ピクシブ百科事典

二式軽戦車

にしきけいせんしゃ

 二式軽戦車とは大日本帝国陸軍の開発した戦車である。秘匿名称は「ケト」。
目次[非表示]

概要

性能不足であった九八式軽戦車の後継として1941年に試作され1942年に正式採用された。空挺戦車として運用するために、なるべくフラットにすることが求められていたとされる。
砲性能
主砲には新たに一式三十七粍戦車砲が採用され、これは1000mで、25mmの鋼板を貫通できる性能だった。

配備

1944年に29両生産され、フィリピン防衛戦に参加、残った車両は本土決戦に向けて、温存され終戦を迎えた。

その後

 一両が、アメリカに解体するためにチトや、チリと一緒に並べられている映像が残っている。

バリエーション

二式軽戦車改

チハの新砲塔を一式47mm戦車砲ごと載せようとした計画車両。

発電車

工兵作業用の改造車。25両製造。

四式作業車

ドーザーをつけ砲塔を外した車両。製造されたか不明。

pixivでの扱い

擬人化されたものが多い。...と言うか大半はこっち。

関連タグ

九八式軽戦車 四式軽戦車 軽戦車

関連記事

親記事

軽戦車 けいせんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「二式軽戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184

コメント