2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

II号戦車

にごうせんしゃ

ドイツ軍において戦間期から第二次世界大戦初期にかけて使用された軽戦車
目次[非表示]

概要

再軍備に向けてドイツ軍は1934年からI号戦車の生産を開始したが、同車は訓練用としてすら小型軽量に過ぎた。また、実際に主力となるべき3.7cm砲搭載の主力戦車の開発にもさらに時間がかかるものと見られたため、この間の『つなぎ』としてII号戦車が開発された。

II号戦車はI号戦車と同じく訓練と生産技術の習得を主目的とした戦車であったが、主力戦車配備までの『つなぎ』としての役割から、非力なI号戦車と変わってある程度の実戦能力も付加されていた。装甲はまだ貧弱だったものの、主砲は新鋭の2cmFlak30機関砲で、軽装甲であれば装甲車両も撃破できるだけの貫通力を備えた(もっとも大戦初期は20mmで貫通できない戦車の方が少なかった)。むしろ榴弾の発射も可能な20mm機関砲は高い火力と貫通力を兼ね備え、戦車以外に対しては非常に強力な武装だった。さらには単価の安さや技術的ハードルの低さもあって、参謀本部の中には「II号戦車を主力戦車とすべし」といった意見も発生した(対戦車攻撃力を重視するルートヴィヒ・ベックの反対もあり、最終的には当初の予定通りIII号戦車を主力とする方針が貫かれた)。

スペイン内戦においてI号戦車とともに実戦評価試験が行われた後、結局開発が間に合わなかったIII号戦車に代わってポーランド侵攻に主力として投入され、さらにIII号戦車の数がまだ出揃っていなかったフランス戦でも数的な主力として多数投入され、その軽快さを活かして大戦初期の電撃戦を支えた。ハインツ・グデーリアンは後に「まさかこれら訓練用戦車で大戦に突入するとは思ってもみなかった。」と語っている。

ポーランド戦後、III号戦車IV号戦車の生産がある程度軌道に乗り始めると、II号戦車は偵察・連絡を主任務にするよう格下げされた。しかし慢性的な戦車不足に苦しむドイツ軍ではその後もしばらく数的な主力であり続け、バルカン戦線北アフリカ戦線独ソ戦と、II号戦車は既に非力となりながらも戦い続けた。
標準型としての生産は1942年まで続けられたが、この頃にはすでに戦車としての価値はほぼ失われつつあった。一方で、ドイツは装甲師団の大幅な拡張を始めており、その充足用に生産されたのだった。

その後もII号戦車の車台は様々な自走砲のベースとして終戦まで使用され続けた。

Ⅱ号の戦歴

戦車時代の活躍

1936年の「スペイン内乱」でテスト車が投入された。
この戦争で戦車の有効性を証明し、その後1939年の「ポーランド侵攻」で初陣を飾っている。
たとえ主武装が20㎜機銃でも歩兵直協が主だったので、攻撃力にも不満は出なかった。
だが装甲が薄かったので対戦車ライフルでもスコスコ貫通し(正面でも15㎜程度)、死傷者が続出している。

これを戦訓に、フランス戦では増加装甲20㎜を追加して戦闘に参加している。
だが今度は20㎜機銃ではフランス戦車に通用せず、力不足が明らかになってしまった。
戦争全体では勝利を収めたが、ここに後継の強力な戦車が求められたのである。

だが、即新型の配備とはいかなかった。
当時のドイツでは戦車の数が足りず、そもそも「機甲戦力」そのものが著しく不足していたのだ。

当時は『オートバイに跨り、さっそうと快進撃を続けるドイツ兵』というイメージが強調されたが、
それはごく一部だけで、正体は馬車に大部分を依存する軍隊だった。
そんな中では戦車だけに生産を注力する訳にもいかず、いくら力不足でも数を揃える事が優先されたのである。
(もともと訓練用なので、作りすぎても訓練に使えばいいと考えられた)

そんなわけでⅡ号戦車は主力であり続けた。もちろん力不足は承知の上で
1940年10月末、バルカン半島侵攻作戦。Ⅱ号は主力を務め続けた。
1941年2月、北アフリカ戦線に介入。Ⅱ号戦車も当然アフリカ行き。
1941年6月、バルバロッサ作戦が発動し、独ソ戦争開始。Ⅱ号戦車はいまだ戦場に。

だが、戦車としてはこの辺りが限界だった。
後に続くIII号戦車IV号戦車も安定して生産できるようになっており、
(数合わせの為とはいえ)生産し続ける意味は薄くなっていたのだ。

1942年12月、戦車としては524台の生産をもって終了。
改良型の軽戦車としても開発は続けられたが、多くは試験のみに終わった。

自走砲車台

以降は自走砲の車台として生産が続けられる。
実はそれ以前にも『II号自走重歩兵砲』として生産されていたのだが、今度こそ本格的なものである。

最初に開発されたのは『マルダーⅡ』である。
これは75mm「Pak40」対戦車砲を装甲版で囲んだだけの戦闘室を備える。
装甲は最大30㎜で、これでは直撃に耐えきるほどの防御力は期待できない。
それでも主砲は強力なので貴重な「対T-34戦力」として重宝された。

同時期、10.5cmleFH18榴弾砲を搭載した砲兵用の自走砲開発にも取り掛かっている。
これが『ヴェスペ』で、砲の使い勝手と機動力が両立しているので、前線では好評だったという。

新型II号戦車

通常型のII号戦車(A,B,C,F型)の量産が終了した後はII号戦車に近い車体規模の偵察用軽戦車や重装甲軽戦車の開発が細々と続けられた。これらはA-F型とは無関係に新規に設計されたものだったが、中戦車であるIII号・IV号戦車よりも小型だったため便宜上II号戦車に分類された
これらのII号戦車は、初期の失敗した高速戦車の試みであるD/E型、本格的な3人乗り9トン級高速戦車であるG/H型(VK9)、シリーズの集大成となる4人乗り13トン級高速戦車であるL型(VK13)、特異な重装甲軽戦車であるJ型(VK18)に分けることができる。DE型・GH型は性能不足だったため少数生産で中止された。VK9を中止して作られたVK13も、装輪装甲車であるSd.Kfz234との競合に敗れ100両で生産中止となった。J型はI号戦車F型と同じような限定的な状況で使用する特殊兵器という位置づけで最初から大量生産は意図されなかった。結局新型II号戦車の枠内では成功作は生み出されず、どちらかといえばほかのより有用な兵器の開発・量産を妨害してしまっただけの結果に終わっている。当時は第二次世界大戦に突入し戦車の大型化・高性能化が進んでいた時代で、II号戦車と同規模の軽戦車では偵察目的ですら力不足となりつつあったのである。

II号戦車D/E型

通常型のII号戦車と並行して生産された高速偵察戦車。足回りや操向装置を一新して機動力アップを狙ったものだったが、不整地走行性能が低く総合的な機動力は通常型よりも劣化し失敗作となった。性能の低さのため少数生産に終わった上に偵察用戦車としてはほとんど使用されず、自走砲や火炎放射戦車に改造された。砲塔はA-C型と同一のものを使用していた。E型はD型の履帯や走行装置を少し変更したもので、D型とほとんど同じものだった。

II号戦車G型(試作名称VK9.01/VK9.02)

新型の足回りと駆動系を搭載し最高速度65km/hを発揮可能とした高速偵察戦車。武装・装甲は通常型のII号戦車と同等だった。同時期に開発されていた2人乗りの高速戦車VK6.01(のちにI号戦車C型として制式化)を拡大して3人乗りにしたような設計だった。量産開始直前にポーランド侵攻の戦訓を反映させるべく要求仕様が変更され、実用化が遅れた。

II号戦車H型(VK9.03)

II号戦車G型の装甲およびエンジン強化型。標準偵察戦車として4000両以上の大量生産が計画されたが、本車の開発中に、より強力なVK13.01の開発が始まり、こちらに注力することになったため量産中止となった。

II号戦車L型「ルクス」(VK13.01)

ドイツでは1930年代末には6~9トン級の一連の新型軽戦車(VK6やVK9)の開発を進めていたが、1939年のポーランド侵攻の戦訓によるとこれらの設計では偵察戦車として能力不足であることが明らかになった。そこで新たに13トン級の戦車の開発が試作名称VK13.01の名で開始された。この戦車は従来のVK6やVK9の設計を踏襲しつつ戦訓を盛り込んでより大型化した4人乗りの軽戦車となっていた。量産は1943年に始まったものの、類似した目的を持ちコストパフォーマンスに優れるSdKfz.234装甲車が実用化されたため、量産計画は縮小され100両の生産で量産終了となった。これでも新型II号戦車シリーズの中で量産に至った唯一のモデルだった。愛称のルクスはヤマネコの意味。

II号戦車M型

H型の車台・駆動系にL型の車体上部構造・砲塔を貼り合わせたタイプ。
VK13.01の開発開始により開発終了となったII号戦車H型(VK9.03)だったが、H型は駆動系については成功した設計を有しており、装甲や火力を強化すればまだ使い物になる可能性があった。しかし類似した開発計画が乱立する中で新たに強化型の設計を行わせるのは避けたいところ。そこでL型とH型の設計を融合させることで、最低限の開発負担でH型の強化型を実現しようとした結果がM型である。L型の駆動系自体がH型を踏襲したものなのでそれをH型の仕様に戻したM型はL型とほとんど変わり映えのしない車両になっていた。本命のL型すら量産中止されるほどなのでM型も少数生産に留まっている。

VK16.02「レオパルト」

II号戦車L型のさらなる発展型で、装甲に傾斜装甲を採り入れ、主砲に5cm砲を装備した強力な軽戦車であった。戦車にはVK16.02の試作名称と「レオパルト」(=ヒョウ)の愛称のみが与えられ、II号戦車としての公式な型番は割り当てられなかった。しかし新型II号戦車の延長にあるため新型II号戦車に含められることもある。量産開始予定が1943年にまでずれ込む見込みとなり、この期に及んで軽戦車の活躍の場は絶無であり、試作車の完成を待たずして開発は中止された。

登場作品

ガールズ&パンツァー劇場版にて、主人公の西住みほと、西住まほが幼い頃に乗っており、よく遊んでいたようである。

関連タグ

戦車 自走砲
35(t)戦車 38(t)戦車 I号戦車 III号戦車 IV号戦車 パンター ティーガーI ティーガーII
ドイツ軍 ドイツ陸軍 ドイツ国防軍

関連記事

親記事

軽戦車 けいせんしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「II号戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88254

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました