ピクシブ百科事典

イタリア社会共和国

いたりあしゃかいきょうわこく

イタリア社会共和国(Repubblica Sociale Italiana)は、ナチス・ドイツが占領したイタリア北部に設置したファシストの傀儡国家。
目次[非表示]

※現時点で略称RSIの方が多いですが、ひとまず正式名称で作成しました。
 イタリア社会共和国、略称RSI、俗称「サロ共和国(Repubblica di Salò)」は、1943年9月にナチス・ドイツの占領下に置かれたイタリアの北部・中部に成立したファシスト傀儡政権(Pauley, Bruce F. (2003), Hitler, Stalin and Mussolini: Totalitarianism in the Twentieth Century Italy (2nd ed.), Wheeling: Harlan Davidson, с. 228)。国家は1943年9月23日から1945年4月25日までドイツ陣営として、枢軸国として存続した。政府所在地はガルダ湖畔のサロ(1944年以降はミラノ)で、国家元首は1943年7月25日に解任されたイタリアの独裁的な主席宰相ベニート・ムッソリーニだった。共和国はイタリアに成立した第二にして最後のファシスト国家で、1945年4月29日、イタリア北部に展開していたドイツおよび共和国イタリア戦力の降伏文書が調印・発効し、同年5月2日の夜、その存在を停止した。

公用語イタリア語
首都法律上、ローマ 事実上、サロ(後にミラノ
中央官庁所在地サロ(1943~1944)→ミラノ(1944~1945)
国家形態共和制独裁制
統治システムファシスト一党制
面積およそ16万7600平方キロメートル(1943年)→9万8500平方キロメートル(1944年末)
総人口およそ2660万人(1943年)→およそ1730万人(1944年末)
貨幣法律上、共和国リラ 事実上、イタリア・リラ
設立1943年9月12日
存続期間1943年~1945年
国歌ジョヴィネッツァ」(Giacomo De Marzi, I canti di Salò, Fratelli Frilli, 2005)
国民の祝日9月23日(1943年の国家の成立)

前史

 1943年7月10日、ハスキー作戦により連合国シチリア島侵攻が開始された。7月22日、パレルモが占領され、その後7月25日、ファシスト大評議会(Gran Consiglio dell' Fascismo)は最高国家機関としてムッソリーニへの不信任を提示し、それによって彼を実質的にドゥーチェとしての地位から退けた。ムッソリーニが、イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世を、彼の主席宰相としての地位からの解任を申し出るべく訪問した際、彼は逮捕され、軍への最高司令権を放棄することと、ピエトロ・バドリオ元帥に新たな軍事政権の形成を委託することを強いられた。バドリオ元帥は即座に国家ファシスト党(Partito Nazionale Fascista, PNF)およびその支部すべての法律に基づく解体を宣言した。1943年9月8日、ムッソリーニの後継バドリオは、現職の主席宰相として連合国との単独の停戦を締結した(カッシービレの停戦)。その後、北部イタリアとその他の地域のドイツ国防軍による占領が行われた(„Fall Achse“、「枢軸作戦」)。染料は、イタリアの「枢軸」からの最終的な離反を防ぎ、戦争上重要な北部イタリアの工業地帯を確保するために行われた。

RSIの設立

 親衛隊高級中隊指揮官オットー・スコルツェニー麾下のSS猟兵に同行され、ドイツの落下傘猟兵は1943年9月12日、「柏作戦」によってムッソリーニをアプルッツォ州のグラン・サッソでの拘束から救出することに成功した。
 退けられた独裁者はミュンヘンから、その間に一連の事件の結果解体されていたファシスト党(Partito Nazionale Fascista, PNF)の再編を宣言した(Conrad F. Latour: Südtirol und die Achse Berlin - Rom 1938-1945, S. 118)。ムッソリーニがイタリア戦闘ファッシの本来の1919年の党綱領に、共和主義的な、そして、それよりは小さな社会主義的な内容に親和性のある要素を伴う改訂を加えた後、彼は北部および中部イタリアでも良好に受信が可能なミュンヘンの放送局で、1943年9月18日、間近に迫るイタリア社会共和国の設立を宣言した(Gianluca Falanga: Mussolinis Vorposten in Hitlers Reich: Italiens Politik in Berlin 1933–1945, S. 229)。
 イタリアにおける新たなファシスト国家は当初、ドイツ帝国および大日本帝国にのみ承認され、後にブルガリアフィンランド満州国ルーマニアスロヴァキアハンガリーといった他の枢軸同盟国からも承認された。その他、サンマリノスイスといった若干の中立国も承認を行った。ヴァチカンも短い躊躇の後、RSIを外交的に承認した。
 新たな政府の設立会議はローマにあるドイツ大使館において行われた。まだドイツにおり、従って個人的に出席していなかった(アレッサンドロ・パヴォリーニが代行した)ベニート・ムッソリーニは、国家元首、閣僚会議議長、そして外務大臣に任命された。新たに作られた「共和ファシスト党(Partito Fascista repubblicano, PFR)」はアレッサンドロ・パヴォリーニに率いられることになった。
 その中の最初の外交的な(恐らく何よりも最初の)行動の一つは、国土の南部により広く存在しているイタリア王国への宣戦布告だった。ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の下の、そして連合国の後援を受けるイタリア王国は、RSIを公式には承認しなかったものの、事実上の国家承認と同等の、宣戦布告によって反応した。
 1943年9月27日、RSI政府はガルダ湖畔のサロを新たな所在地として適用した。新たな官庁施設は大部分が直接の近隣へ居を構えた。土地の選出は戦略的に好都合な状況によるものだった。近くには多数の、引き続きRSIおよびドイツ人のために生産を行う、兵器工廠(その中にはガルドーネ・ヴァル・トロンピアのベレッタも含まれる)、製鋼所、鉄鋼加工産業が存在していた。また利点となっていたのは、ドイツ国境に近い、重要な工業センターの一つであるミラノが近くにあることだった。国土はアルプスに守られ、フランスからもアドリア地域からも十分に遠ざかっていた。サロ(そして同様にミラノ)はそういった事情からイタリアの最後の領土の心臓部にあり、生産と貿易を、その後者がしばしば大部分がドイツ帝国とのものであったにせよ強行することが可能な環境にあった。

国土

 RSIはイタリアの全領土を、イタリアがドイツ側の国として参戦した1940年の国境線に相当する、北西部やイタリア諸島も含めて要求していた。
 事実上、国土はイタリア半島の、ドイツ国防軍によって占領される限りを包含した。当初、戦線はローマの南にあった。イタリアの首都は、ムッソリーニの希望によって、戦線に近いという理由からもはや政府所在地ではなくなり、法律上のRSIの首都であるとみなされた。RSIの国土内にある、いわゆる作戦区域においては、RSIの官庁の管理が及ぶことがなかった。

作戦区域

 アルプス主稜線は、すでに1943年9月12日、ドイツによってアルプス前山作戦区域(南チロル、トレント、ベッルーノ)およびアドリア沿海地方(ウーディネ州、ゴリツィア、トリエステ、プーラ、そしてフィウーメ)に纏められていた。それらは公式には継続してイタリア社会共和国に所属していたが、ドイツの軍政が布かれた。隣接するドイツ帝国のチロルおよびケルンテン大管区長官、ヒトラー直属のフランツ・ホーファーおよびフリードリヒ・ライナーがそれらの長を務めた。後にスイスおよびフランス国境に接する北西アルプス作戦区域が加わった。トリエステには特殊協定が特許として認められた。
 ライナーは、知事や市長をドイツの「顧問」に従属させ、様々な名前で占領者として行動中のイタリア人スロヴェニア人、クロアチア人の地方の民兵の出撃のための規則を作った。ファシスト民兵の様々な部隊はSSの勤務に充てられ(この場合、彼らは共和国国民民兵の代わりに領土防衛民兵の名を冠された)、さらに様々な警察部隊が加わり、彼らは特に逮捕に充てられた。

パルチザン地域

 連合国軍の進出により、1944年末にRSIの国土はイタリアの北部から成り立っていた。戦争の最後の数か月、ファシストの統制下で存続していた領土の戦力範囲は、パルチザンの地域的活動によって減少していた。

国家機構

 イタリア社会共和国は、引き続きファシストの一党制国家として成り立っていた。Partito Nazionale Fascista(PNF)が解体されたのち、ムッソリーニは新たなファシスト党、Partito Fascista Repubblicano(PFR、「共和ファシスト党」)を創設した。最高国家機関は社会共和国閣僚議会(Consiglio dei Ministri)で、その際ムッソリーニは国家元首、内閣主犯、また外務大臣を務め、事実上無制限の権力を所有した。
 国家は憲法の欠如により(イタリア王国にとってと同様に)事実上の政府という地位を持ち、事実上執行権の基盤によってのみ統治した。ドイツ帝国によって当初要求された憲法は確かに完成されたが、しかし代表者の議会によって議決されたものではなかった。1943年10月13日、その中で国家権力が国民を基盤とするという憲法を完成する直接の憲法制定会議の近日中の招集が告知された。しかし、すでに1943年11月14日にヴェローナで開催された最初の会議の後、ムッソリーニが連行されたことで延期され、彼はこの会議を戦後に改めて招集すると決定した。
 イタリアが大国として以前にドイツの同等の、自主的な政治を行う同盟者としての地位を持った一方、サロ共和国はむしろ傀儡国家だった。1943年以前はイタリアのファシスト政体に受け入れられなかった、いくつかの大ドイツ帝国のユダヤ人法が導入されることになった。
 それでもなお、イタリア社会共和国は、内政の分野において最大のフリーハンドを有していた点で、事実上の能力ある国家としてみなされねばならない。社会共和国は国家の典型的なメルクマールとして、例えばいくつかの通貨、郵便制度、登録標識(1945年以後も有効だった)、ラジオ放送、郵券、立法、公の行政、裁判権を持っていた。無論、多くの公共機関は部分的、もしくは完全に軍事的な構造を付与されており、例えば消防士(Vigli del Fuoco, V.d.F、多くPompieriと呼ばれた)は絶えず武装し、その職員は誰でも出動の際、銃を背に負った下士官が後を追った。いくつかの警察部隊(Guardia Nazionale Repubblicana, G.N.R.)は、依然として継続する財務警察(Guardia di Finanza, G.d.F)、およびまた別の小規模な共和国警察という名で存在した。後者は公安に由来し、多くの年において優勢を保った(今日の国家警察の前任)。同様にRSIはいくつかの諜報機関も定めた。社会共和国は、ムッソリーニがカラビニエリを当初彼の命令で解体し、GNRで代用していたため持たなかった。リビアからのイタリア領アフリカ警察(Polizia dell'Africa Italiana, P.A.I)は、イタリアがその植民地をすでに喪失し、この組織の残りがGNRや他の部隊に統合されていたが、継続して公式に存在していた。
 国家規模の軍国主義の強行は、度重なる行進や軍事パレード以外でも発揮され、実際的に公共生活のあらゆる領域に効果を及ぼした。一貫して、すべての公務員は制服を着せられ、学校でも制服が義務づけられた。1944年3月、ミラノ交通企業体(ATM Milano)の市電とトロリーバスの罷業により、運転士と車掌は、運営を維持するため兵士たちと黒シャツ隊に取って代わられた。似たような軍人の投入は、その後も兵器生産の持続のため行われた。
 イタリア社会共和国の政体は、どの観点においても、1943年以前のイタリアのファシスト政体より急進的、非妥協的で、事実上乃至想像上の政治的な敵対勢力ならびにパルチザンに対する過酷で抑圧的な迫害によって注意を引いた。新聞は厳しく検閲を受け、かつてのトリエステの精米所が政府の敵に対する強制収容所として使用された(リシエラ・ディ・サン・サッバ)。少なからぬ歴史家が、RSIの政体を時折「急進的ファシズム」と呼び表している。イタリアのパルチザンの間では、RSIはLa fascistissima Repubblica(最もファシスト的な共和国)と呼んだ。

ドイツの占領政策

 ドイツ人はバドリオの1943年9月の反ヒトラー連合との停戦により、新たな北部のイタリア政府の機関すべてに対する強い不信を懐いた。まず経済的状況、増大する住民の厭戦気分、そして強まる解放運動によって、時の経過とともに能率が落ちたことは、自分の司令部を持つ歩兵大将ルドルフ・トゥーサン麾下のドイツ軍行政官庁による、更なる執行権の行使をもたらした。占領された領土は可能な限り、ドイツの戦争経済のため搾取された。極めて重要なことは、イタリアの軍事捕虜が、RSIの新戦力に加わっていない限り、強制労働従事者として使用されたことだった(1943年9月8日の停戦後に捕らえられたイタリア軍兵士がこの状況に置かれた)。1944年夏、42万人以上が強制労働に投入され、一部はドイツにおける労働へ送られた。270キロメートルのヴィアレッジョからリグリア海のペーザロに伸びるゴート線の要塞建築のため、5万人のイタリアの強制労働従事者が国防軍とトート機関により投入された。

イタリア人戦争捕虜の取り扱い

 1万1400人のイタリア軍勤務者が国際法に反した犯罪的命令で落命した。4万4720人のパルチザンが、特に国際的に認められた規定を無視されて戦死した。9180人の男、女、子供の市民が殺された。多くの、そして推定される重要な犯罪は資料によって裏付けられているが、すべてではない。そこから数はさらに高くなると考えられる(Gerhard Schreiber: Deutsche Kriegsverbrechen in Italien. S. 8.)。
 イタリア軍指揮官は、その兵士たちが短時間で国防軍に武器を引き渡し、降伏させることに成功しなかった場合、非正規軍として射殺された。ハーグ陸戦規定により、これらの兵士たちは武装解除を行うべき交戦相手として認められていたものの、非正規軍として扱われてはならなかった。これはヨーロッパ南東部の将軍の戦争犯罪を告発する捕虜裁判で明確に立証されている。
 ヒトラーの命令で、国防軍のいくつかの士官は、武器の引き渡しが行われ、捕虜となった際、イタリア人部隊を射殺した。ケファロニア島で、第1山岳師団はすでに武装解除した5200人のイタリア兵を処刑した(ケファロニアの虐殺)。類似したイタリア人への大量処刑はアルバニアユーゴスラヴィアで発生した。そのうえ、武装解除に抵抗した戦争捕虜へのイタリア領内でのドイツ人による殺人も生じた。
 1944年3月4日の「弾丸布告」では、繰り返し捕らえられた捕虜になって逃亡した士官と、勤務中でない下士官がゲシュタポに引き渡されることが予定されていた。ゲシュタポによって彼らはマウトハウゼン強制収容所に送られ、そこでうなじを撃ち抜かれ射殺された。大人数だった場合、ガス殺された。
 第22山岳兵団を指揮した将軍フーベルト・ランツの命令が述べているのは、市民の中で発見されたイタリア兵が形式抜きに射殺されるということだった。彼はそれによって、戒厳令の最も基本的な規則を無視している。
 1943年、ギリシア諸島から本土へと送り出された、過重負担をかけられた汽船の中で、1万3000人を越えるイタリア人捕虜が溺死した。船内の救助手段の有無についての配慮が欠落したこの命令は、極めて重要な戦時国際法違反を示している。
 ドイツ海軍最高指揮官、海軍元帥カール・デーニッツは、潜水艦の指揮官とその他のイタリア海軍の役職にある人々を、ドイツ海軍に対する戦闘行動に責任がある場合、即決裁判で有罪と判決されるよう命じた。この命令は、彼の部下たちに戦争犯罪に手を染めることを求めている。
 イタリア軍の60万人ほどの兵士が武装解除され、収容所に収監され、ドイツ帝国領内へ強制労働のため連行された。
 彼らは「軍事的被収容者」と位置づけられ、国際法で守られる戦争捕虜の地位を認められなければならなかった。彼らはまとめて「裏切り者」とみなされ、それゆえ時として東方労働者よりも劣悪な扱いを受けた。終戦までに彼らのうち4万から4万5000人が死亡した(Gerhard Schreiber: Die italienischen Militärinternierten im deutschen Machtbereich 1943–1945, Oldenbourg, 1990, S. 507.)。
 生存者は1944年に市民の捕虜の地位に格上げされ、その後に状況が向上した(Gerhard Schreiber: Militärsklaven im Dritten Reich. In: Wolfgang Michalka (Hrsg.): Der Zweite Weltkrieg. Analysen, Grundzüge, Forschungsbilanz. Hrsg. im Auftrag des Militärgeschichtlichen Forschungsamtes. München 1989, ISBN 3-932131-38-X, S. 764 ff.)。

ユダヤ人迫害

 ドイツ軍の入城により、イタリアにおけるユダヤ人迫害は新たな次元を迎えた。1943年9月、第1SS装甲師団「アドルフ・ヒトラー親衛連隊」はラゴ・マッジョーレの虐殺において、マジョーレ湖に逃亡していたユダヤ人の家族を殺害した。10月及び11月、「ユダヤ人活動」がより多くの大都市で行われた。ローマのゲットーでは1200人が逮捕された。RSIは特に抵抗しなかった。1943年11月14日、新たな共和ファシスト党はその公約においてユダヤ人を敵であると宣言した。それによりかれらは事実上の彼らの国籍を失い、最後に残っていた権利を喪失した。2週間後、新たな内務大臣グイード・ブッファリーニ・グイーディは全ユダヤ人の強制収容所への収容と資産の国家への没収を命じた。ユダヤ人はイタリアの治安部隊に逮捕されるようになり、収容所へと移送され、その後彼らの移送を組織するドイツ人に引き渡された。多くの輸送はテレジーン、一部はアウシュヴィッツへと向けられた。ユダヤ人はほとんど戻らなかった。多くの被逮捕者は、密告によるものだった。一方、少なからぬユダヤ人が姿をくらました。ローマでは、4000人以上のユダヤ人がヴァチカンカトリック教会施設に避難所を見出した(Thomas Schlemmer, Hans Woller: Der italienische Faschismus und die Juden 1922 bis 1945. Vierteljahrshefte für Zeitgeschichte, München 2005, S. 164–201)。

抵抗運動と解放

 パルチザン運動は、南部の連合国の包囲に拍車をかけられ、意義ある規模まで拡大した。1944年の松には15万人の戦闘員がいたと見積もられ、一時的にはファシストからより多くの領土を解放した。彼らは当初は隊の規模でのみ活動し、のちに彼らは旅団や師団の規模を編成した。1944年3月には彼らは国防軍およびSSとのピエモンテにおける数日間の戦闘を展開し、4月にはヴァルセージア、5月にはヴェネツィアで戦った。攻撃作戦により、パルチザンたちはさらに多くの解放区をアルプスやアペニンの谷間、ジェノヴァとピアチェンツァの間、サヴォーナとサンレーモの間、コンシッリョとフリウリの台地に構築した。ドイツ軍、またRSI軍は、解放運動に対して無差別の大規模テロで応じ、測建津裁判所や特別裁判所が彼らの撲滅に努めた。1944年の秋、SS大隊指揮官ヴァルター・レーダー麾下第16SS装甲擲弾兵師団「ライヒスフューラーSS」は、パルチザン旅団「ステッラ・ロッサ」に対する作戦をアペニン山脈で展開し、それによって彼らはマルツァボットで子供500名を含む1830名を殺害、800の家屋、9の教会、5つの学校、製紙工場と精米所を破壊した。彼らはオッソーラ・パルチザン共和国及びカルニアの解放区を占領することに成功した。1945年2月の半ばまでに、広範囲のストライキ運動が始まった。当初はリグリア、のちにトリノ、そしてミラノで発生した。そこでは官僚機構は実質的に崩壊した。3月から4月にかけて、パルチザン部隊は広範囲にわたる攻勢へと移行した。1945年4月18日、トリノでパルチザンの詩飛燕を受けたゼネストが始まった。北イタリアのほぼ全土を武装蜂起が掌握した。パルチザンは連合軍の到着以前に多くの地域を解放した。4月21日、ボローニャのドイツ軍をアメリカ軍が攻撃し、その市街戦にはパルチザンも参加し、のちに市内におけるパレードを行った。後に解放の日となった4月25日、イタリアの独裁者ベニート・ムッソリーニは連合国の接近によってサロを逃れた。同日、パルチザン旅団と暴動の前に、ジェノヴァのドイツ軍は降伏した。ミラノは次の日、パルチザンによって解放され、トリノにおける戦闘は4月28日まで継続した。ヴェネツィアでも武装蜂起が4月28日に勝利した。5月3日までに、ピアーヴェ、タルヴィージオ、そしてフリウリが解放された。ドイツ軍が1945年4月28日に連合国に降伏する以前(サンライズ作戦)に、すでに多くの国防軍の師団はパルチザン部隊に武装解除されていた。1945年5月2日、降伏が発効した。トリエステの後背地ではイタリア人SS部隊とパルチザンとの戦闘が1945年5月5日まで継続した。

RSIの終焉

 いつRSIが正確に存在を停止したか、一つの日時を明確に確定はできない。多くは、イタリア側からの公式な、RSIが政治的に終焉を迎えたとみなされる1945年4月25日としている。ムッソリーニが政府全権を大蔵大臣ドメニコ・ペッレグリーニ・ジャンピエロに委譲し、ドイツへの逃亡、もしくは黒シャツ隊の最後の部隊および武装親衛隊と共に神話的な最後の決戦の指揮のため山岳地帯へとミラノの司令部を発った日、国家はゆっくり分解を始めた。4月26日、護送中のムッソリーニはパルチザンによって捕縛され、1945年4月28日に射殺された。イタリア社会共和国は、1945年4月29日のイタリア北部における社会共和国およびドイツ戦力の降伏が有効になり、RSIの事実上国家としての終焉となった1945年5月2日から3日4時30分の夜、公式に存在を停止した。

RSIの旗

 社会共和国の旗は、有名なイタリアのトリコロールに、サヴォイア家の紋章を比較的大きな翼を広げ、金の束桿を両足で捕らえた灰色のに取り換えたものだった。この旗は実質あらゆる機会に用いられ、特に軍旗として営舎でも戦場においても使われた。公式に同じく存在していた国旗(今日まで存続している1948年に成立した共和国の旗に合致する、中部の国章のないトリコロール)はほとんど何の役割も持たず、公式には全く用いられなかった。しかし、ギザギザの金縁のあるものは共和国空軍(A.N.R.)の徽章として用いられ続けた。

イタリア的落書き


RSI政府

国家元首ベニート・ムッソリーニ1943年から1945年
外務大臣ベニート・ムッソリーニ1943年から1945年
国防大臣ロドルフォ・グラツィアーニ元帥1943年から1945年
内務大臣グイード・ブッファリーニ=グイーディ1943年から1945年ヴァレリオ・ゼルビーニ1945
法務大臣アントニーノ・トリンガリ=カサノヴァ1943年ピエトロ・ピセンティ1943年から1945年
財務大臣ドメニコ・ペッレグリーニ・ジャンピエロ1943年から1945年
産業大臣シルヴィオ・ガイ1943年アンジェロ・タルキ1943年から1945年
公共事業相ルッジェロ・ロマーノ1943年から1945年
運輸大臣アウグスト・リヴェラーニ1943年から1945年
労働大臣※1945年に設置ジュゼッペ・スピネッリ1945年
国民教育大臣カルロ・アルベルト・ビッジーニ1943年から1945年
国民文化大臣フェルナンド・メッツァソーマ1943年から1945年
PFR指導者アレッサンドロ・パヴォリーニ1943年から1945年
PFR総書記アキッレ・ストラーツェ1943年から1945年

軍備

 RSIは軍事的にドイツ帝国に依存したが、あらゆる兵科の戦力を備えていた。RSIの正規の武力は、およそ78万人を数えた。新制服では、「」を意味するStelletteと呼ばれる徽章が、ローマ帝国時代の両刃の短刀グラディオを伴った月桂冠に取り換えられていた。継続してドイツ帝国と結託した軍は、ドイツ語で「共和イタリア戦力(„republikanisch-italienische Streitkräfte“)」もしくは(戦後に)「共和ファシスト戦力(„republikanisch-faschistische Streitkräfte“)」と呼ばれた。イタリアではRSI地域における正規軍の構成員は「民兵(Militi)」と呼ばれ、それに対し南イタリアでは軽蔑的に「共和国人(Repubblichini)」の蔑称で呼ばれた。イタリア人SS参加者は公式には「軍団員(Legionari)」と称した。RSIの準軍事的な組織は、しばしばドイツ軍とともにパルチザン掃討に参加し、非公式に、戦後に重要な意味を持つ「ナチ・ファシスト(Nazifascisti)」と呼ばれた。

イタリアSS師団兵士


 RSI地上戦力の種々の部隊は、一部はドイツで訓練を受け、野蛮な戦争遂行で悪名を馳せた。多数のパルチザンが犠牲になり、彼ら自身が連合国にも困難をもたらした。多くの場合、RSI地上軍はより小規模な作戦に参加し、連合国に対する大規模な戦闘単位に加わることはなかった。それはドイツ人が、彼らの明白でファナティックな決意にもかかわらず、十分に信用を置いていなかったことに由来した。ムッソリーニの提案により、2個のイタリア人武装親衛隊師団が配備されることが計画され、その際、1個の第29武装擲弾兵師団(イタリア第1)が編成された。イタリア人SS兵士たちは、第24山岳(カルスト猟兵)SS師団、またその他のより規模の小さな編成の中にも見られる。後者は特にトリエステおよびイストリア後背地の共産主義パルチザンに対し投入された。イタリアのパルチザンに対する戦闘行動は野蛮さを見せ、政治的な画一的大規模テロを主として非戦闘員に対し発動した。「スラヴ共産主義者(Slavocomunisti)」と呼ばれたユーゴスラヴィアのパルチザンに対する戦闘行動により、大規模の射殺や無意味な破壊を伴う極度の過剰暴力が揮われた。

正規軍

陸軍

 ロドルフォ・グラツィアーニ元帥麾下の国民共和国陸軍(Esercito Nazionale Repubblicano, ENR)は、その中核をドイツの捕虜になった以前のイタリア兵によって形成され、60万人を数えた。モンテローザ・アルプス師団を含む4つの歩兵師団、および民族的な地方守備隊を備えていた。RSI陸軍は大抵の場合パルチザンに対し投入され、時折は連合国に対し戦った。彼らが比較的小さな損失で、結局はうまくいかなかったものの、連合国の上陸を撃退し、意外にも戦闘能力を見せたアンツィオ=ネットゥーノの戦いが、RSI陸軍の「砲火の洗礼」になった。アメリカ軍に対する1944年冬のアペニン山中での連隊の攻撃は、実際に大規模に構想された攻勢だった。RSI部隊はそれによって、実質的に連合国も驚かせる能力を見せた。兵士たちは一部はドイツで訓練され、自軍と、そしてドイツの武器を手にしていたが、保有する車両はイタリア製が優勢だった。

空軍

 国民共和国航空艦隊(Aeronautica Nazionale Repubblicana A.N.R.)はしばしばドイツ空軍から独立した、自主的な作戦行動をとり、連合国の爆撃機隊に対して戦果をおさめた。当初、彼らの装備は実質的にイタリア製の機体のみだったが、のちに彼らは次第にドイツの戦闘機を受領するようになった。ANRの爆撃機と輸送機は大部分がドイツ空軍の部隊に割り当てられ、輸送任務のため東部戦線へと向かった。特に一部の戦力は(すでに1943年以前のように)能力のある空軍として現れていた。イタリアには2個のイタリア航空戦力が存在していたが、「共同参戦軍(Aviazione Cobelligerante del Sud、英語の略称はICBAF)」とANRは全く別の戦域に振り向けられ、別の重点を置いていたため、互いに対峙することはなかった。1944年の中頃、連合国の爆撃機隊は北イタリアでは絶え間ないANRの空襲により、北アフリカからのドイツへの接近を中止することを強いられ、もはやイタリア北部は連合国の爆撃機隊に対する入口の役割を果たさなくなった。ムッソリーニが死んだ1945年4月28日、ANRは最後の空戦を行った。ある部隊は新たに供与されたメッサーシュミットBf109K-4(Bf-109の投入された最終・最速モデル)を保有し、ベルガモにおけるアメリカのB26爆撃機に攻撃を加え、損害を得ることなく作戦を終えた。

RSI空挺兵士


海軍

 国民共和国海軍(Marina Nazionale Repubblicana, M.N.R)は、略して共和国海軍(M.R.)と呼ばれ、以前のレージア・マリーナに対し、重量級の船舶が欠落していたため、本質的により小規模で、根本的に高速魚雷艇や小規模な艦艇や潜水艦のみを有した。造船所には小規模部隊の他に重巡洋艦ゴリツィアと修理中のボルツァーノを有したが、これらは終戦まで出撃不能のままだった。より旧式の戦艦コンテ・ディ・カヴールはトリエステに修理中で、ドイツの手中にあった(彼女は1943年9月0日のイタリア占領により、ドイツの戦利品であると宣言された)。潜水工作兵(人間魚雷)のような特殊部隊と師団へと拡充された第10駆潜艇小艦隊(デチマ・マス)のような海軍歩兵は、ユニオ・ヴァレリオ・ボルゲーゼの麾下、広範囲にわたりMNRから独立して連合国、そしてイタリアおよびユーゴスラヴィアのパルチザンに対し戦闘を行った。

ある海兵の肖像
デチマ・マス師団海兵


予備勤務

 「予備勤務(Servizio Ausiliario)」はまた別の正規軍事組織で、1944年に特に人員の状況悪化によって生じた、女性による軍の扶助組織だった。女性隊員は、ドイツ国防軍の補助婦人隊と同様、あらゆる兵科、そして高射砲や防空隊などの支援のため勤務した。

準軍事組織

 正規軍と並び、若干の、より小規模の武装した準軍事武装組織が存在し、一部は軍事的にはわずかな価値しか持たなかったが、それゆえにより強く政治的に方向づけられていた。わずかに黒色旅団が戦闘部隊として用いられた。

黒色旅団

 「黒色旅団(Brigate Nere)」は、党の政治的な影響力を備える「ファシスト軍」を創設することを望んでいた、アレッサンドロ・パヴォリーニの思想に由来した。この部隊は1944年7月30日の布告により、いわゆる黒シャツ隊への補充として形作られ、1944年7月20日の、ムッソリーニ個人も極めて衝撃を受けたアドルフ・ヒトラー暗殺の試みが影響していた。彼らは共和国の武装組織の、多少なりとも最後の創造物となった。彼らは連合国やイタリアのパルチザンのみならず、特に事実上乃至想定上の政治的敵対勢力ならびにファシズムへの帰依に疑わしいものがあるとみなされた一般市民に対する迫害と殺害を行った。その野蛮さで伝説的になったのは、共和国防衛軍は、無数の略奪、窃盗、横領、不法な逮捕、ならびに個々人や物品に対する暴力の事例を記録したが、それに対する何らかの企ては一つもなかった。黒色旅団はイタリア軍の制服を纏い、黒い身頃ならびに髑髏を徽章に用いた。その人数はおよそ7万8000人に達した。

黒い旅団


エットーレ・ムーティ独立軍団

 「エットーレ・ムーティ独立軍団(Legione Autonoma Ettore Muti)」は、1943年に暗殺されたPNF書記でイタリア王立空軍の有名な爆撃機パイロットエットレ・ムーティに由来し、ミラノで小規模の戦闘部隊として、ミラノおよび周辺において、特に抵抗運動の闘士やレジステンツァのパルチザンに対して配備された。

ある兵士の肖像


黒シャツ隊

 本来は1943年9月に解体された黒シャツ隊は、ファシスト民兵、またより以前にはイタリア語の略称で国防義勇軍(Milizia Volontaria per la Sicurezza Nazionale, M.V.S.N.)と呼ばれ、RSIの終焉前に、短期間に小さい区域で新たに発生したが、軍事的というより政治的に方向づけられた、様々な労働力投入(特に、ストライキの無力化)に向けて訓練された戦闘部隊だった。

茉莉香、GNRレオネッサ部隊に入る


白炎

 ファシスト青年組織「白炎(Fiamme Bianche)」は、イデオロギー的というより政治的に方向づけられているが、ドイツヒトラー・ユーゲントと比較される。「白炎」の戦闘への投入は、わずかにしか知られていない。

関連項目

ソドム百二十日

pixivに投稿された作品 pixivで「イタリア社会共和国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント