ピクシブ百科事典

KSVK

けーえすぶいけー

ロシアで開発された対物狙撃銃。

KSVK(КСВК)ロシアで開発された、ボルトアクション式の大口径対物ライフル
設計・製造は、AEK-971などを手掛けたデグチャレフ。

概要

DshK重機関銃などと同規格の12.7×108mm弾を使用する大型の対物ライフル銃。
2000年頃に開発が完了したとされる。
有効射程は1500mほど。

トリガーより機関部が後ろ側にあるブルパップ式で、弾倉の装弾数は5発。

pixivに投稿された作品 pixivで「KSVK」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 579

コメント