ピクシブ百科事典

主砲

しゅほう

軍艦・戦車の装備する大砲のうち、最も強力なもののことである。
目次[非表示]

概要

軍艦における主砲

軍艦が装備している大砲の中で最大のものを指す。
戦艦は対戦艦用として威力重視の主砲と軽艦艇向けに取り回しに優れた副砲の2種類を装備するのが基本であった。

その後の戦艦の発達において、前弩級戦艦時代には中間砲(準主砲)や補助砲を装備したり、軍用機の出現に伴って対空砲を装備するなど艦砲装備には変遷があったが、もっとも強力な砲が主砲と呼ばれるという原則は継承された。

また巡洋艦においても多種類の砲を搭載したため、もっとも強力な砲を主砲と呼んだ。

ちなみに、魚雷艇潜水艦などに搭載された艦砲を主砲と称する場合もあるが、あくまで主砲という名称は「"主"以外の砲が存在する」事が前提である。また、これらの艦艇では主兵装がそもそも砲ではなく魚雷であることがほとんどである。

ただし第二次世界大戦の巡洋艦・駆逐艦を例にとると、対艦用途の艦砲はそもそも単一口径である場合が殆どで、それ以下の口径の砲はもっぱら対空砲だったが、その場合でも最大口径の対艦砲を『主砲』と呼ぶ事が多い。

なお、巡洋艦や駆逐艦では、主砲が対空射撃も可能、または戦艦・空母クラスの対空砲を主砲とするケースも多かった。(対空砲とて航空機しか撃てないものではないため)

戦車における主砲

戦車の場合、多くは旋回可能な砲塔一基に砲を一門搭載、補助的に対人目的として機関銃を搭載する形式である。つまり多くの戦車は搭載する砲は一種類しか無いのが普通であり、現代艦艇同様主砲という呼称を用いることは少ない。
とはいえ、多くの砲を備えた戦車は皆無ではなかった。→多砲塔戦車

その他の使われ方

日本における野球用語で、チームの主力・長距離打者を球(弾)を遠くまで打つ(撃つ)姿になぞらえて大砲と呼ぶ慣習があり、転じてその中でももっとも有力、すなわちもっとも多くのホームランを量産する(=射程距離が長い)バッターを『主砲』と呼ぶ場合がある。

フィクションでの主砲

創作物でも基本的には「主砲=装備している大砲の中で最大のもの」という扱いには変わりはない。
ただ「自艦が装備する主砲と同等の砲の攻撃に耐えられる」という戦艦の主砲の定義(あくまで暗黙の了解、用途に合わせた必然だが)に当てはまらない決戦兵器レベルの高威力の兵装がある場合、主砲として扱われる作品と扱われない機体(または作品)が存在する。

例えば宇宙戦艦ヤマトでは波動砲は決戦兵器、主砲はショックカノンと分けられているが、マクロスシリーズのマクロス・キャノンは主砲とされている、等。

pixiv的な使われ方

艦艇の場合と全く同じ、対象の人物に搭載されている最も立派な唯一の大砲である。
関連タグ参照。
「その粗末な7.7mm機銃しまえよ」と突っ込まれることもしばしば。


関連タグ

大砲 魚雷 兵器

俺の主砲が一斉掃射 / 俺の主砲が最大仰角

pixivに投稿された作品 pixivで「主砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39531

コメント