ピクシブ百科事典

グール

ぐーる

食屍鬼(しょくしき)。人間の死体を食べる事で性的快楽を得るモンスターの一種。時にアンデッドと見做される事がある。
目次[非表示]

アラビア伝承の魔物。つづりはGhoul。グールは男性名称で、女性のグールは「グーラー」と呼ぶ。

概要

本来の伝承では夢魔(サキュバスインキュバスなど)に近い存在だったらしく、また砂漠に住み、体色と姿を変えられる(特に好んでハイエナを装う)悪魔の一種ともされる。
墓をあばいて死体を貪り喰ったり、時には子供を襲う事もある。グールが人間を襲うのは食欲を充たす為だけではなく、人間の肉、特に心臓を食らう事で性的快楽を得る為だとも言われている。またグーラーは美女に化け、ひとり旅の男性を誘惑し、腑抜けになるまで精気を奪い続けるとも言う。
卵から生まれ、雌は子供に授乳して育てる。
鉄が弱点で、特に偃月刀(シミター)でひと太刀浴びせられると呆気なく死ぬ。が、とどめを刺すつもりでもう一度切りつけると、あべこべに傷口が塞がって復活してしまうと言う厄介な性質も持っている。

近年の扱い

屍を好んで食べる事から近年ではアンデッドの一種と見做されるようになり、特にコンピュータRPGではゾンビの同類として描写されることもある。
バイオハザードシリーズゾンビがそうであるように、超自然では無い「科学」的な説明付けをもうけた作品も存在する。

魔法戦隊マジレンジャー』では怪人として登場している。→冥獣グール
仮面ライダーウィザード』では、戦闘員として登場している。→グール(ファントム)

超自然的なグール

ドラゴンクエスト2におけるグール


ドラクエ2:グール (SFC版)


くさったしたいの上位種。
ロンダルキアに通じる洞窟で集団で登場し、ギラを連発する。
鬱陶しいと思ってマホトーンで呪文を封じると、それよりも圧倒的に強い直接攻撃に変わる。
ゾンビなのにAIの知能が高く設定されており、封じられた魔法を使おうとして1ターン無駄にすることもない。

正に初見殺しのモンスターである。

クトゥルフ神話におけるグール

独立種族の一つ。
地下に住む二足歩行の人型に近い種族だが、ゴムのような弾力の皮膚を持ち、体勢や顔立ちはどことなくを連想させる。
腐乱死体や排泄物を好む食性を持ち、墓地を荒らしたり、時には地下鉄やトンネルに現れ生きた人間を殺し腐らせてから食べるともされる。夢の国ドリームランドにも生息しており巨人族ガグの墓を荒らして死肉を得ている。
グールの社会で暮らした人間が後天的にグールに変異することもある。

HELLSINGにおけるグール

吸血鬼に血を吸われた者が非童貞、非処女だった場合に食屍鬼(グール)変異する。
知能や自由意志は無く「親」である吸血鬼に使役され、ただ人に肉を食らうだけの存在。親が倒されると死体に戻る。

メガテンにおけるグール

種族幽鬼の悪魔として登場。真Ⅱでは女性版のグーラーも登場している。

超自然でないグール

falloutシリーズにおけるグール

Good neighbor


放射能でゾンビのような外見になってしまった人々。
完全に近い放射能耐性と200年以上の寿命を持つ。
知性を保ったまま変異した人間「グール」と、脳機能を破壊されたクリーチャー「フェラル・グール」の2種に分かれる。
詳細は該当記事へ。

東京喰種喰種

生まれつき「赫包」と呼ばれる器官を持つ人と変わらない姿の種族。体内のRc細胞により人間の数倍の身体能力を持つ。人間を捕食し、人肉にも含まれるRc因子を蓄積して力をつけていく。

関連タグ

魔物 モンスター グール娘
マジンガーZ:グールの名を冠した「飛行要塞グール」が登場

関連記事

親記事

不死族 あんでっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「グール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1021700

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました