ピクシブ百科事典

BT-5

べーてーぴゃーち

ソビエトの快速戦車のひとつ

概要

BT-2戦車の量産が軌道に乗ったころ、BT-2の主兵装37mm戦車砲に代わる搭載砲として新開発の45mm戦車砲の搭載計画が持ち上がる。早速試作されるが、砲塔が45mm戦車砲を搭載するには内部スペースが狭過ぎることが明らかになった。

BT-2の砲塔は1名用で、砲塔内に位置する車長が砲弾の装填と主砲の射撃を両方こなさなければならなかったが、運用側からは操砲作業の効率化のために2名が砲塔内に搭乗することが望ましいという声が寄せられていた。
このため快速戦車BTに45mm戦車砲20Kを搭載するにあたって、新規に大型化した2名用砲塔が製作されることとなった。第183ハリコフ機関車工場は同時期にT-26軽戦車にも45mm戦車砲20Kを搭載することが計画され、共通の砲塔を設計することとなる(この砲塔は当時開発が進んでいたT-35多砲塔重戦車にも搭載することが予定された)。この砲塔を搭載した快速戦車BTにBT-5の名称が与えられる。その後、この砲塔に不満を持っていたOKMOにより別の砲塔が設計され、1934年にBT-5の新型砲塔として採用される。(BA-3/BA-6も同一の砲塔を採用)

BT-5はBT-2より信頼性が向上しており、また指揮車には無線機が搭載されている。

生産は1933年から始まり翌年に生産が終了している。

BT-5はスペイン内戦ノモンハン事件、ポーランド侵攻、冬戦争で使用されることとなる。

関連タグ

ソ連軍 快速戦車 BT-7

pixivに投稿された作品 pixivで「BT-5」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9977

コメント