ピクシブ百科事典

III号戦車

さんごうせんしゃ

ドイツ軍が第二次世界大戦中に運用した戦車の一つ。ドイツ軍初の本格的な戦闘を想定して開発された戦車である。
目次[非表示]

概要

再軍備を進めるドイツ軍が、きたるべき戦車戦術を担う主力戦車として開発した戦車である。貫通力に優れた3.7cm戦車砲を搭載するが、同砲は榴弾火力に乏しく、その欠点を補完する形で短砲身の7.5cm榴弾砲を装備したIV号戦車とともに運用された。

I号戦車II号戦車を用いた戦術研究や、スペイン内戦での戦訓から現代戦車の基礎を形作る様々な新機軸と先進技術が用いられた。代表的なものとしては3人乗り砲塔が挙げられる。当時は1人か2人乗りの小型砲塔が主流であったが、車長、砲手、装填手をそれぞれ一人づつに任せることで砲撃の精度と速度が向上し、戦車長も指揮と周囲警戒に専念できるようになった。他にも全車に送受信可能な無線機を装備して各車の連携を確保、高速発揮のためにサスペンショントーションバー式を採用するなどし、機動戦において非常に有利となった。
しかし、その開発には予想外に時間がかったためにポーランド侵攻には間に合わず、フランス戦にも十分な数を投入できなかった。また、3.7cm砲の威力では英仏の重戦車との戦闘には不十分であり、ハインツ・グデーリアンはじめ5cm砲を装備すべきとの意見も多かった。しかし5cm砲の開発完了を待つ時間的余裕はなく、初期型は3.7cm砲で妥協され、将来的に5cm砲を搭載できるだけのターレット径が確保されるに留まった。実際3.7cm砲は英仏の重戦車の前にほぼ無力であり、5cm砲の開発完了とともに5cm砲搭載型が開発されたが、それでも重戦車に対抗するためには不十分であった。さらには防御力も不十分であり、敵の対戦車砲に容易に撃破されるなどの問題を指摘されていた。

独ソ戦が開始されると、ソ連軍T-34KV-1に対しては全く無力であることが判明、北アフリカ戦線においても同様に対戦車戦闘能力の欠乏が指摘されていたが、増加装甲や長砲身化等の改良も既に限界に達していた。特に攻撃力の増強にはさらに大口径の7.5cm砲への換装が必要とされたが、III号戦車のターレット径では5cm砲の搭載が限界であった。
一方、IV号戦車は当初より短砲身ながら7.5cm砲を搭載しており、これを長砲身化することで更なる攻撃力の増強が可能であったため、III号戦車は主力戦車の座を譲ることとなった。
その後も機動力に優れたIII号戦車の車台は様々な自走砲のベースとして使用された。その中でもIII号突撃砲は各戦線で重宝され、終戦まで生産され続けた。

III号戦車は構想も設計も優れた中戦車で、後の戦車開発技術に与えた影響は大きかった。一方で、生産と改良が実戦で要求された水準につねに及ばなかったことから、主力戦車としては短命であった。

登場作品

終末のイゼッタ:エイルシュタットの敵であるゲルマニアの主力戦車。IV号戦車と共に運用されている。

関連イラスト

Pz.Kpfw III
アフリカ戦場の玉子焼きランチ



関連タグ

戦車 突撃砲
35(t)戦車 38(t)戦車 I号戦車 II号戦車 IV号戦車 パンター ティーガー
ドイツ軍 ドイツ陸軍 ドイツ国防軍

pixivに投稿された作品 pixivで「III号戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33135

コメント