ピクシブ百科事典

ヤークトティーガー

やーくとてぃーがー

第二次大戦中、ドイツ軍がティーガーIIをベースに開発した重駆逐戦車
目次[非表示]

解説

3kmの距離から敵戦車を撃破できる戦闘車両を望む前線からの声に答え、ティーガーIIをベースにして開発された128mm砲搭載の重突撃砲(後に駆逐戦車に分類)。

主砲の128mm砲は計画中の超重戦車マウスに搭載予定のものであり、当時のあらゆる連合軍戦車を遠距離から撃破可能だった(家屋の反対側にいたM4シャーマンを家屋を貫通して撃破した記録もある)。砲塔前面の装甲厚は250mmにもおよび、これを貫通可能な連合軍戦車は存在しなかった。
まさしく第二次世界大戦最強の戦闘車両であるが、70tを超える大重量により機動性は劣悪で(ただし残っている記録フィルムだと舗装路面では結構軽快に走っている)、さらに大戦末期の乗員の練度不足および士気の低下、燃料の欠乏によりその性能を十分に発揮したとは言えなかった。

生産数には諸説あり、82両完成、もしくは48両完成、部隊への輸送記録では100両を超えているとも言われている。

ちなみに、戦車撃破王として知られるオットー・カリウス(Otto Carius)が敗戦前に最後に指揮していた駆逐戦車中隊が配備していた車両としても知られる。

アニメでの登場

  • アニメ「ガールズ&パンツァー」で決勝戦の黒森峰女学園が運用している。
  • 重厚な装甲で山頂に陣取る大洗チームの砲撃を悉く弾いていた。
  • 市街地で背後から来るウサギさんチームを待ち伏せする。ウサギさんチームに間一髪で回避されるが、向い合ったまま追いかける。
  • しかし、河川まで誘導されウサギさんチームが横に回避する前に撃破するが、勢い余ってそのまま河川に転落し、走行不能になる。

関連タグ

駆逐戦車 突撃砲 ティーガーII
ドイツ軍

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤークトティーガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70527

コメント