ピクシブ百科事典

M3スチュアート

もでるするーすちゅあーと

第二次大戦時のアメリカの軽戦車。
目次[非表示]

概要

開発

 M2軽戦車シリーズの最終型であるM2A4をベースに、装甲の強化に伴う重量増加に対応するため接地式誘導輪が採用されており、車体の上部構造も若干延長されている。しかし、ベースとなったM2そのままのリベット接合や車体両側に搭載された固定機銃など古くさい部分も残されていた。
 1940年7月に制式採用となったものの、製造メーカーであるアメリカン・カー・アンド・フ ァンダリー社ではM2A4の製造が続いていたため当車の生産開始は翌年3月からとなっている。

実戦

 1941年7月からイギリス軍の手により北アフリカ戦線へ投入され、その軽快さと高信頼性から優秀な偵察車両として高い評価を得ており、翌年投入されたビルマ戦線では日本軍九五式軽戦車部隊を壊滅させるなどの活躍を示している。結局ビルマ戦線では歩兵兵力の圧倒的な差により英軍はラングーンから撤退しており、日本軍は無傷で捕獲した少数の当車両を鹵獲兵器として使用している。
 1942年中期になって、新設計の車体に水冷式ガソリンエンジンを搭載するM5軽戦車が製造されるようになると、米軍では次第に第一線から引き上げられ、1943年には完全に第一線装備から外された。なお英連邦軍や自由フランス軍などでは、M5に準じた車体形状の新型・M3A3が引き続き配備されている。
 なお各タイプに付けられているスチュアートI~Vの名称は英軍での呼称であるが、最初にスチ ュアートと名付けられたのは米国から最初に供与されたM2A4軽戦車であった。

関連イラスト

M三軽戦車(1943)



別名・表記ゆれ

M3軽戦車 スチュアート

関連タグ

アメリカ 戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「M3スチュアート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27574

コメント