ピクシブ百科事典

T28重戦車

てぃにじゅうはちじゅうせんしゃ

第二次大戦中にアメリカ陸軍が試作した重戦車。
目次[非表示]

概要

T28はマウスのようなドイツ軍重戦車への対抗として設計され、また重防御されたドイツ軍のジークフリート線に対する攻撃をも企図して準備されていた。(ジークフリート線は実際には存在せず、連合軍は情報に踊らされていた。)

最初の発案は1945年春であったが、第二次世界大戦に投入するにはあまりにも遅すぎた。この計画の当初の名称はT28であった。パシフィック・カー・アンド・ファウンドリー社はヨーロッパ戦線における最後のひと押しのために本車を設計したが、試作一号車が完成し、投入準備を終えたころには戦争もまた終わっていた。当初の計画では試作車両を5輌生産する予定であり、最終的には合計25輌の戦車が組み立てられるはずであった。

T28は砲塔を装備せず、主兵装である高射砲を転用した67口径105mm砲を収めるケースメート方式の戦闘室を構築しており、自走砲突撃砲により似通ったものであった。そこで本車は1945年にT95自走砲へ改称された。しかし1946年6月、この車輛は再びT28へと改称された。この経緯には本車の性格に関する議論があったが、本車の実質は戦車でも自走砲でもなく、ドイツ軍における駆逐戦車の様式に沿う重戦車駆逐車であり、ドイツ軍重戦車と戦うことを意図していた。

自重は90t近くもあり、これを支えるために履帯とM4シャーマン戦車でも採用されたHVSS懸架装置を複列に並べており、運搬時や良路走行時には外側の履帯を懸架装置ごと取り外し、外した複帯を自車で牽引するか牽引車を用意して運ぶ、という常軌を逸脱した設計が取り入れられていた。それでいてエンジンはM26パーシングと同じ500馬力のフォードGAFガソリンエンジンでり、最高速度13km/h(路上)と機動性はあまりにも劣悪であった(自重約42tのM26パーシングですらこのエンジンでは非力と言われていた。)

2種類のT28の試作車輛が製造された。これらの車輛は1947年までアバディーン性能試験場およびフォート・ノックスの施設で審査を受けた。1947年、T28のうち1輌がユマ試験場において試験走行中にエンジン火災を起こし、重大な損傷を受けて廃棄された。もう1輌のT28は解体された後にスクラップとして売られることが報告された。

T28が配備されることは全くなかった。なぜならT28の開発と審査は、砲塔装備の重戦車設計であるT29重戦車(M26の拡大版)とT30重戦車に追い越されたからである。T29は本車と同口径の砲を装備し、T30はより大口径の砲とさらに強力なエンジンを搭載して開発されていた。このため、T28の開発計画は1947年10月に終了した。

結局本車は、アメリカの重戦車開発のテストベッドとして終わったのであった。

現在、1両のみ残存する車両がフォートベニングに保管されているが、当車両は1974年に一人の中尉が装備品の棚卸し中に不審に思い捜索し、何故かバージニア州のフォートベルボア陸軍基地のバックヤードに野ざらしで放置されていたものを再発見したもので、当車両が1947年の試験終了時からの27年間をどのように過ごしていたのかは一切わかっていない


注意

「T-28」と書くと、ソ連多砲塔戦車になってしまうので注意。→T-28
こちらは多砲塔戦車としては比較的量産化が行われており、実戦参加もしている。
中にはフィンランド軍鹵獲されて1950年代まで使われた車両も…。

関連タグ

戦車 重戦車 超重戦車マウス
アメリカ軍

トータス重駆逐戦車
イギリス製の似たようなコンセプトの戦車

ガールズ&パンツァー:劇場版において大学選抜チームの使用車輌として登場。南北戦争時代の軍歌「When Johnny Comes Marching Home」をBGMに硝煙の中から現れ、圧倒的な防御力とギミックで大洗連合チームの生徒たちと映画視聴者の度肝を抜いた。

pixivに投稿された作品 pixivで「T28重戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13170

コメント