ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

III号戦車

2

さんごうせんしゃ

ドイツ軍が第二次世界大戦中に運用した戦車の一つ。ドイツ軍初の本格的な戦闘を想定して開発された戦車である。

概要

再軍備を進めるドイツ軍が、きたるべき戦車戦術を担う主力戦車として開発した戦車である。貫通力に優れた3.7cm戦車砲を搭載するが、同砲は榴弾火力に乏しく、その欠点を補完する形で短砲身の7.5cm榴弾砲を装備したIV号戦車とともに運用された。


I号戦車II号戦車を用いた戦術研究や、スペイン内戦での戦訓から現代戦車の基礎を形作る様々な新機軸と先進技術が採り入れられた。

代表的なものとしては3人乗り砲塔が挙げられる。当時は1人か2人乗りの小型砲塔が主流であったが、車長、砲手、装填手をそれぞれ一人づつに任せることで砲撃の精度と速度が向上し、戦車長も指揮と周囲警戒に専念できるようになった。

他にも全車に送受信可能な無線機を装備して各車の連携を確保、高速発揮のためにサスペンションは当時の最新技術であったトーションバー式サスペンションを採用するなどし、機動戦において有利となった。

しかし、その開発には予想外に時間がかったためにポーランド侵攻には間に合わず、フランス戦にも十分な数を投入できなかった。また、3.7cm砲の威力では英仏の重戦車との戦闘には不十分であり、ハインツ・グデーリアンはじめ5cm砲を装備すべきとの意見も多かった。しかし5cm砲の開発完了を待つ時間的余裕はなく、初期型は3.7cm砲で妥協し、将来的に5cm砲を搭載できるだけのターレット径を確保するに留まった。

実際3.7cm砲は英仏の重戦車の前にほぼ無力であり、5cm砲の開発完了とともに5cm砲搭載型が開発されたが、それでも重戦車に対抗するためには不十分であった。さらには防御力も不十分であり、敵の対戦車砲に容易に撃破されるなどの問題を指摘されていた。


独ソ戦が始まると、ソ連軍T-34KV-1に対しては全く無力であることが判明、北アフリカ戦線においても同様に対戦車戦闘能力の欠乏が指摘されていたが、増加装甲や長砲身化等の改良も既に限界に達していた。特に攻撃力の増強には長砲身7.5cm砲への換装が必要だったが、III号戦車のターレット径では5cm砲が限界であった。

一方、IV号戦車は当初より短砲身ながら7.5cm砲を搭載するためにターレット径が大きく作られており、7.5cm砲を長砲身化することで更なる攻撃力の増強が可能であったため、III号戦車は主力戦車の座を譲ることとなった。

その後も機動力に優れたIII号戦車の車台は様々な自走砲のベースに供された。その中でもIII号突撃砲は各戦線で重宝され、終戦まで生産され続けた。


III号戦車は構想も設計も優れた中戦車で、後の戦車開発技術に与えた影響は大きかった。一方で、生産と改良が実戦で要求された水準につねに及ばなかったことから、主力戦車としては短命であった。


登場作品

初代PS「コンバットチョロQ」とPS2「新コンバットチョロQ」に登場。

「コンバットチョロQ」にはJ型とN型が登場。J型は作戦8「血風!死神の氷河」、N型は作戦7「鷲よ舞い上がれ!」から登場する。どちらも序盤の敵タンクとして平均的な性能。N型はシリーズに登場するIII/IV号戦車としては唯一シュルツェンを装備したグラフィックになっている。

「新コンバットチョロQ」ではE型、G型、J型と指揮戦車K型が登場。いずれもQシュタイン軍の警備兵として主に序盤に登場する。

E型のみ初期選択可能。E型は「荒野にかかる橋」、G型とJ型は「ハスカラザ解放」クリアで使用可能となる。指揮戦車K型はバトルアリーナ「フォレスト」で対戦し、勝利すると使用可能となる。

全タイプが車体機関銃タイプ「B」カテゴリーの武装を、K型以外は同軸機関銃タイプ「T」カテゴリーの武装も装備できる。

エイルシュタットの敵であるゲルマニアの主力戦車。IV号戦車と共に運用されている。

J型が黒森峰女学園の戦車として、モブキャラの通称アヒャ子が搭乗する形で登場。偵察兼超重戦車マウスの護衛というポジションだが、登場後すぐに撃破されている。

回想シーンでは赤星小梅の搭乗車としても登場した。

最終章では同じく黒森峰女学園の戦車として予想外の活躍を見せる。

ドイツ軍の戦車として登場。

撮影に使用されたのはPz61の改造車。同一車両が『エニグマ奪還』にも登場している。

ドイツ軍の戦車として登場。

『スターリングラード』で使用された車両をさらに改造し砲身を短縮、シュルツェンを装着している。

序盤のネフェドヴォ村の戦闘で登場。主にJ後期型が登場し、主人公の駆るT-34/76と激闘を繰り広げる。


関連イラスト


関連タグ

戦車/突撃砲

35(t)戦車/38(t)戦車/I号戦車/II号戦車 IV号戦車/パンター/ティーガー

ドイツ軍/ドイツ陸軍/ドイツ国防軍

概要

再軍備を進めるドイツ軍が、きたるべき戦車戦術を担う主力戦車として開発した戦車である。貫通力に優れた3.7cm戦車砲を搭載するが、同砲は榴弾火力に乏しく、その欠点を補完する形で短砲身の7.5cm榴弾砲を装備したIV号戦車とともに運用された。


I号戦車II号戦車を用いた戦術研究や、スペイン内戦での戦訓から現代戦車の基礎を形作る様々な新機軸と先進技術が採り入れられた。

代表的なものとしては3人乗り砲塔が挙げられる。当時は1人か2人乗りの小型砲塔が主流であったが、車長、砲手、装填手をそれぞれ一人づつに任せることで砲撃の精度と速度が向上し、戦車長も指揮と周囲警戒に専念できるようになった。

他にも全車に送受信可能な無線機を装備して各車の連携を確保、高速発揮のためにサスペンションは当時の最新技術であったトーションバー式サスペンションを採用するなどし、機動戦において有利となった。

しかし、その開発には予想外に時間がかったためにポーランド侵攻には間に合わず、フランス戦にも十分な数を投入できなかった。また、3.7cm砲の威力では英仏の重戦車との戦闘には不十分であり、ハインツ・グデーリアンはじめ5cm砲を装備すべきとの意見も多かった。しかし5cm砲の開発完了を待つ時間的余裕はなく、初期型は3.7cm砲で妥協し、将来的に5cm砲を搭載できるだけのターレット径を確保するに留まった。

実際3.7cm砲は英仏の重戦車の前にほぼ無力であり、5cm砲の開発完了とともに5cm砲搭載型が開発されたが、それでも重戦車に対抗するためには不十分であった。さらには防御力も不十分であり、敵の対戦車砲に容易に撃破されるなどの問題を指摘されていた。


独ソ戦が始まると、ソ連軍T-34KV-1に対しては全く無力であることが判明、北アフリカ戦線においても同様に対戦車戦闘能力の欠乏が指摘されていたが、増加装甲や長砲身化等の改良も既に限界に達していた。特に攻撃力の増強には長砲身7.5cm砲への換装が必要だったが、III号戦車のターレット径では5cm砲が限界であった。

一方、IV号戦車は当初より短砲身ながら7.5cm砲を搭載するためにターレット径が大きく作られており、7.5cm砲を長砲身化することで更なる攻撃力の増強が可能であったため、III号戦車は主力戦車の座を譲ることとなった。

その後も機動力に優れたIII号戦車の車台は様々な自走砲のベースに供された。その中でもIII号突撃砲は各戦線で重宝され、終戦まで生産され続けた。


III号戦車は構想も設計も優れた中戦車で、後の戦車開発技術に与えた影響は大きかった。一方で、生産と改良が実戦で要求された水準につねに及ばなかったことから、主力戦車としては短命であった。


登場作品

初代PS「コンバットチョロQ」とPS2「新コンバットチョロQ」に登場。

「コンバットチョロQ」にはJ型とN型が登場。J型は作戦8「血風!死神の氷河」、N型は作戦7「鷲よ舞い上がれ!」から登場する。どちらも序盤の敵タンクとして平均的な性能。N型はシリーズに登場するIII/IV号戦車としては唯一シュルツェンを装備したグラフィックになっている。

「新コンバットチョロQ」ではE型、G型、J型と指揮戦車K型が登場。いずれもQシュタイン軍の警備兵として主に序盤に登場する。

E型のみ初期選択可能。E型は「荒野にかかる橋」、G型とJ型は「ハスカラザ解放」クリアで使用可能となる。指揮戦車K型はバトルアリーナ「フォレスト」で対戦し、勝利すると使用可能となる。

全タイプが車体機関銃タイプ「B」カテゴリーの武装を、K型以外は同軸機関銃タイプ「T」カテゴリーの武装も装備できる。

エイルシュタットの敵であるゲルマニアの主力戦車。IV号戦車と共に運用されている。

J型が黒森峰女学園の戦車として、モブキャラの通称アヒャ子が搭乗する形で登場。偵察兼超重戦車マウスの護衛というポジションだが、登場後すぐに撃破されている。

回想シーンでは赤星小梅の搭乗車としても登場した。

最終章では同じく黒森峰女学園の戦車として予想外の活躍を見せる。

ドイツ軍の戦車として登場。

撮影に使用されたのはPz61の改造車。同一車両が『エニグマ奪還』にも登場している。

ドイツ軍の戦車として登場。

『スターリングラード』で使用された車両をさらに改造し砲身を短縮、シュルツェンを装着している。

序盤のネフェドヴォ村の戦闘で登場。主にJ後期型が登場し、主人公の駆るT-34/76と激闘を繰り広げる。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  3. 3

    漫画:柑奈まち 原作:りったん,漫画:月結草 原作:花散ここ,漫画:こっこ 原作:有沢真尋,漫画:夜渡よる 原作:丹空舞,漫画:黒渕かしこ ネーム構成:薄灯森 原作:ミズメ

    読む

pixivision

カテゴリー