ピクシブ百科事典

NTW-20

えぬてぃーだぶるとぅえんてぃ

南アフリカ共和国のアエロテクCSIR社が開発したボルトアクション対物ライフル。デネル・エアロスペース・システムズ社が輸出を行っている。

概要

見晴らしのよい平原の多いアフリカでは、既存の長射程火器以上の射程を持つものが求められており、既存の製品の改良型だけでなく新規製品を含む様々なものが開発され、NTWはその中の一つとなっている。
機関砲用の20mmx82弾や20mmx110弾、14.5mmx114弾を使用する。
射程距離は20mmx82弾が1,500m、14.5mmx114弾が2,300mとなっている。
一方で命中精度はそれほど高くはなく、長距離狙撃銃としては適さないが、そもそも機関砲弾を使用する時点で対人用ではなく、高くはないとはいえ車両等を撃つには十分な性能を持っている。
使用する弾薬は元々は銃で扱う弾ではない為にすさまじい衝撃を緩衝する必要があり、機関部が反動で後退する機構となっており、スプリングだけでなく二重の油圧サスペンションにより反動を軽減する。
3発装填可能なボックスマガジンを使用する事が出来るが20mmx110弾を使用可能なモデルはボックスマガジンを使わず、薬室の1発のみとなっている。
珍しい機構としては、薬莢底部のリム差し込むことで工具代わりにバレルナットを回す事を可能としており、専用工具を持つことなく現地での組み立て・分解を可能とし、大型の銃でありながらも二人での運搬を容易にしている。

機関砲と同じ弾を使うので徹甲弾だけでなく焼夷榴弾や焼夷徹甲弾といった弾薬が使用可能であり、対人だけでなくソフトスキンの車両にも有効打を与える事が可能となっている。
後に開発された同社のNeopup P.A.W-20 20mmグレネードランチャーの20mmx42弾の発射も可能。

NTW-20NTW-20/14.5NTW-20x110
全長1,795mm2,015mm1,795mm
重量26kg26kg26kg
装弾数3+13+11


関連タグ

対物ライフル 機関砲

pixivに投稿された作品 pixivで「NTW-20」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1017942

コメント