ピクシブ百科事典

マリー(GuP)

まりー

マリー(GuP)とは、『ガールズ&パンツァー 最終章』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:原由実

BC自由学園の女子生徒で、戦車道チームの隊長。
ガールズ&パンツァー 最終章』に登場。金髪のロングで毛先がそれぞれ縦ロールになっているのが特徴。身長150cm。

押田と同じく中等部から進学した「エスカレーター組」で、そのリーダー格。押田と違って安藤ら「受験組」との対立には無関心。
優雅でおっとりした印象を与える一方で、お嬢様育ちのせいなのかナチュラルにマイペースで傲慢な面がある。
だが、試合中は大抵のことに動じることなく落ち着いて指揮を執っており、状況をいち早く把握するなど指揮官としては優秀。

スイーツが好きで、劇中ではよくケーキを食べており(しかも種類は豊富)、試合中でも食べている。ただ、そのためかファンの間ではぽっちゃり疑惑が囁かれており、2018年1月には『もっとらぶらぶ作戦です!』Web出張版で早速ネタにされた(ノンナに肩車されているカチューシャを見て自分も押田に肩車してもらおうとしたら、押田はマリーを持ち上げられなかった)。

大洗女子学園との試合では、フラッグ車のルノーFT-17に搭乗している。この戦車は本来二人乗りで車長が砲手を兼任するが、マリーは砲手を砂部に任せ、自分は砲塔後部のハッチに座って指揮に専念している。ちなみに、操縦手は祖父江。指揮する時は校章が入ったファー付きの扇子を手にしている。車体には赤いハートのエンブレムが施されている。ちなみに、座っている場所にはクッションを敷いている。

名前の由来はどう考えてもマリー・アントワネット。それも、押田と安藤と同じようにベルサイユのばらの方をイメージしていると思われる。

活躍

周りに無能な指揮官と認識させるためか、押田と安藤が諍いを起こしても仲裁しない事なかれ主義のような態度を取ったり、試合開始時の挨拶では「どうして私が頭を下げなきゃいけないの~?」とお辞儀するのを拒否するなど、傲慢な態度を取っていた。
当初は護衛のARL441輌とともに丘の上で待機し、無警戒を装って大洗女子チームを誘き寄せていた。そして、橋を渡っていた大洗女子チームが橋の両端を破壊されて孤立したところを見計らって動き出し、丘の上から砲撃していた。

後半からはボカージュに陣取り、試合中に祖父江と砂部とともに戦車を降り、シートを敷いてお茶会をするほどの余裕を見せていたが、押田達と安藤達が仲間割れを起こしたのを知ると慌てて出撃し、両者を仲裁。元凶であるカモさんチームを発見して撃破させる。
なお、両者を仲裁する際、互いに突撃して来る安藤と押田の間を割って入り、瞬時に互いの砲塔に扇子とケピ帽を突っ込んで両者を制止。そして、一回転して砲塔に立つなど、何気に身体能力の高さを見せた。
すぐにボカージュからの脱出を図り、途中押田と安藤によって車体が浮き上がって身動きが取れないアヒルさんチームを撃破する。そして、ついに自身以外の味方が撃破され起死回生で敵フラッグ車のカメさんチームを狙うが、ボカージュの出口でサメさんチームに阻まれ、しかもすでにあんこうチームレオポンさんチームに取り囲まれて万策尽き、最後に持っていたスイーツを一口食べて撃破される。
試合後はアンチョビと同じくスイーツを振る舞って大洗女子チームを労い、西住みほに楽しい試合が出来たことに感謝しつつ次は負けないと意気込んだ。

大来女子学園と知波単学園との試合では押田と安藤、そしてOGのアズミとともに観戦に訪れるが、一時お預けを受けたケーキを食べたそうにしてたり、アズミから長期戦になる可能性があると聞いて、その間にバラ風呂に入りたがるなどマイペースな面が多い。

関連イラスト

マリーさん
センシティブな作品



関連タグ

ガールズ&パンツァー BC自由学園 ルノーFT-17
安藤(GuP) 押田(GuP) 祖父江(GuP) 砂部(GuP)
アズミ(GuP)

アスパラガス(GuP):『リボンの武者』の世界におけるBC自由学園戦車道チームの隊長。「大鍋(カルドロン)」の二回戦の時に共演を果たしている。

関連記事

親記事

BC自由学園 びーしーじゆうがくえん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マリー(GuP)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3006158

コメント