2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

T-34

てーとりーっつぁちちとぅぃーり

T-34とは第二次世界大戦におけるソ連軍の主力戦車である。
目次[非表示]

概要

※同名の映画については登場作品の項目を参照

1941年のドイツ軍によるソ連侵攻(バルバロッサ作戦)時より実戦に参加したソ連軍の中戦車。大戦中に最も大量に生産された戦車(57,000輌)である。

最初のモデルであるT-34/76は、高火力の76.2mm砲、避弾経始に優れた傾斜装甲、高性能ディーゼル・エンジンによる高速力と航続性能、接地圧の少ない幅広のキャタピラといった新機軸により、ドイツ軍をして『T-34ショック』と言わしめた。これはドイツ軍Ⅴ号戦車パンター)やⅥ号戦車B型(ティーガーⅡ)の設計にも強い影響を及ぼした。
1943年頃より砲塔を大型化し85mm砲を装備したT-34/85に生産が移行。圧倒的な生産数によりドイツ軍をベルリンまで押し戻した。

旧式となった冷戦時代も東側諸国などに配備され、現在も一部で使用が続く。

攻撃性能

二人乗り砲塔

T-34/76
独ソ戦開戦当初に配備されていたT-34(1940年型)はL-11 30.5口径76.2mm戦車砲を搭載していたが、1941年型より長砲身化されたF-34 41.5口径76.2mm戦車砲に変更され、砲口初速と装甲貫通力が向上した。この砲はドイツ軍主力戦車のⅢ号戦車Ⅳ号戦車の装甲を1km先から貫徹する事が出来た。
しかし、1943年頃からドイツ側が配備し始めたⅤ号戦車やⅥ号戦車の前には能力不足であり、火力強化が必要となった。
初期の主砲は殆ど俯角が付けられず、背の低い対戦車砲や突撃砲に苦戦を強いられた。一方で仰角は他国の戦車と比べて大きく付けられるようになっていたため最大射程の長さという点では有利であり、射程の長さを生かして戦場の後方から前線に榴弾を投射するという、自走砲的な運用が行われた例もある。

また、同じクラスの主砲を搭載した他国の戦車が、砲塔要員を戦車長・砲手・装填手の3人としていたのに対し、T-34-76は戦車長が装填手を兼任し2人乗りの砲塔だった点はT-34-76の大きな特色であり欠点だった。このような配置は効率的な戦闘動作を妨げる一方、人一人の搭乗スペースを削減して砲塔を小型化できる利点があった。砲塔を小型化すれば装甲面積を減らせるので重量を増やさずに重装甲化が可能となる。T-34が強力な火力と装甲を実現できたのはある意味装填手を犠牲にした結果である。T-34が2人乗り砲塔になったのは、そのような的確な損得勘定の結果、ではなく、試作段階で主砲として45mm砲を搭載する方向で開発が進められていたことが影響している。一般的に50mmよりも小さい主砲では弾薬が片手で扱える程度のサイズ・重量となるため、戦車長か砲手が状況に応じて装填を行うものとしても彼らの任務に大きな支障はなく、装填手を省略した2人乗り砲塔とされることが多い。このような小口径砲(<50mm)の装填手の省略はソ連以外でも戦車設計のセオリーとして広く行われており、日本の97式中戦車は57mm砲を搭載しているが、この砲は薬莢が短い比較的軽量の弾薬を使用していたため片手でも取り扱い可能であったことから口径がやや大きいにもかかわらず2人乗り砲塔となっている。逆にドイツのIII号戦車は50mm砲にも関わらず3人乗り砲塔を採用している。これはむしろ特殊なケースで砲塔の小型化よりも戦闘効率の向上を優先した結果である。
またイギリスでは57mm砲(6ポンド砲)を装備しながら2人乗り砲塔を採用したものもあるが、これはもともと2ポンド砲(40mm砲)向けに設計されていた戦車の主砲を6ポンド砲に変更した結果、内部スペースが不足してしまったことによる苦肉の策である。
T-34は最初期の段階では45mm砲が計画されていたため、上記のセオリー通り2人乗り砲塔で設計されていた。T-34の前身となるBT戦車も45mm砲を搭載し2人乗り砲塔だった。ところが開発中にありがちなことだが上層部からの唐突な無茶振りとして主砲を76mm砲に強化することが要求された。セオリーに従うなら砲塔要員を3人に増やす必要があるが、45mm砲+2人乗りを前提に、装甲面積低減と重装甲化のために極力コンパクト化する方向で設計が進んでいた砲塔に第3の乗員をねじこむスペースは残っていなかった。先述のイギリスの6ポンド砲搭載戦車に似た状況である。砲塔を大型化して再設計すると車体の幅も広げる必要が生じ、締め切りが迫る中中で戦車全体の再設計が必要になる。それに砲塔や車体を大型化させると現実的な重量内で要求仕様で求められている重装甲を実現できるか大変怪しい。結局、設計陣は2人乗り砲塔で妥協するという決断を下すことになる。
T-34-76の2人乗り砲塔はソ連側もこの戦車の重大な欠点と認識しており、T-34-76の後継として試作されたT-43は主砲は同じ76mm 砲を使用しつつ装填手を乗せるスペースを作るために砲塔を大型化していた(T-43は最終的に不採用となるが、3人乗り砲塔の設計は後々T-34-85に受け継がれることになる。)
1942年になるとT-34-76の量産型にそれまでよりも背が高く、砲耳部分が砲塔本体と別パーツになっている新型砲塔(上から見ると六角形のため通称ナット型砲塔といわれる)が使用されるようになる。これはたまに3人乗砲塔と誤解されることがあるが、ここでの砲塔の大型化は内部スペースとレイアウトの改善を意図したもので、砲塔要員は相変わらず2人である。このナット型砲塔もまた、T-34の改良型として試作されていたT-34Mの砲塔の設計を流用したものであった。量産型のT-34で3人乗り砲塔が実現されたのはT-34-85が初めてであり、T-34-76の時代には試作車を除くと3人乗り砲塔は実現しなかった。

砲弾:貫徹能力(距離/装甲)
BR-350A:100m/80mm 500m/70mm 1000m/63mm 1500m/58mm
BR-350B:100m/86mm 500m/75mm 1000m/68mm 1500/62mm
BR-350P(高速徹甲弾):100m/102mm 500m/92mm

T-34/57

T-34/57はT-34/76の主砲76mm F-34戦車砲を73口径という極端な長砲身高初速砲である57mm ZiS-4戦車砲に換装した派生型。1941年から1942年にかけて断続的に少数が生産された。
ZIS-4はF-34 76mm 戦車砲より小口径だが砲口初速が非常に高く装甲貫徹力に優れ、発射速度も高い(=装填時間が短い)対戦車用としては強力なものだった。T-34/57は別名として「T-34イステレビリ」(表記揺れあり)とも呼ばれる。イステレビテリは破壊者という意味で、英語の戦車駆逐車両(tank destroyer)のdestroyerに相当する語である。
ZIS-4の原型となった 57mm ZIS-2対戦車砲はF-34の原型となった76mm ZIS-3野砲と砲架を共通化しており(最初に対戦車砲としてZIS-2が開発され、その砲架を流用した 76mm砲としてZIS-3野砲が設計されたという経緯がある)、t-34-57の57mm砲とt-34-76の76mm砲は共通の起源をもつ。このため、F-34からZIS-4への主砲の換装は最小限の設計変更で対応可能であり、T-34-57は同時期に生産されていたT-34-76と同一の砲塔を持ち、外見上の差異はほとんど砲身の太さの違いしかない。また砲身が細くなったことで砲身基部に隙間が生じ、それを塞ぐためにリング形の部品が被せられていることから識別できる場合もある。
1941年から1942年にかけて少数(数十両の桁)が改造され実戦に送られた。

ZIS-4は73口径という極端に細長い砲身を持つため、砲身の深穴加工が難しく砲身の製造コストが非常に高かった。加えて高初速のため砲身の摩耗が早く、砲身寿命は短く、頻繁な砲身交換が必要でコスト高に拍車をかけた

、また砲弾があまりにも高速すぎるため装甲に突入した瞬間に砲弾が変形しエネルギーが分散してしまい期待されたほどの貫徹能力を発揮できない問題も判明していた((対策として砲弾形状の変更などが行われたがどこまで効果があったかは不明))。
砲弾の問題にもかかわらず装甲貫徹力は射距離500mで100mmを超え、T-34-76が搭載する76mm F-34戦車砲を余裕で上回り、75mmクラスの対戦車砲に比肩していた。
一方でこの時期のドイツ戦車は正面装甲でも50-80mm程度と、装甲はまだ薄かったためF-34 76mm砲でも問題なく撃破可能であり、57mm徹甲弾は無用の長物(さすがは長砲身砲)と化し、砲身の製造コストの高さや短寿命、榴弾の有効性の乏しさという欠点だけが目立ってしまいT-34-57は試験段階以上には進まなかった。

1943年にドイツの新型戦車が登場し始め、76mm砲の性能不足が決定的になると、57mm砲も選択肢の一つに挙がるが、量産性の悪さが仇となり却下された。結局85mm高射砲を戦車砲に転用すれば57mm砲とあまり変わらないコストでより高い性能を得られることが判明しSU-85やT-34-85の開発が行われることになる。

関連記事

親記事

中戦車 ちゅうせんしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「T-34」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「T-34」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1644574

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました