ピクシブ百科事典

PaK36

ぱっくさんじゅうろく

ナチス・ドイツの37mm対戦車砲。
目次[非表示]

概要

制式名称は「3.7cm PaK36」。
設計は1936年であり、開発はラインメタル社である。PaK36は当時としては一般的な対戦車砲であった。
3.7cm KwK36としてⅢ号戦車の初期型にも搭載されていた。
生産は1936年から1945年、およそ15000門が製造された。

スペック

口径37mm
全長1.66m
全幅1.65m
重量328kg
発射速度13発/分(最大)
最大射程距離5

弾種:徹甲榴弾

距離100m500m1000m1500m
貫通可能装甲厚34mm29mm22mm
弾種:硬質徹甲弾
距離100m500m1000m1500m
貫通可能装甲厚64mm34mm
弾種:成形炸薬弾
距離100m500m1000m1500m
貫通可能装甲厚180mm有効射程外

運用

1928年末に「3.7cm Tak28L/45」の名で部隊配属が始まり、「37mm Tak29」という輸出型も作られソ連、中国を含むいくつかの国に売られた。(おそらく)再軍備宣言後に「3.7cm PaK36」に改称された。
1936年のスペイン内戦に義勇兵の名目で投入されたコンドル軍団が本砲を装備し、T-26軽戦車やBT-5快速戦車を700~800mからの射撃で撃破した。
1939年のポーランド侵攻でもポーランドの豆戦車・軽戦車に対し猛威を振るったが、翌年のフランス侵攻に於いては仏英の戦車に対し正面装甲はおろか背面でさえ至近距離で無いと貫通できずに包囲網を突破されかけるという醜態を晒した。そのためドイツ国防軍は5cm PaK38の配備を進めた。
1941年のソ連侵攻時には新型のタングステン徹甲弾が開発されT-34中戦車やKV-1重戦車と対峙したが、急所を狙わない限りこれらの戦車に対し如何なる方向から至近距離の射撃でも有効打を与えることができなかった。しかし後継のPaK38の配備はまだ不十分で、1942年まで第一線で使われ続けた。
1943年に砲口装着式の成形炸薬弾が実用化されたが、有効射程300mといえど精度や初速から実際は100m足らずでありさらに移動目標に命中させるのは難しかった。
対装甲車兵器としては十分だったために兵員輸送車や小隊長車の武装や小型装甲車を利用した簡易自走砲にも用いられた。

フィンランドやハンガリー、ルーマニア、スロバキアにも輸出されソ連戦車と砲火を交えたが、やはり序盤でしか活躍できなかった。
中国に輸出された物も戦術の稚拙さからか目立った活躍は無く、これを鹵獲した日本軍がラ式三七粍対戦車砲の名をつけて現地部隊で運用したほか、これ以降の火砲開発の参考とされた。

関連タグ

対戦車砲 ドイツ国防軍

pixivに投稿された作品 pixivで「PaK36」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4362

コメント