ピクシブ百科事典

チト

ちと

旧大日本帝国陸軍の戦車。制式名称は『四式中戦車』
目次[非表示]

旧日本陸軍の開発した四式中戦車の開発コード「チト車」の事で、これに関連するイラストにつけられるタグである。
由来は中戦車の『ち』と、開発順をイロハ順で示した『と』を組み合わせたもの。

概要

先述の通り制式名称は四式中戦車。この四式とは神武天皇が即位されたとする年を起源とする皇紀2604年(1944年、昭和19年)制式採用を示す。その時期から見て取れる通り大戦も末期に入っての制式化であり、さらに量産体制は整わず、生産数は諸説あるが最大のものでも十数両程度でしかない。

主砲は五式七糎半戦車砲(長)II型(75mm56口径)を搭載し、正面最大装甲厚は75mm。エンジンは4ストローク空冷ディーゼルで出力は400hp。と、日本陸軍としては空前の大型戦車である。

これらの内容、及び敗戦間際の泥縄的な経緯から、「T-34M4シャーマンに対抗して開発された」と誤解されがちだが、実際にチト車が計画されたのは九七式中戦車(チハ車)の制式化された1937年(昭和12)の事である。これは同時に計画された一式中戦車(チヘ車)と開発コードが連番である事からも容易に解かる。
しかし、「戦車は歩兵の肉薄攻撃に弱い」という誤った認識(とはいえ1937年当初はこの認識は世界共通といってもよかった)を抱き、硬直化した陸軍の体勢、また、国鉄の限界断面の狭さや20トン超の戦車を運搬可能な吊り下げデリックを持つ輸送船が少ないという、島国である日本が抱える輸送の問題、などから、この時点ではノモンハン事件の戦訓を取り入れたチヘ車の開発が指示されチト車は一旦お蔵入りとなった。
太平洋戦争の始まった1942年(昭和17)になって、現状の陸軍の装備では連合軍の戦車に太刀打ちできない状況がはっきりした為に、一式四七粍機動速射砲の車載型である試製四十七粍戦車砲をさらに発展させた双連四十七粍戦車砲を搭載する新戦車として、ようやく開発が開始される。この砲は、本来はチヘ車に搭載する予定だったが間に合わなかったので本車両に搭載する事に変更された。
しかしこの砲は威力不足のためすぐに開発中止となり試製五糎七戦車砲搭載(新)に変更されるが、これは当初はチト車とは別の試製中戦車に搭載することを予定されていたものであった。
しかしながら、この試製五糎七戦車砲の成績が不振であったことから、この形態のチト車は試作1両のみで中止された。

同時期、戦車の重装甲化に対抗するため、各国で高初速の高射砲を戦車砲に転用した強力な戦車砲が開発されていた。日本でもスウェーデンのボフォース社製75mm高射砲(これは日中戦争で中華民国軍から鹵獲したもの)をベースとした車載砲の開発が行われていた。
この砲は有名なドイツのFlak88のベースになった優秀なものだったが、日本陸軍にはこれのプラットホームとなりえる車体が五式中戦車を除いて存在しなかった。そこで口径を詰めて半自動装填機構を廃し、軽量化すると共に、開発中だったチト車を改造して組み合わせ、新中戦車とすることになり、2号車以降の製作が開始された。これが四式中戦車として採用される車体である。

主砲は、昭和18年の時点では1000mの距離で75mmの装甲板を打ち抜くのが目標であった。75mmという数値は当時の陸軍の仮想敵であったソ連の重戦車kv戦車の装甲厚が由来である。(「戦史叢書」には本砲完成直後の昭和19年9月付けの近衛第三師団調整資料には1000mにおいて100mm貫通しうることが計画されていた。)

本砲は昭和19年に完成し昭和20年3月ごろ射撃試験が行われ結果は総合的には大体良好だったとしている。肝心の貫通性能は不明だが(日本陸軍は)1000mの距離で主敵であるM4の傾斜した前面装甲を数値上は撃ち抜けるが実際に効果があるのは500m以内であろうという評価を下した
(陸軍はM4の車体は垂直に対し55度の傾斜した65~55mmの鋳造装甲、砲塔正面は垂直に対し25度以上傾けた85mmの鋳造装甲であると想定。)
装甲にかんしては最大装甲厚の75mmという数値もkv戦車からきており75mm野戦砲の直射を500mで耐えられるものとして設定された。実は車体は、本来57mm砲を搭載することを想定しており新型の75mm砲を搭載することは想定していなかった。急な変更で75mm砲に換装時に砲とのバランスが悪化してしまった。しかし車体構成をやり直す時間もなくやむを得ず車体後面を厚くすることにより辛うじてバランスを保つことが出来た。もっとも、これはこれ以上の砲や前面装甲の強化を望めないことを示すものだった。

ただ、チト車の計画自体、対戦車戦闘を考慮したとは言っても、ドイツの電撃戦に端を発する戦車部隊同士の戦いではなく、単に敵の戦車が強力であるという前提に過ぎず、技術力というよりは対戦車戦闘そのもののノウハウの不足から来る、砲や装備の未充足部分がいくつもあった。たとえば砲塔から五式七糎半戦車砲の駐待機がはみだしており、ここが対戦車ライフル等で狙撃されたり、被弾して損傷すると主砲が使用不能になる可能性があった。(とはいえ、キューポラは装備していた。これは独ソ米でもティーガーIやM4初期型についておらず乗員がハッチから身を乗り出して狙撃される例が相次ぎ、T-34に至っては改善されるのは戦後である)

また、米軍の戦車を参考に抗堪性の高い鋳造砲塔を採用しようとしたが、日本の製鉄所ではこれほどの大物を一体鋳造することが出来ず、やむを得ず複数のパーツごとに鋳造し溶接するという泥縄的技法をとったものの、鋳物特有の歪みにより溶接段階になって難儀するなど、お粗末な顛末により制式化が遅れた。ヨーロッパの戦車がいわゆる「T-34ショック」の結果、急激に重装甲・高火力化していく中、日本の新戦車開発の遅れを象徴するような戦車である。

とは言え、それまで日本の戦闘車両の高性能化を阻んできた一〇〇式統制型ディーゼルを脱却し新型としたこと、油圧サーボ操縦系を採用したこと、などにより、九七式より僅か10トン重いだけで各国の主力中戦車の水準と同等の能力を持ち、しかも九七式と同等の優秀な機動力を持った戦闘車両だった。

完成した車両は2両説、6両説、12両説などはっきりしないが、いずれにしろ陸軍上層部は本土決戦に備えて温存する方針であり、ついに実戦を経験せずに終わった。日本列島内での移動に関しては本州と九州においては国鉄の輸送限界をぎりぎりクリアしていた。唯一、飯田線の狭隘トンネルの一部が干渉したという。

また終戦時三菱重工社内には三式中戦車(チヌ車)のものをベースとした溶接砲塔の車両の図面が残されていたというが、この真相も定かではない。

2011年現在、静岡県浜名湖北の猪鼻湖底に九七式中戦車ユニバーサルキャリア等と共に眠っている事が確認されている。
だが、プラモデルとしては2012年7月に発売が予定されている。
2013年現在、「猪鼻湖に眠る『幻の戦車』調査プロジェクト」が地域活性化団体「スマッペ」により行われた。音波探査により、チハ(チヌ?)と思わしき車輛の存在は判明したが、泥の中に埋まったと思われるチト発見には未だ至っていない。

キャラクターとしてのチト

優秀な性能を持ち得ながらとうとう実戦に間に合わなかった兵器として、『悲劇のヒロイン』的に扱われることが多い。『擬人化』も、日本人離れしたややグラマラスな印象を持つ(ただし、それでもソ連のJS重戦車やアメリカのM26パーシングにはかなわない)ことが多い。
或いは61式74式90式10式といった戦車を次々に送り出した戦後日本の戦闘車両製造技術の礎と見なす向きもある。

チト車を好きな者は多い。が、その萌えポイントはチハ車のような貧弱さではなく、見ることのなかった悲劇の高性能への憧憬である。その為、間違っても「たん」なんてつけて喜んだりはしない > ザクとは違うのだよ。

関連タグ

戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「チト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145982

コメント