ピクシブ百科事典

ルノーFT-17

るのーえふてぃーじゅうなな

第一次世界大戦期にルノー社で開発された軽戦車である。
目次[非表示]

概要

第一次世界大戦時に、フランス軍を中心に活躍した軽戦車である。
当戦車で特筆すべきことは車体と砲塔が分かれていることである。
今までの戦車はMk.Ⅰのように車体に機関銃をつける形であったが、本車はそれを完全にやめ、砲塔に機関砲をつける形をとっている。
これは現在の戦車の基本形ともなっている。
日本を含む世界各国に輸出され、それぞれの国で参考にされた。

第二次世界大戦時でもフランス等で現役で引っ張り出された車両も多い。

終末のイゼッタ

終末のイゼッタにおいて、エイルシュタット陸軍の主力戦車として登場。但し、ゲルマニア帝国の戦車に次々と破壊されている。

関連タグ

戦車 フランス軍

pixivに投稿された作品 pixivで「ルノーFT-17」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14482

コメント