ピクシブ百科事典

SU-85

えすうーはちじゅご

第二次世界大戦中、ソ連が開発・運用した自走砲。

概要

第二次世界大戦中、ソ連が開発・運用したT-34ベースの自走砲

1943年初めにドイツ軍ティーガーI戦車がソ連軍鹵獲された。T-34のF-34 76.2mm砲で撃破するには至近距離まで接近しなくてはならず、対抗するためには52-K 85mm高射砲やA-19 122mmカノン砲クラスの重火砲が必要と判明した。
52-K 85mm高射砲を改造したD-5S 85mm戦車砲をSU-122の車体に搭載することとなり、1943年8月より生産が開始された。
ティーガーIの側面を距離500mで射貫できた。

1944年にT-34-85の大量生産が開始され、同じ砲を使用するSU-85は生産終了となったが、後継車のSU-100の生産の遅れから、その車体を流用したSU-85Mが12月まで生産された。

戦後はワルシャワ条約機構加盟国の各国軍に供給され、1960年代まで使用された。

関連タグ

ソビエト連邦 赤軍
自走砲 突撃砲 駆逐戦車 対戦車自走砲
T-34 SU-122 SU-100 KV-85 IS-1

pixivに投稿された作品 pixivで「SU-85」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12433

コメント