ピクシブ百科事典

P40

ぺさんてよんじゅう

イタリア陸軍が第二次世界大戦時に開発した唯一の重戦車である。尚、イタリアでの名称はカルロ・アルマートP26/40である。
目次[非表示]

戦闘機の場合はP-40を参照

概要

開発経緯

1930年代半ばより急速に進められたイタリア陸軍の機械化は、1930年代末になってもCV33が主力であり1939年にようやくM13/40中戦車の試作車が完成した状況だった。1940年に重戦車を求めるムッソリーニの強い要求に従い、設計開始されることとなる。

開発

当初の計画を重量25t級で75mm砲を装備するものであったため、P26という名で1940年に設計開始された。しかし、初の重戦車であったために設計は難航した。当初予定していたフィアット社製ガソリンエンジンの開発に失敗し、加えてイタリア軍参謀本部(Stato Maggiore)はディーゼルエンジンの搭載を要求してフィアットともめることとなり、1941年末になってようやく試作1号車(短砲身砲搭載)が完成した。短砲身砲は対戦車戦闘に不向きであることがイタリア軍やドイツ軍の戦訓で判っていたため、試作2号車には32口径75mm砲が搭載され、量産型は更に長砲身の 34口径75mm砲搭載となっている。搭載されたエンジンはV12型ディーゼルだったが、このエンジンも不調なことが多かったようだ(ちなみにこのエンジンはソビエトの T-34中戦車に搭載されていたもののコピー製品であった)。

量産

陸軍は500両の生産発注を行ったが、量産型の生産に着手したのは1943年に入ってからのことであり、イタリア降伏までに21両が完成したにすぎなかった。ドイツ占領後、工場には未完成の車両や200両分の資材が残されていたため、ドイツ軍はこれらを接収して生産を継続、ドイツ降伏直前までに約100両が製造されている。

評価

接収して生産を継続したドイツ軍も当戦車搭載のディーゼルエンジンの不調には泣かされたようである。ドイツ製のマイバッハエンジンに換装する計画もあったのだが戦争末期だったため充分な数のエンジンが行き渡らず、大半は従来のディーゼルエンジンのまま使用された。またエンジン無しのものも相当数が完成しており、これらは車台に搭載されなかった砲塔とともに防衛線用固定トーチカとして使用された。

重戦車とは言うものの、旧態依然としたリベット接合の装甲はその素材も世界水準のものに比べて粗悪(割れやすい)で、実際にはカタログスペック上ですらM4シャーマンやIV号戦車長砲身形といった“中戦車”に劣っていた。

関連タグ

イタリア 戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「P40」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 236920

コメント