ピクシブ百科事典

カメさんチーム

かめさんちーむ

アニメ『ガールズ&パンツァー』に登場する、大洗女子学園の戦車道履修チームである。
目次[非表示]

データ

チームデータ

チーム標章
ガールズ&パンツァー 標章 カメさんチーム
通称生徒会チーム
使用車輌38(t)戦車B/C型 → 38(t)ヘッツァー仕様
チーム方針目指せ!優勝!


メンバー

ポジション氏名備考
リーダー・戦車長・通信手角谷杏生徒会長
操縦手小山柚子生徒会副会長
砲手・装填手河嶋桃生徒会広報 / 大洗女子学園副隊長


解説

 県立大洗女子学園戦車道チームのひとつで、3年生の生徒会役員3名で構成されるチーム。
 本編開始の少し前、学園艦教育局の担当官から、文科省の学園艦統廃合の方針により大洗女子学園の廃校が決定されたこと聞かされ、廃校を阻止するべく実績を打ちたてようと、大洗女子では廃れていた「戦車道」を復活させ、全国大会優勝を目指す。
 学園内で唯一の戦車道経験者である転入生・西住みほに目を付け、強引な手段を使って戦車道を履修させようと画策。それ以外にもより多くの生徒に履修させるため、豪華な特典(遅刻見逃し200日、授業の3倍の単位など)を用意した上に大掛かりなプロモーション活動を行った。
 3年間を過ごすはずだった学校を失いたくないという思いは大洗チームの中で誰よりも強く、その一方でチームには余計なプレッシャーをかけまいと廃校のことを隠していたが、プラウダ戦で追い詰められたことで切羽詰まった桃が暴露し、廃校回避はチーム全体の目標となる。

 大洗チームの中では唯一の軽戦車である38(t)戦車に搭乗。が戦車長・通信手ということになっているが、当初の杏はほとんど仕事をせず、砲手・装填手のが戦車長と通信手も兼ねていることがほとんど。その桃がトリガーハッピーかつノーコンであるため、全国大会の1回戦まで目立った戦果は上げていない。
 しかし、プラウダ戦で杏が砲手としての才覚を発揮しはじめてからはがらりと変わり、ゲリラ戦や敵陣撹乱など、軽戦車の特性を生かした戦闘を繰り広げるとともに、みほの指示する大胆な作戦も、杏の豪胆さと桃の空元気、柚子のおっとりペースを糧に何とかこなしていく。

 『エンカイ・ウォー』では、チーム対抗かくし芸大会で白鳥の湖を披露。高度なバレエ技を見せたが、主催した自分達が1位になったこと(おまけに景品まで生徒会仕様であったこと)に他チームは納得いかずに抗議していた。
 各人の名前の由来は、地形+果物からと推測される。ちなみに3人とも茨城県水戸市の出身。

 『劇場版』では、学園艦下船前夜、生徒会の書類を大切な思い出として出来るだけ持っていこうとした。なお、杏は会長の椅子を持っていくと頑なに宣言していた。
また、大洗チームの戦車が文科省の手に渡るのを阻止するため、偽の紛失届を作成し、ケイに頼んで預かってもらうように依頼していた。
 学園艦下船後は、杏が内緒で廃校撤廃に動いている間、桃と柚子は杏を信じて泣きごとを言わずに今まで通りの業務に励み気丈に振舞った。そして、杏が帰還した時は放送で全戦車道チームを集め、大学選抜チームとの試合を発表し、勝てば学園を奪還出来ることを伝えた。
 劇場版のノベライズでは、自分達の後任となる生徒会役員を模索しており、生徒会長有力候補としてみほをエキシビションマッチの件で呼び出して見定めるが、生徒会長としては少し頼りなく、戦車道に専念させた方が良いという理由で候補から外している。逆に他のあんこうチームのメンバーに目を付けている。
 『愛里寿・ウォー』では、島田愛里寿が高校生活を送ってみたいために大洗女子学園に見学しに来ると聞いて、彼女を入学させるべく必死に学校をアピールしようとしていた。最終的に入学を承諾してくれそうだったが、みほと戦えなくなることで入学を断られてしまう。
 杏と柚子は仕方ないと諦めたが、桃は諦めきれず思わずみほに向かって「お前が転校しろ!」と言ってしまう。なんという恩知らず…

 『選挙活動します!』では、3人とも生徒会を引退することを表明し、次期生徒会長に五十鈴華、副会長に秋山優花里、広報に武部沙織を指名している(一応選挙は行われたのだが、立候補していないあんこうチームへの投票ばかりだったため無効になっている)。

戦績

校内練習試合戦

  • つり橋を渡っているあんこうチームを、カバさんチームアヒルさんチームとは反対の岸から挟撃しようと接近。
  • あんこうがカバさん・アヒルさんを撃破した隙をついて突撃するも、砲撃を大きく外してあっけなく撃破された。ふっふっふっ…ここがお前らの死に場所だ!……死に場所になったのはこちらでした。

対聖グロリアーナ女学院戦

  • あんこうチームを囮にした待ち伏せ作戦を敢行するも、聖グロを引き連れてきたあんこうチームを桃が敵車輌と誤認し、砲撃を開始(この時点で待ち伏せ作戦は意味をなくしている)。撃ちまくっている最中に履帯が外れ、移動するチームから取り残される形に。それでも撃ち続けるのであった。
  • 履帯を修理して交戦区域に急行し、あんこうチームのピンチに颯爽と参上。しかし零距離での砲撃も見事に外し、4輌がかりの返り討ちに遭う。桃ちゃんここで外す…?
  • 強いて戦果を挙げるなら、逃走するあんこうチームの盾となったことくらいか。試合終了後は敗北の連帯責任ということで、あんこうチームを連れてあんこう踊りで市中を回る。

対サンダース大学付属高校戦

  • フラッグ車として参加。敵フラッグ車を追跡しながら自らも追われるという展開になり、後方の追撃部隊に一発ぶちかますも、避けられる。当たってないよ桃ちゃん…。

対アンツィオ高校戦

  • 今回もフラッグ車として参加。あんこうチームとカバさんチームに守られながら行動する。
  • 終盤、囮になってアンチョビが搭乗するアンツィオのフラッグ車・P40を誘い込み、待ち構えていたあんこうチームに撃破させて勝利に貢献する。
  • 今回の砲撃も……察して下さい…。

対プラウダ高校戦

  • 後半から砲手を杏に、桃を装填手に専念させるようにポジションを変更し、さらに他チームを逃がすために自ら囮役となって単独突撃。
  • 敵陣地の突破時には先頭を走り、杏の読みと柚子の的確な回避行動で擦れ違い様にT-34を1両撃破。さらに本隊が逃げるための時間稼ぎに3両のT-34IS-2を相手取り、IS-2を除くT-34を2両撃破、1両を走行不能にする活躍を見せる。乗員それぞれが本領を発揮した局面であり、視聴者にも「生徒会無双」として印象の強い場面。
  • 目の覚めるような活躍の直後、本隊に合流しようと撤収したところへノンナの長距離砲撃を受け、車体をひっくり返され撃破されるという見事なやられっぷりできっちりオチをつけた。

対黒森峰女学園戦

  • 決勝戦の黒森峰戦では、集まった義援金で改造キットを購入し、38(t)をヘッツァー仕様に改造(※)。みほが率いる本隊とは離れてゲリラ戦術をこなし、「おちょくり作戦」で黒森峰チームの陣形を大きく掻き乱す。
  • 超重戦車マウスが現れた時は、マウスの下に潜り込んで車体を浮かせるという無茶苦茶な作戦に従事。さらには自身を踏み台にアヒルさんチームの八九式を登らせ、マウスの回転砲塔を封じ込めることに成功する。
  • あんこうチームによってマウスの撃破に成功するが、さすがにマウス(188t)と八九式(12.7t)合わせて約200tの超重量に耐えきれず、エンジンが煙を上げてリタイア。後事を残存するチームメンバーに託す(もっとも砲塔もひしゃげており、もし耐えられたとしても戦闘参加は不可能だったが…)。
  • 余談ではあるが、普通乗用車(約1~1.5t)の少なくとも10倍以上の重量を持つ戦車や重機が上に乗ったら、普通乗用車は紙風船を拳で潰すかのように簡単にペシャンコになる。ヘッツァーは15.75tなので、上記の作戦中は単純に考えて、自身の約12.7倍の重量がのしかかっていたことになる。これに耐えられたのは搭乗員保護用の車内のカーボンコーティング(実際のカーボンと比べると異常なまでの高性能を度々発揮している)があってこそだろうが、さすがにヘッツァーでマウスを浮かせ、そこに八九式も乗っかって攻撃を封じ込めるという予想の斜め上をいくケースは想定外だったからか、カーボンがボロボロはがれている。

大洗エキシビションマッチ

  • 今回は再び砲手を桃に戻し、杏は戦車長に戻ってサボりに徹する。桃のノーコンは健在で、ヘッツァーでは不可能な方向に砲弾を飛ばすなどしていたが、それでも包囲していた聖グロが攻勢を強めるや撤退を即決するなど、実戦ではだいぶ冷静に振る舞えるようになった。
  • 大洗町役場の防衛線崩壊後は、カモさんチームと協力してヘッツァーの上にルノーB1bisを乗せて俯角をとらせ、トンネル下を通過するアリクイさんチームを追っていたT-34/76を上から砲撃させて撃破するといった奇策を披露。
  • 試合終盤には、大洗チームの砲手で唯一撃破記録がないことに焦る桃が、執念のような気迫で闇雲に撃ちまくる有り様。あらぬ方向に飛んだその中の一発が、あんこうチームを倒そうと飛んで来たローズヒップクルセイダーMk.IIIに命中し、なんだかんだで念願の初撃破を達成する。

対大学選抜チーム戦

  • 今回は砲手を杏に戻している。大事な一戦だから仕方がないが…
  • ひまわり中隊に配属し、序盤は斥候として「203高地」に進行しのちに確保するが、カール自走臼砲の砲撃を受けて陣形が崩れて敵の攻勢が始まったためやむなく撤退する。
  • カールの捜索のためにどんぐり小隊に組み込まれ、それを発見し撃破するために「殺人レシーブ作戦」を実施する。継続チームが囮となって護衛のM26パーシング達を引き付けているうちに石橋からカールに突撃する。
  • アヒルさんチームによって投げられるが、失敗して横転しているアンチョビ達に履帯を回すように指示する。命令されて渋るアンチョビを「干し芋パスタ」を作ってやると言うとあっさり承諾して履帯を回してもらい、それをカタパルトのようにその上を通ってジャンプしてカールに向かって突撃し、砲身の中を撃ち抜いてカールを撃破する。
  • 遊園地跡地へ後退後は、最初は南正門の防衛に就いていたが、囮と気付くと東通用門から侵攻して来る敵主力の迎撃に向かう。
  • 野外音楽堂の包囲網突破後は、あんこうチームと行動して生垣の巨大迷路に進入。あんこうチームとアンチョビ達と連携してわざと袋小路に入ったあんこうチームを追いかけていたパーシングを待ち伏せて撃破する。
  • 終盤では、アリクイさんチームと行動していたが、背後から愛里寿のセンチュリオンの砲撃を受けて撃破される。固定砲塔だったため、一切反撃できなかった。
  • エンディングでは、フェリーのレストランで食事をとっていた。その際、桃は今までの重圧から解放されたのかぐったりとしていた。


余談

 38(t)戦車ヘッツァーは足回りが非常に似てはいるものの、シャーシサイズや転輪など各部品の大きさが違うだけでなく、自走砲用にレイアウトをリアエンジンからミッドシップに変更したM型シャーシ(この頃はすでに軽戦車として完成する38(t)式はなく、最初からヘッツァーやグリレの共通シャーシとしての生産だった)になっていた。このため実際に38(t)戦車からヘッツァーに改造された車両は存在しない。
 というか魔改造にもほどがある(まぁ彼女らの腕なら理解できなくもないか?)。

メンバー構成

 とりわけ大事なことなので、説明せねばなるまい。実はこの3人のメンバー構成は、タイムボカンシリーズ』の三悪がモデルとなっており、事実悪いことはしないものの、彼女たちの立ち位置や負けっぷりは、どこかあの三人組を思わせる演出が多い。実際に、キャラクター原案の島田フミカネ氏が、その様に述べている。
 だとすれば、その『タイムボカンシリーズ』の三悪の中で最も人気の高いドロンボーで、この3人の立場を例えるなら、

  1. 杏=ドロンジョ
  2. 柚子=トンズラー
  3. 桃=ボヤッキー
といった感じになる。

 なお、ニコニコ動画では、この事をネタに、タイムボカンシリーズのOPとEDのパロディ動画が公開され、かなりの人気を集めている。その動画の視聴はこちらから。

関連イラスト

秋のカメさんチーム
カメさんチーム


38(t)
なかよしカメさんチーム


関連タグ

ガールズ&パンツァー 38(t)戦車 ヘッツァー
角谷杏 小山柚子 河嶋桃 生徒会

三悪 - この3人の実のモデル

pixivに投稿された作品 pixivで「カメさんチーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1477378

コメント