ピクシブ百科事典

サメさんチーム

さめさんちーむ

サメさんチームとは、『ガールズ&パンツァー 最終章』に登場する大洗女子学園の戦車道履修チームである。
目次[非表示]

データ

チームデータ

チーム標章
サメさんチーム マーク
通称船舶科チーム
使用車両Mk.IV


メンバー

ポジション氏名備考
リーダー・戦車長お銀通称「竜巻のお銀」
操縦手(左側担当)ラム通称「爆弾低気圧のラム」
砲手(右側担当)ムラカミ通称「サルガッソーのムラカミ」
通信手・操縦手(右側担当)フリント通称「大波のフリント」
砲手(左側担当)カトラス通称「生しらす丼のカトラス」


解説

 サメさんチームとは、『ガールズ&パンツァー 最終章』に登場する、大洗女子学園の9番目の戦車道チームである。

 メンバーは、不良たちの溜まり場と化した学園艦最深部(そど子曰く「大洗のヨハネスブルグ」)にあるBAR「どん底」を根城とする、船舶科の荒くれ者5人組。書き下ろし小説『カイゾク戦車』で、全員が船舶科の機関コースの2年生だと判明。「どん底」の店内には海賊や船にまつわるグッズが飾られている。このBARの内装は大洗町に実在するカラオケスナック「ドルフィン」がモデル。
 5人全てがカバさんチームのようなソウルネームを名乗っており、加えて海にちなんだ二つ名を有している。不良ではある一方で義理堅く、1年生の時に成績不振のうえ素行不良により退学させられそうになっていた自分たちを庇い、学園に残れるよう取り計らってくれた河嶋桃に大きな恩義を感じている。ちなみに、桃自身も成績の悪さで呼び出しを受けており、留年の危機に瀕していた。
 船舶科故に船や海のことには詳しい(上記のように教養科目の成績は散々だったが、専門科目は平均点を取っていた)が戦車には疎く、「陸(おか)の鈍亀」と呼んで見下していた。大洗女子学園に住んでいて戦車のことを知らないとなると、夏の廃校騒動を把握していたのかどうか、ひいてはその際にきちんと退艦していたのかすらも怪しくなってくるのだが……?(『もっとらぶらぶ作戦です!』では、その時は退艦しておらず、他の大勢の不良達も居残って学園艦教育局の辻廉太達に対して徹底抗戦の構えをみせていた)

 レーダーで探知された新たな戦車を探すべく、あんこうチームとそど子が艦底を訪れた際、見張り番のトカタババがそど子を拉致して「どん底」に連行してしまう(連行後のそど子は、鉄球付きの足枷を付けられ、倉庫の掃除をさせられていた)。その後すぐに「どん底」に来店したあんこうチームがそど子を連れ帰ろうとしたため、お銀以外の4人が立ちはだかり、そど子の身柄と戦車の情報を賭けてあんこうチームに勝負を挑んでくる。
 しかし、それぞれ自分たちが得意とする分野で勝負するも、悉くあんこうチームに完敗。これに逆上して実力行使に出ようとするが、お銀に制止される。あんこうチームの実力を認めたお銀が、に「ハバネロクラブ(激辛ノンアルコールラム酒)」の飲み比べ勝負を挑み、接戦の末敗れたため、約束通りそど子を解放する。
 その後、5人はみほ達から戦車の所在について尋ねられるが、「心当たりがない」「知らない奴を助ける義理は無い」と突っぱねようとする。しかし、みほたちの口から桃の名前が出ると態度が一変。校内新聞で自分たちの恩人である桃が窮地に陥っていることを知り、協力を申し出る。
 そして、BARのカウンターの奥にある部屋で、燻製器として使用されていた巨大な鉄の塊こそ、みほたちが探していた戦車・Mk.IVであった(当のお銀たちはその鉄塊が戦車だとは露とも知らなかった模様。ちなみに、そこで作られた燻製は絶品に仕上がっている)。5人組は桃に恩を返すために戦車道への参加を表明し、「サメさんチーム」(『カイゾク戦車』でみほが命名)を結成してMk.IVに搭乗することになる。
 整備に時間が掛かったため練習には間に合わず、他の戦車道メンバーとはBC自由学園との試合当日に初めて対面した(しかも列車ではなく船で戦車を運んだため試合会場まで会うことはなかった)。対面した際、荒くれ者の風貌からウサギさんチームが思わず「不良」「族」と言ってしまった時は、ラム、ムラカミ、フリントが凄んで脅かしていたが、お銀曰く「みんな口は悪いが仲間は大切にする」とのこと。

 使用するMk.IVは、第一次世界大戦イギリスで開発・実用された世界初の戦車Mk.I改の改良型。つまり、作中の試合に参戦している全ての戦車の中で最も古く、大洗女子戦車道初のイギリス戦車でもある。本来は8人乗りだが、改造されて5人乗りになっている。さらに、車体の上には海賊旗(マークは右目を隠すように帽子を被ったドクロに、骨ではなくボール付き孫の手とカッターナイフを交差させたもの)をデカデカと掲げている。
 余談だが、史実では日本は研究目的でMk.IVを1輌購入しており、靖国神社の遊就館で展示されていたが、戦後に行方不明になっている...まさかね?
 とにかく練習期間が足りなかったため、5人の戦車運用技術は素人同然(さらにMk.IV自体もかなり特殊なため格段に扱いが難しい)。しかしその一方、腐っても大洗3万人の命を預かる船舶科の生徒であるが故か、有事の際には優れたチームワークを発揮する。

戦績

対BC自由学園戦

  • 試合開始前に遅れて現れてチームと合流。
  • 登場した際、ウサギさんチームの(紗希を除く)あゆみ達4人が失言したことに怒ったラム、ムラカミ、フリントが4人に凄んでいた。
  • 試合開始当初は本隊の一員として行動。しかし、みほの直接の指示には従わず、桃を介した指示にしか従わない。
  • 途中、浅い河川を渡河する際、戦車の性能か操縦手の腕の所為か座礁してしまう。そこにウサギさんチームが背後から体当たりして座礁から助ける。その際、ムラカミは絡んで来たと勘違いして激怒するが、お銀に「あたい達を助けてくれた」と諭されると、すぐに謝罪と感謝を述べた。
  • 敵の罠に嵌って橋に孤立した際、桃(を介したみほ)の指示で「因幡の白兎作戦」を決行。長い車体を利用して橋の下への架け橋となり、孤立する大洗女子チーム本隊の全車輌を脱出させた。その際、差していた旗は外していた。
  • ボカージュ戦では、レオポンさんチームとウサギさんチームと共に行動し、お銀は車体の上に立って敵チームの所在を伝えた。
  • 終盤、カメさんチームと連携して、カメさんチームがマリーのフラッグ車をボカージュの出口まで誘き寄せると、車体で出口を塞いでフラッグ車を阻止し、勝利に貢献する。初出場で最後まで生き残る。
  • 試合後は、大洗港でボートに乗って釣りをしていたが、あゆみ達4人に1匹も釣れていないことを指摘されて再びラム達が激怒して4人に凄んだ。その間に、カトラスが何かを釣り掛けていたが、釣れたかは不明。


余談

 最終章1話パンフレットの裏表紙は、彼女らの登場を予告するかのようにサメが中央に大きく描かれたデザインであるが、このデザインの元ネタは、構図やフォントの似せ方から、少年とシャチの友情を描いた1993年公開のアメリカ映画「フリー・ウィリー」の日本版ジャケットと思われる。
 また、大洗町にある水族館アクアワールド・大洗は、日本一のの飼育数・種類数を誇り、鮫が水族館のシンボルとなっている。

関連イラスト

ガルパン最終章
サメさんチーム!


サメさんチーム
サメさんチーム



関連タグ

ガールズ&パンツァー 最終章 大洗女子学園 船舶科 不良 海賊
お銀(GuP) ラム(GuP) ムラカミ(GuP) フリント(GuP) カトラス(GuP)
Mk.IV 河嶋桃

関連記事

親記事

大洗女子学園 おおあらいじょしがくえん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サメさんチーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2263145

コメント