ピクシブ百科事典

ドラゴンクエストⅡ

どらごんくえすとつー

RPG『ドラゴンクエスト』シリーズ第二作
目次[非表示]

勇者の伝説が再びよみがえる

概要

『ドラゴンクエストⅡ』は、エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売されたRPG。1987年作品。正式名は『ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々』(ドラゴンクエストツー あくりょうのかみがみ)。略称は「DQ2」・「ドラクエ2」など。

悪霊の神々


シリーズ第2作。1人旅で敵との戦いも一対一だった前作から、最大3人の仲間による冒険が可能になった。それに応じて、敵も集団で出現し、敵味方入り乱れての集団戦闘になったのが大きな特徴である。全体的にゲームバランスが厳しく、特にロンダルキアへの道のりは多くのちびっ子たちに絶望トラウマを与えた。

復活の呪文

今でこそセーブ&ロードで簡単に前回の続きが出来るが、当時は指定されたパスワード(作中では『復活の呪文』と呼ばれる)を入力しなければ続きは出来なかった。そして、この作品の復活の呪文の長さは当時ではかなり長く(52文字)、復活の呪文を写し間違えて悶絶したユーザーは多い。
また伝説の復活の呪文『ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺぺぺ……』は今でも語り草となっており、その呪文によって現れるローレシアの王子が、これもまた発音出来ない事で有名な伝説の『もょもと』(Lv48)である。

登場人物

パーティメンバー

  • ローレシアの王子
    • DQシリーズでは唯一の、呪文が全く使えない戦士型主人公。その分肉弾戦の戦力は折り紙付き。
  • サマルトリアの王子
    • Mr.器用貧乏と名高いもやし魔法戦士。とにかくすぐ死ぬ。リメイク版では大きく強化されて戦いやすくなった。でもやっぱりすぐ死ぬ。
  • ムーンブルクの王女
    • パーティーの紅一点。呪文のエキスパート。攻防バランス良く呪文を覚えるが、肉弾戦は苦手。何故かサマルトリアの王子よりも棺桶に入りにくいような気が......。


味方


ボス


代表的なモンスター


楽曲

タイトルなど

  • ドラゴンクエスト・マーチ - タイトル画面。「ドラクエI」の「序曲」をアレンジ。
  • Love Song探して - 名前入力・復活の呪文入力。
城・町・村
  • 王城 - 城
  • 街の賑わい - 町・村
  • ラダトーム城 - 「ドラクエI」の楽曲。リメイク版でのラダトーム城
  • 聖なるほこら - ほこら
フィールド
  • 遥かなる旅路 - 3人が揃っていない時のフィールド
  • 果てしなき世界 - 3人が揃ってからのフィールド。FC版とMSX・MSX2版では誰かが死んだ場合は「遥かなる旅路」が流れる。SFC版ではサマルトリアの王子が離脱すると一部において「遥かなる旅路」が流れる。
  • 広野を行く - 「ドラクエI」の楽曲。アレフガルドのフィールド
  • 海原を行く - 船に乗っている時
ダンジョン
  • 恐怖の地下洞 - 洞窟。FC版とMSX・MSX2版ではハーゴンの神殿の1階、ムーンブルクの城、竜王の城でも流れる。
  • 魔の塔 - 塔・ハーゴンの神殿
  • 洞窟 - 「ドラクエI」の楽曲。リメイク版の竜王の城で流れる。
戦闘
  • 戦い - 通常戦闘
  • 死を賭して - シドーとの戦闘
レクイエム系
  • レクイエム - 全滅
イベントBGM
  • パストラール〜カタストロフ - リメイク版のプロローグで流れる
エンディング
  • この道わが旅
ME
  • 勝利 - 戦闘に勝利
  • レベルアップ
  • 宿屋 - 宿屋に泊る時
  • 仲間(出会い) - サマルトリアの王子・ムーンブルクの王女が加入
  • 教会(治療) - 教会で生き返らせる、毒の治療を受ける、呪いを解く
  • セーブ(冒険の書) - リメイク版でセーブの時に流れる

関連イラスト

ドラクエ2
ロトの血を引きし者たちの肖像


ドラクエ2
塔探索!



関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ DQ ロトシリーズ

表記ゆれ
DQ2 ドラゴンクエスト2 ドラゴンクエストII
ドラクエⅡ ドラクエ2 ドラクエII

関連作品
しあわせのかたち:ファミ通で連載された漫画。メイントリオである「おまえ、こいつ、べるの」は、ドラクエ2のメイン3人からの派生。
ドラゴンクエストビルダーズ2:世界線がドラクエ2本編をクリアした世界である。

ロンダルキア ラーの鏡 風のマント はかぶさの剣
もょもと トンヌラ すけさん

堀井雄二 すぎやまこういち 中村光一

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンクエストⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 473316

コメント