ピクシブ百科事典

デグチャレフPTRD1941

でぐちゃれふぴーてぃーあーるえすでぃいちきゅうよんいち

蘇芳の銃…もとい、ソ連製のアンチマテリアルライフル(のご先祖様)。口径は14.5mm、重量は15.7kgである。全長なんと2mオーバーの大物。
目次[非表示]

概要

現実世界では第二次世界大戦時にソ連が使用した兵器として有名。
1941年頃にソ連で制作されたが、この銃の出生に関しては分からない事が多く、制作した人間も制作年も定かではない。wikipediaなどでは、その名の通りかつてPPD-34/38短機関銃等を開発したヴァシーリー・デグチャレフの作とされている。

対戦車ライフルとして生まれた本銃は第二次世界の独ソ戦で大々的に使用され、また構造が簡便だったため大量に生産された。しかしドイツ軍戦車が装甲を強化した事で正面撃破はほぼ不可能になってしまった(装甲を抜くことができなくなっただけで戦車の戦闘力を奪うという役目は十分に果たすことが出来た)。

特殊な機構としてロングリコイルによる自動排莢がある。
これは射撃時の反動を利用して銃身が後退、その際にストックにあるプレートにボルトレバーがぶつかる事で跳ね上がってボルトのロックが外れ、銃身が元の位置に戻る際に(ボルトは下がったままなので)排莢される、というシステムである。
これによりボルトアクションライフルながらセミオートに迫る連射速度を有している……と言われているが、実際はバイポッドが銃身に直付けの為にこれを使った伏射ではロングリコイルが作動しない。土嚢などに銃身を預ける形での射撃など、銃身がフリーの状態でならば「それなりに作動する」というシロモノである。
しかしながら戦場で兵士が銃に求める性能、即ち「確実に射撃できる」「手荒に扱っても故障しない」は十分以上に持っていたので実際にロングリコイルが作動しないことが問題になったと言う話は聞かない(普通に手動で排莢すればいいだけだしね…)。

対戦車ライフルとしては(というよりカテゴリ自体が)短命に終わったが、その威力に目をつけた現場の判断で事実上の対物ライフルに転用された。戦後もそちらの分野で第二の銃生を送ることにになり、対物ライフルというカテゴリの形成に一役買った。本銃の弾薬は21世紀の現在今でも生産が続けられ、子孫たちへと受け継がれている。

性能

銃身長1,350mm
使用弾薬14.5x114mm(M2重機関銃の弾の倍の威力)
装弾数1発
作動方式ボルトアクション式単発(排莢のみ自動)
全長2,020mm
重量15.75kg(弾薬込で17㎏)
銃口初速1,012 m/s (3,319.3 ft/s)
有効射程400m(公称。実戦では800m?)


活躍

史実では 

上記の通り早くも対戦車兵器としての役割を失ったかに見えた本銃だが、それでも威力自体は飛び抜けたものがあり、防弾ガラスと3㎝の装甲板を貫通する事が出来た。
赤軍は対戦車ライフルによるドイツ軍戦車の正面撃破を諦め、弱点部位を狙うよう指導したマニュアルを作った。バイザー(防弾ガラスのはまった覗き窓)やペリスコープ、履帯、起動輪の歯、それに砲身、砲塔から体を出した者(たいてい戦車長)を狙撃した。
これらの攻撃は多数のドイツ軍戦車を行動不能や戦闘継続不能に陥れた。特に主砲の砲身を攻撃された戦車は、砲身内が数ミリ凹んだことで発砲不能になったとか。また現代の対物狙撃銃でよく使われる12.7mm弾に倍する威力で、それが人間に命中した場合、どうなるかは……お察しください。
そして本銃はその威力と精密射撃が出来る事を買われ、ドイツ軍への嫌がらせにも使用された。夜間にドイツ軍陣地を撃ち睡眠を妨害。スープの入った鍋あるいは釜を狙撃し食事を台無しにする。トイレを狙撃する。サウナを狙撃する。もう卑怯もへったくれもなく撃ったとか……。(トイレでは死にたくないなあ)
1944年いっぱいで生産終了となるまでに28万丁以上が生産され、朝鮮戦争でも対物ライフルとして使用され、その後の紛争や戦争でも現役で使用され続けている。
簡単な構造、確かな威力、壊れにくいという三拍子そろったソ連らしい兵器として名を残した。ただし重いので行軍時には二人で運搬され、それ程重いにも関わらず反動も強烈なため、現実ではそれなりに体格が良くないと扱える火器ではない。

創作における活躍

CV花澤香菜の女の子が使用。まさにロマン。アニメ・ゲームではこの手の大型銃火器は正しい使い方をされることが少ないが、本作では正しい撃ち方の模写があった。・・・気もするが、かわいいは正義の界隈だから仕方ないかもしれない。ペンダントから生えてくるし。%%その銃は伏せ撃ちだったはずだ!!%%

主人公と共闘したライバルチーム・SHINCのスナイパーが使用。仮想空間内での戦いのため、その気になれば一人でミニガンを持ち歩くことも可能だが、パラメータ不足により比較的現実に則した使用をしている。・・・あるものを銃座兼無敵の盾にしたこと以外は。もちろん現実ではありえないが、ゲームの中ゆえの仕様です。
作中では盾を構えてM107A1と大口径ライフル同士の壮絶な撃ち合いを繰り広げる。ゲーム内の話とは言え。WW2時代の対戦車ライフルが宇宙戦艦の装甲材に撃ち勝つという快挙を成し遂げた(流石に貫通は出来なかったが、着弾の衝撃でジョイント部分を破壊する形で勝利した)。
対物ライフル自体がそれまで日本サーバーでは10丁程度しかなかったというウルトラレアアイテム扱いでありかなりの優遇を受けている。ライトノベルらしい言い方をすれば史実ナメんなSF!といったところか。


なお、よく間違われているが『ルパン三世 カリオストロの城』で次元大介が使用している銃は シモノフPTRS1941である。 

関連イラスト

蘇芳・パヴリチェンコ

←最古の本銃が描かれたイラスト

蘇芳




関連タグ

対戦車ライフル 対物ライフル
DTB 蘇芳・パブリチェンコ 蘇芳・パヴリチェンコ
ガンゲイル・オンライン

pixivに投稿された作品 pixivで「デグチャレフPTRD1941」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145523

コメント