2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

独語:Hitlerjugend,
英語:Hitler Youth
第三帝国・ナチス党ドイツ政権の国策ボーイスカウト・準軍組織 略称HJ 「ヒトラーの青年団」の意
ナチス党再建第一回大会で、グレート・ドイツ青少年連盟を改称発足させた。ナチス党公認のドイツ全国規模のファシズム青少年組織である。
13歳のドイツ国籍の少年は全員強制加入させられた。14~18の青少年たちのグループを構成し、10~14歳までは小国民隊(Jungvolk、ユングフォルク隊)に配属されユーゲント隊の準備教練を受けた。有名なユニフォームはダークカーキ系のTシャツに黒い短パンの生足むき出しというスタイルは、当時としても過激なスタイルである。

少女に関しては、別組織であるドイツ女子同盟(BDM)が置かれ、こちらも同時期に強制加入団体となった。民族優生思想に基づき、国家の将来を担う次世代の少年をもうけるための母親を目指すとされ良妻賢母の育成が主目的の団体だった。

 ヒトラー個人の生き様を崇拝させ、理想人アーリアに100%を体現するための教育と洗脳的軍国主義のミックスが行われた、集散的な野外活動、キャンプによる肉体・軍事教練が主に力を入れられ、思考を深める要素のある学術的な勉学要素は一切省かれた。
 これは、ドイツの学生全体が目茶目茶に体育会系脳筋状態になってゆく事を意味しており、浅はかな筋肉馬鹿しかいない血の気の無駄に多いドイツ第三帝国が実際に出来上がっていった。(事実)
 
  HJ団長B・シーラソスの指示で、準軍事組織に向けた。大規模な組織が行われ、脳筋状態の若者たちの熱狂的支持をあつめた。1936年のヒトラー・ユーゲント方によってドイツ全ての青少年に参加拘束させた。37年にHJの付属機関にヒトラー・アカデミーを設立し理想人ゲルマン・アーリア人たるエリート養成にあたる。

 戦局が悪化すると兵器を渡され戦場に送られることとなったが、劣悪な装備で壊滅的な打撃を受け多くが戦死した。BDMに対しては、BDMの設立目標への意趣返しとして赤軍によるレイプの格好の標的となり(明らかな未成年の被害者がかなり多かったのはこの為)、多くの被害者と自殺者を出した。

第12SS装甲師団ヒトラーユーゲント

第12SS装甲師団


ヒトラーユーゲントから選抜された青年兵士と第1SS装甲師団国防軍から出向してきた士官、そして強制徴募により集められた多数の未成年の少年によって編成された部隊。
連合軍は、子どもと言っても良い年齢の兵士ばかりのこの部隊を二線級の部隊と軽く見ていたが、ひたすら実戦的訓練を積まされ、経験豊富な将校下士官に率いられた師団は予想をはるかに上回る勇猛ぶりを発揮した。
なお未成年の兵士が大半だったのでタバコの代わりに戦時には貴重品であるチョコレートキャンディーなどが支給された。
師団章は、第1SS装甲師団の師団章にルーン文字の「S」を重ねたもの。

追記

戦後、旧東ドイツにおいてヒトラーユーゲントやドイツ女子同盟のような全員加入型の組織として男女混合の「自由ドイツ青年団(FDJ)」「テールマン・ピオネール」が発足している。
傀儡国家のイメージを払拭するべく赤いプロイセンになることをソ連に求められたドイツ民主共和国だけあってこちらも国家人民軍同様類似性がみられる。FDJの方はドイツ統一後の現在も存続している。
女性用夏制服比較

Erika in her summer uniform
6.1.


女性用冬制服比較

BDMの女子団員
Free German Youth



関連項目

ナチス アドルフ・ヒトラー ボーイスカウト
ピオネール:類似の組織で共産党を仰ぐ社会主義諸国による青少年団。本文にもあるようにヒトラーユーゲント亡き後、旧東ドイツにおいても設立された。
シュレディンガー准尉

関連記事

親記事

ドイツ第三帝国時代の組織・団体一覧 どいつだいさんていこくじだいのそしきだんたいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒトラーユーゲント」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒトラーユーゲント」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42543

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました