ピクシブ百科事典

セラス・ヴィクトリア

せらすゔぃくとりあ

セラス・ヴィクトリアとは、『HELLSING』に登場するキャラクターであり、本作のもう一人の主人公。
目次[非表示]

虫といったな この人を
虫けらといったな!!
許さない 許さない!! 許さない!!

概要

声優は折笠富美子
タグセラスで登録されている場合が多い。

王立国教騎士団(通称:ヘルシング機関)に所属する女性団員。
本作のヒロインの一人で、もう一人の主人公というべき人物。
警官であることから、あだ名は婦警

OVA1巻マジアーセラ!


第一話から登場。
チェダース村における吸血鬼襲撃にて同僚は全滅し、万が一にも屍鬼にならないようにレイプされかけた所でアーカードが介入。首謀者の吸血鬼に人質にされるが、「処女かどうか」を確認された上で吸血鬼もろとも撃たれる。
弾丸は肺を貫通し、そのままでは死を免れない運命にあったが、アーカードに問われて自分の意思で女吸血鬼(ドラキュリーナ)となる事を選択。アーカードの「眷属」となり、彼を「マスター」と呼び慕うようになる。

当初は人間だったころの常識がまだ強く、周囲からの理不尽に度々巻き込まれるハメになる。
物語前半では戦闘以外の大半がギャグキャラ、もしくはそれに近い扱われ方をされている。

容姿・性格

金髪碧眼の結構な美人で、見て分かるぐらいの巨乳の持ち主。
性格は真面目で明るいが、どこか気弱であどけなさが抜けていない節もある。

かつて父は警官だったが、その命を狙った犯罪者達に自宅を強襲され殺害。母は幼いセラスをクローゼットに隠して立ち向かうも射殺され、反撃されて激怒した犯罪者によって死姦される様を目の当たりにするという悲劇を経験する。
その後は孤児院に引き取られたが、事あるごとに他の孤児に暴力を振るい問題視され、荒んだ目をしていた。父の後を継ぐように警官となったが、チェダース村の事件後、公式には行方不明扱いになっている。

吸血行為に対して抵抗を感じており、ミレニアムとの決戦時までは輸血用パックも拒み、ほとんど血を吸ったことがなかった。無理矢理人間の食事を摂っていたが体が受けつけず、苦しむ場面がある。
しかしヘルシング本部を急襲したゾーリンとの戦いで共に闘っていたある人物の血を吸い、吸血鬼として完全覚醒を遂げることとなる。

戦闘能力

マスターの影響もあり、並の吸血鬼や屍鬼(グール)程度なら軽くあしらう。デコピンで大の男を軽く吹っ飛ばし、人間では不可能なレベルの長距離狙撃も命中させる。
メイン武器は「対戦車用長距離砲ハルコンネン」。妖精(CV:石塚運昇)つき。
ミレニアムとの決戦時は「局地防衛専用対戦車長距離砲ハルコンネンⅡにパワーアップ。見た目はもはや宇宙世紀アレで、作者も巻末で「やりすぎた」とコメントしている。

吸血鬼となって日が浅く、また人間であった時期の記憶が強かったため、当初は能力を100%発揮できなかった。この為上級クラスには苦戦をしいられることが多く、アンデルセンとの初戦では全く歯が立たなかった。
一方で血が高ぶると驚異的な強さを発揮し、鬼神の如き戦いぶりを見せる。眼は真紅となり、悪鬼のような凶悪な笑みを浮かべるようになる。
この性格と能力の落差から、アーカードからは『おっかなびっくり夕方を歩く奴』と言われている。一方で中途半端な状態を容認され、またその素質はアーカードばかりか少佐にも見抜かれていた。
完全覚醒後の対面では「伯爵」の姿となったアーカードにわしわしと頭を撫でられ、通常からは信じられないほど優しい眼差しで名を呼ばれ、嬉しそうにしている。

リクエストその6
セラス・ヴィクトリア


ゾーリン戦以降は、左腕が自在に変化する赤黒い「影」に変化。武器であると同時に翼に変形し、高速で飛ぶ事も可能となった。また、以前のように衝動から暴走することはなくなった。
アンデルセンからはその様子を「恐ろしい化物になってやって来た」「まるで奈落の底の様な眼をしやがって、人の形をしているくせになんて様だ」と評される。
また血を吸った相手は自分の中に「同居」しており、共闘する一方、自分の中で煙草を吸われる事に文句を言うなど、ちょくちょく会話をしている。

関連イラスト

セラス
hellsing
センシティブな作品
セラス



関連タグ

HELLSING アーカード ヘルシング機関
セラス 婦警 金髪碧眼 巨乳
アーセラ ベルセラ

関連記事

親記事

HELLSING へるしんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「セラス・ヴィクトリア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「セラス・ヴィクトリア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2699049

コメント