ピクシブ百科事典

ゲシュタポ

げしゅたぽ

秘密国家警察(Geheime Staatspolizeis/ゲハイメ・シュターツポリツァイ)通称ゲシュタポ(Gestapo)とは、第2次世界大戦下におけるドイツ警察の政治警察部門である。
目次[非表示]

概要

アドルフ・ヒトラー内閣が成立した1933年1月、面積、人口共にドイツ最大の州〔Freistaat〕であるプロイセン州の内務大臣となったヘルマン・ゲーリングが、左派勢力やワイマール共和政支持派の取締を目的に、プロイセン州政治警察を改組する形で発足させた。

略史

発端

ワイマール共和政発足後のプロイセンは一貫して社会民主党(SPD)、中央党(現存。現在のキリスト教民主同盟〔CDU〕の母体でもある)、民主党(現在の自由民主党〔FDP〕の母体)の中道左派連立政権が安定して続いていたが、1932年7月、ワイマール体制打倒を掲げるナチスの支持を受けるライヒ(ドイツ中央)政府のフランツ・フォン=パーペン首相は「ライヒ政府の命令に違反」を理由にプロイセンの首相、内相、ベルリン警視庁の正副警視総監を罷免し、自ら事実上の州首相である『ライヒ委員』に就いた。パーペンはヒトラー内閣発足により正式にプロイセン州首相(ライヒ副首相を兼任)となったが、その下で内相となったゲーリングが、州警察の政治警察部門『1A課』を改組する形で誕生したのがゲシュタポ(当初の正式名称は『プロイセン秘密国家警察局』)である。『ゲシュタポ』という略称は、郵便略号『GESTAPA(ゲシュタパ)』に由来する。

全国組織化

当初プロイセン州内務省の機関でしかなかったゲシュタポが全国機関となったのは、プロイセン州内務省がライヒ内務省に吸収された1934年5月である。背景にはゲーリングとライヒ内相ヴィルヘルム・フリック、バイエルン州政治警察司令官として行政面で頭角を現していた親衛隊全国指導者(SS長官)ハインリヒ・ヒムラーとの権力抗争があった。フリックはヒムラーにプロイセンとシャウムブルク=リッペを除くライヒ各州の政治警察の権限を与え、ヒムラーは残るプロイセンの権限を掌握すべく、ゲシュタポの不正を追求した。最終的にはゲーリングが自身の職である『ゲシュタポ長官』の代理にヒムラーを任命する事で決着が付き、ヒムラーはゲシュタポも自らの指揮下に置くことに成功する。そしてゲシュタポの運営は腹心であるラインハルト・ハイドリヒに任される事となる。

1936年6月にヒムラーがドイツ警察長官(現代日本の警察庁長官にあたる)に就任するとゲシュタポは再び改組され、刑事警察の凶悪犯部門と統合して『保安警察(SiPo、ジポ)』となった。さらに1939年9月、ナチスの機関である親衛隊諜報部 (SD) と合併して『国家保安本部(RSHA)』の第4局になり、1945年5月の敗戦まで存続した。

具体的に何をやらかしたのか。

  • 秘密国家警察として、超法規的な強い権限を行使(裁判所にはゲシュタポの決定の合法性を審査する権限はなかった。また裁判で無罪判決が確定した者を拘禁できた)
  • 反対派(社会主義者・共産主義者・教会)、ユダヤ人(ヒトラーの母親を看取った医師は別)・ジプシー・同性愛者・障碍者、占領地住民らへの弾圧・拷問・殺害
  • 捕らえたユダヤ人らを強制収容所へ連行
  • 特定の反対派に対する極秘逮捕・収監・処刑、彼らに関する情報非公開(いわゆる『夜と霧』)
  • ヴェルナー・フォン・ブラウン逮捕未遂


その後

ニュルンベルク裁判では『人道に対する罪』で告発され、有罪判決を受けた。しかし職員の一部には東西に分裂したドイツやアメリカの諜報機関や、中南米の警察機関に再雇用された者も少なくない。

関連記事

親記事

第三帝国 だいさんていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲシュタポ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41902

コメント