槊杖と呼ばれる長い棒で押し込んで突き固める必要がある。
即ち前装銃の装填操作は次の射撃まで長い時間無防備な状態を晒すことであり、この間に騎兵などに突撃されると兵士は銃剣で抵抗する他成す術がなかった。

射撃速度を上げるためには弾を後ろから込める後装式にすれば解決する。そのキモとなるのが、銃身後ろを塞ぐ閉鎖機構、つまり銃身の後ろ側のフタをどう作るかである。
この"フタ"の部分は閉鎖が確実に為され、丈夫で、最低限の操作で開閉が出来なければならない。
大砲の場合はは15世紀には後装式の実用的なものが出来上がっていた様子だが、小銃のサイズで実用化が為されるには19世紀になるまで待つ必要があった。

ドライゼ銃

1836年、プロイセン王国銃工 ヨハン・ニコラウス・フォン・ドライゼは画期的な銃を完成させた。
従来の銃身の前から弾を込める前装式の銃と違い、銃身の後ろから弾を込める後装式の銃である。
紙製の薬莢を使用する為に弾丸と火薬を一緒に込めることができ、発射薬の点火、つまり発砲には火縄や火打石が不要であった。
この銃は、装填から射撃に至るまでの操作が従来の前装式の小銃と比べて圧倒的に短くなり、従来の前装式の銃に対して圧倒的に有利な銃であった。

閉鎖機構の問題は銃身の後ろに"Г型"の溝(※)を掘った筒を繋げて、そこにピッタリと嵌まる突起がついた棒状の部品="ボルト(遊底)"を使う事で解決した。(※)厳密には違う形である。
つまり、普段は前後に動くボルトを、銃身の後ろ側が隙間なく塞がるまで前に押し込んで、右向きに回した状態で前後に動かないように噛み合う構造にすれば、後ろから弾を込めて素早く安全に閉鎖できる。
これで、銃身の後ろ側は完全に塞ぐことができたが、今度はその中の火薬に火をつける方法が問題となった。
結局、衝撃を与えると発火する性質の火薬を薬莢の中に仕込んで、引き金を引くと薬莢に針を突き刺して発火させるようにした。

これが、現在でも使われるボルトアクション式の銃の元祖である。

ドライゼ銃は1841年にプロイセン王国に正式採用されてヨーロッパの戦場を席巻し、銃…とりわけ歩兵銃の形態に革命を起こした。
その結果、今までの主流だった前装式は旧式銃として駆逐され、同時に各国がドライゼ銃に続くボルトアクション式の銃の開発に着手することとなり、様々な国で様々なボルトアクション式の銃が開発・製造されていった。

その後、ボルトアクション式の小銃は100年近く主力の座にあったが、第二次世界大戦後は歩兵銃の主力から外れて、代わりに連射性能の高い自動小銃が主力となった。
一方で、前述の通り使い方次第ではまだまだ現役のシステムであり、とりわけ狙撃用の銃としては当分消えることはまずないだろう。

小銃以外では…

  • 散弾銃

狩猟用の散弾銃は、弾の種類を選ばず回転不良が無いためシェアは低いものの根強い人気がある。
散弾銃の弾はかなり種類が多く、自動式で射撃する場合は弾の種類によって回転不良が起こるため調節が必要となるが、ボルトアクション式の場合はこれらが不要である。
特に散弾銃向けのスラッグ弾(鉛製の一発弾)を使う場合、ライフル銃ほどでは無いが近距離でよく当たるので、ライフル銃の所持資格が無い者や射程よりも単発での威力を重視するハンターに愛用されている。(裏を返せばそれ以外では、他のタイプのほうが有利なのでニッチな銃とも言える)
日本では、明治時代から昭和の中頃に掛けて軍払い下げの村田銃を滑腔銃身の散弾銃に改造したり、或いは村田銃をコピーした猟用の散弾銃が使用された。
現在でも、国内ではミロク、海外でも数社がボルトアクション式の散弾銃を製造している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ボルトアクション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8035

コメント