2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

僕はどこにもでもいるし、どこにもいない

概要

CV:白石涼子

ヒトラーユーゲントの格好をした猫耳(?)の少年。ヴェアヴォルフの一人。
神出鬼没な人物で、自分でも「僕はどこにでもいて、どこにもいない」と言うように、「彼が自分自身を認識出来る状態にある限りどこにでも存在できる」という能力を持つ。
銃で頭を吹き飛ばされても何事もなかったように別の場所に再び現れる、あるいは他者の思考の中に現われたりもする事ができる。

活躍

少佐アーカードを倒すための切り札にしていた。
アーカードがウォルターとの対決の際食らった大量の血(=命)に、自らの首を切り落として紛れこみ、アーカードと同化する。
アーカードはシュレディンガーの能力を得たが、数百万の命の中で自身を認識することが出来ず、少佐の狙い通り消滅してしまう。

しかしその後、30年をかけてアーカードは取り込んだ命を「1つを除いて」殺し続け、自分自身を認識できる確かな存在となって復活する。

余談

余談だが、この「1つを除いて殺し続けた」という表現には『自分を客観的に見て、アーカードという命』という理解と『自分を主体的に見て、シュレディンガーという命(つまり、実質2つ)』という二種類の理解の仕方がある(その後、アーカードがシュレディンガーの能力を思わせる台詞を言うため、後者の可能性も濃厚)。

もし後者が正答である場合、少佐の目論見は結果として、アーカードという男を更なる高みへ上げてしまったと言える。

元ネタ

名前の元ネタはもちろんシュレディンガーの猫
生と死という二つの矛盾する性質が混じり合っているの意か。

関連イラスト

シュレディンガー准尉
シュレディンガー准尉



関連タグ

HELLSING シュレディンガー ミレニアム

関連記事

親記事

HELLSING へるしんぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 641132

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました