ピクシブ百科事典

ルノーFT-17

るのーえふてぃーじゅうなな

第一次世界大戦期にルノー社で開発された軽戦車。
目次[非表示]

概要

第一次世界大戦時に、フランス軍を中心に活躍した軽戦車である。厳密には「ルノーFT」が正式名であり、-17は1917年に完成したことを示す便宜上の符号。
37mm砲搭載型と8mm機関銃搭載型が存在する。

Mk.Iが史上初の戦車であるのに対し、当戦車はその後の戦車の基本形を確立したという点で歴史にその名を残している。
最大の特徴はMk.1系列が車体両脇、A7Vなどが車体前面に主砲を据え付けていたのに対し、車体上に360°旋回可能な砲塔を配置したことである。これによって砲手1名・砲1門で全方位に火力を投射できるようになり、運用が大幅に効率化された。
また、初期の戦車の多くでエンジンが車内に剥き出しだったのに対し、エンジンと戦闘室を隔壁で分離したことで車内環境を大幅に改善した点も革新的だった(この点はMk.I系列でも同時期に採用された改良型のMk.IVで克服されている)。
シャーシと戦闘室をバラバラに製造するのではなく装甲板の組み合わせで直接車体を構成するセミ・モノコック構造のため量産性が高く、生産数は3800両を超えると言われる。このためもあって戦後には日本を含む世界各国に輸出され、それぞれの国で国産戦車を開発するにあたり参考にされた。

第二次世界大戦時でもフランス等で現役で、開戦に際し引っ張り出された車両も多い。既に正面戦闘では時代遅れとなっていたものの後方警備等には十分有用であり、現在でも一部車両は稼働状態で保存されている。

創作での登場

ガールズ&パンツァー

ガールズ&パンツァー』では、最終章でBC自由学園の隊長のマリーが搭乗するフラッグ車として登場している。

終末のイゼッタ

終末のイゼッタ』において、エイルシュタット陸軍の主力戦車として登場。但し、ゲルマニア帝国の戦車に次々と破壊されている。

関連タグ

戦車 フランス軍

pixivに投稿された作品 pixivで「ルノーFT-17」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19896

コメント