ピクシブ百科事典

目次[非表示]

勇者の伝説が再びよみがえる

概要

『ドラゴンクエストⅡ』は、エニックス(現スクウェア・エニックス)よりファミコンソフトとして発売されたファンタジーRPG。1987年作品。正式名は『ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々』(ドラゴンクエストツー あくりょうのかみがみ)。略称は「DQ2」「ドラクエ2」など。

悪霊の神々



シリーズ第2作。1人旅で敵との戦いも1対1だった前作「ドラゴンクエストⅠ」から、最大3人の仲間による冒険が可能になった。それに応じて、敵も集団で出現し、敵味方入り乱れての集団戦闘になるなど、ゲームとして大幅に進化した。

しかし、週刊少年ジャンプとのタイアップ企画の都合上、発売を急ぎに急ぐ必要があり、「DQ1」の発売日直前の1986年4月から開発を開始し、同年12月下旬発売というかなり無茶苦茶なスケジュールとなった。上述のように要素が増えた結果、テスト工数も「DQ1」の比ではないほど膨大になっており、ただでさえ短い開発スケジュールと合わさった結果、90%ほどの出来で発売せざるを得ないという状況になってしまった。堀井雄二氏は「開発中、エニックスから催促の電話がかかってくる度に胃が痛くなった」と振り返っており、マスターアップ直後に本当に胃潰瘍で倒れてしまったという逸話まであったりする。

無事発売にこぎつけた後は、「DQ1」が口コミで高い人気を得ていたことや前述のタイアップの効果などもあり、発売日にはゲーム取扱店に長い行列ができた。しかしながら、この直前に不人気ファミコンソフトの不良在庫化という問題が発生しており、多くの店が入荷量を絞ったため、初期出荷は40万本に留まり相当な品薄となってしまった。後にその人気に気づいた各店に入荷され、合計240万本を売り上げたタイトルとなったが、こうした出来事が次回作『ドラゴンクエストⅢ』にて、「人気の高いドラクエが欲しかったらクソゲーも一緒に買え」といういわゆる「抱き合せ商法」に繋がっていったという側面もある。

ゲーム内容の面では、後のシリーズにつながる新要素などは高く評価されているものの、こうしたギリギリのスケジュールでの開発だったために通しでのテストプレイを誰もやる暇が無かったという問題点があり、その結果本作のオリジナル(ファミコン)版はシリーズでも屈指の難易度を誇るゲームバランスとなってしまっている。特に決戦の地であるロンダルキアへの道のり、そしてロンダルキアへ突入してからの厳しい戦いは多くのちびっ子たちに絶望トラウマを与えた。

あへへへ



理不尽なバランスに関してははリメイク版などではきちんと調整される傾向にあるが、インターネットの普及によって攻略・解析情報が出回った現在では、あえてオリジナルにあたるファミコン版をプレイする場合でも、知識を仕入れてフル活用することで比較的楽に進められる場面も多かったりする。

後に発売された移植版としては、MSX/MSX2版・スーパーファミコン版・ゲームボーイ版があり、更にその後ガラケー版・Wii版・スマホ版、スマホ版の更に移植のPS4版・3DS版が存在する。移植版はほぼ内容が調整・改変されており、オリジナル版より簡単になっている傾向がある。Wii版のみ、オリジナル版がそのまま収録されている。

ファミコン版でパッケージイラストにラスボスが描かれているドラクエ作品は、本作が最後となる。

復活の呪文

今でこそセーブ&ロードで簡単に前回プレイの続きが出来るが、ファミコン版当時は指定されたパスワード(作中では『復活の呪文』と呼ばれる)を入力することで続きから再開出来た。本作の復活の呪文の長さは当時ではかなり長く(52文字)、復活の呪文を写し間違えて悶絶したプレイヤーも多い(濁音と半濁音の文字の識別が難しかったことも原因である)。

また裏技である復活の呪文『ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺぺぺ……』は現在でも語り草になっており、その呪文によって現れるローレシアの王子が、これまた名前を発音出来ないことで有名な『もょもと』(開始からLv48)である。

登場人物

パーティメンバー

ドラゴンクエスト2  ローレシアの王子


ロトの血筋を受け継ぐローレシア国の王子で、ドラクエシリーズでは唯一呪文が全く使えない戦士型主人公。その分、装備可能な武具は多く肉弾戦の能力は折り紙付き。

ドラゴンクエスト2  サマルトリアの王子


ロトの血筋を受け継ぐサマルトリア王国の王子で、Mr.器用貧乏で名高いもやし魔法戦士。とにかくすぐ死ぬ。リメイク版では大きく強化されて戦いやすくなった。でもやっぱりすぐ死ぬ。

ドラゴンクエスト2  ムーンブルクの王女


ロトの血筋を受け継ぐムーンブルク王国の王女で、パーティーの紅一点。呪文のエキスパート。攻防バランス良く呪文を覚えるが、肉弾戦は苦手。何故かサマルトリアの王子よりも棺桶に入りにくいような気が……。

味方キャラクター


ボス敵


代表的なモンスター


楽曲

タイトルなど

  • ドラゴンクエスト・マーチ - タイトル画面。「DQ1」の「序曲」をアレンジ。
  • Love Song探して - 名前入力・復活の呪文入力画面など。ある町では……?

城・町・村
  • 王城 - 城。
  • 街の賑わい - 町・村。
  • ラダトーム城 - 「DQ1」の楽曲より。リメイク版でのラダトーム城の場面で流れる。
  • 聖なるほこら - ほこら内部。

フィールド
  • 遥かなる旅路 - 3人が揃っていない時のフィールドBGM。
  • 果てしなき世界 - 3人が揃ってからのフィールドBGM。FC版とMSX・MSX2版では誰かが死んだ場合は「遥かなる旅路」が流れる。SFC版ではサマルトリアの王子が離脱すると一部において「遥かなる旅路」が流れる。

  • 広野を行く - 「DQ1」の楽曲。アレフガルドのフィールド。
  • 海原を行く - 船による移動時のBGM。

ダンジョン
  • 恐怖の地下洞 - 洞窟。FC版とMSX・MSX2版ではハーゴンの神殿の1階・ムーンブルクの城・竜王の城でも流れる。
  • 魔の塔 - 塔・ハーゴンの神殿。
  • 洞窟 - 「DQ1」の楽曲。リメイク版の竜王の城で流れる。

戦闘
  • 戦い - 通常戦闘。
  • 死を賭して - シドーとの戦闘。

レクイエム系
  • レクイエム - 全滅時。

イベントBGM
  • パストラール〜カタストロフ - リメイク版のプロローグで流れる。

エンディング
  • この道わが旅

ME
  • 勝利 - 戦闘に勝利。
  • レベルアップ
  • 宿屋 - 宿屋に泊る時。
  • 仲間(出会い) - サマルトリアの王子・ムーンブルクの王女が加入した際、ファンファーレ的に流れる。
  • 教会(治療) - 教会で生き返らせる・毒の治療を受ける・呪いを解く。
  • セーブ(冒険の書) - リメイク版でセーブの時に流れる。

関連イラスト

ドラクエ2
悪霊の神々


ドラクエ2
塔探索!



関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ DQ ロトシリーズ

表記揺れ
DQ2 ドラゴンクエスト2 ドラゴンクエストII
ドラクエⅡ ドラクエ2 ドラクエII

関連作品
しあわせのかたち:ファミ通で連載された漫画。メインキャラである「おまえ」「こいつ」「べるの」の3人は、ドラクエ2の主人公3人からの派生である。
ドラゴンクエストビルダーズ2:世界線がドラクエ2本編をクリアした後の世界。

ロンダルキア ラーの鏡 風のマント はかぶさの剣
もょもと トンヌラ すけさん

堀井雄二 鳥山明 すぎやまこういち 中村光一

関連記事

親記事

ロトシリーズ ろとしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンクエストⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 638916

コメント