ピクシブ百科事典

シモノフPTRS1941

しものふぴーてぃーあーるえすいちきゅうよんいち

旧ソ連軍が採用していた対戦車ライフル。
目次[非表示]

性能

種別セミオートマチックライフル
口径14.5mm
銃身長1219mm
使用弾薬14.5x114mm(100m離れた3cmの装甲を貫通可能)
装弾数5発
全長2140mm
重量20800g
銃口初速1,012m/秒 (3,319 ft/s)
有効射程400m(公称であり実戦では800m?)


概要

フェドロフ大尉に見出され設計技師となったセルゲイ・ガブリロビッチ・シモノフが設計し、1941年8月29日、ソ連の労農赤軍に制式採用された5発クリップ式ガス圧利用半自動対戦車ライフル。
本銃の特徴はその威力と、オートマチックで連射がある程度きくという点にある。
複雑な機構による生産工程の増大と初期不良を見越し、同じ弾薬を使用する単発式のデグチャレフPTRD1941も並行して生産・供給され、PTRS1941の生産体制が整い前線に行き渡るようになったのは1943年のことであった。
独ソ戦初期のドイツ軍主力戦車であるIII号戦車IV号戦車の側面をぎりぎり貫通する威力があったものの、実戦では専らキャタピラや覗き窓、戦車の主砲、戦車から身を乗り出した者などを狙撃し、ドイツ軍戦車を閣座させ、その戦闘力を奪った。
また陣地や軽装甲車両(トラック等)の攻撃、嫌がらせなどにも使用された。嫌がらせの中にはトイレを狙撃し、トイレを使用不能にするというものもあった。
ドイツ軍の新型戦車相手には威力不足となり、1943年以降生産は縮小されたものの、デグチャレフPTRD1941と共に大量に生産され、第二次世界大戦を通して生産と使用がなされた。第二次大戦後も朝鮮戦争にて対物ライフルとして使用され活躍した。

日本での知名度

アニメ『ルパン三世』に登場する次元大介が「カリオストロの城」にて、マグナムの効かないボディアーマーを着込んだ敵兵に対して、射撃した事で有名になった。ちなみに次元は「魔法のランプは悪夢の予感」でも敵兵士から本銃を鹵獲して使用している。

名前と形は似ているが、某アニメロリ娘が振り回している物とは別の銃である。
 

関連イラスト

貼り絵?ルパン三世・改



関連タグ

次元大介 カリオストロの城 対戦車ライフル 対物ライフル

pixivに投稿された作品 pixivで「シモノフPTRS1941」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27385

コメント