ピクシブ百科事典

ルノーR35

るのーあーるさんじゅうご

ルノーR35とは、フランスが開発した軽戦車である。
目次[非表示]

概要

開発

フランス第一次世界大戦中にFT-17を生み出し、これを大量に保有していたが、1920年代半ばになると、その旧式化は明らかとなり、1933年8月に新型軽戦車整備計画に基づきルノー社とオチキス社の両社による競争試作が行われた。ルノー社は『ZM型』をオチキス社が開発したのが『オチキスH-35』であった。1935年7月に行われた審査の結果、ルノー案であるZM型が『R35軽戦車』として正式採用されることとなった。

特徴

当時並行して開発されていたAMC35軽戦車とほぼ同じの9.8tであったためシザーズ式サスペンションを採用、また、新型ギアとしてクレトラック式差動歯車システムを採用することで良好な操作性を得られている。また、装甲も最大装甲圧が45㎜と当時の戦車としては優れた防護能力を有していた。武装も初期型は21口径37㎜の短砲身であったこれはFT-17の主砲としても使用されていたものであり歩兵砲を車載化したものである。後に火砲は33口径37㎜と砲身が長くなり火力の強化がなされている

カタログスペック上は、ドイツ軍のII号戦車とも渡り合えるが砲塔は一人乗りであるため車長が戦闘指揮に専念できずまた、無線機の標準装備がなされていないため連携した戦術を行うのが難しかった。速度も重量が重いため速度が21㎞/hに過ぎず、ドイツ軍のIII号戦車の速度は32㎞/hであったことを考えると機動戦にも少々問題があったと思われる。

生産

1935年に制式採用となって以降は大量生産がなされ、第二次大戦勃発直前には24個戦車大隊に約1000両が配備されていた。また、ポーランドやトルコなどにも輸出されており全体で千数百両が生産されている。

実戦

1940年の対独戦に実戦投入されるが、無線機の有無や速度の遅さ、砲塔が一人乗りなどの問題のほかに被弾時の衝撃によって装甲板が撓んだ場合装甲板を結合しているリベットが剪断されてしまい戦闘力を失ってしまうなどの問題により実戦ではほとんど有益な活躍ができなかった。

ドイツ軍のR35

1940年6月22日のフランス降伏後多くのR35軽戦車がドイツ軍に接収され、さらに一部はイタリア軍にも供給されている。ドイツ軍では接収したR35軽戦車は『Panzerkampfwagen 35R 731(f) 』の名称が与えられそのほとんどが砲塔のキューポラを外してハッチに改修し、装備をドイツ軍仕様に改めた上で二線級戦車として使用した。7.5cm対戦車砲PaK40や10.5cm軽榴弾砲leFH18などを搭載する自走砲に改造された車両も多く、西部戦線で連合軍と砲火を交えている。


関連タグ

軽戦車 フランス ホチキス軽戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「ルノーR35」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1967

コメント