ピクシブ百科事典

ロンダルキア

ろんだるきあ

RPG『ドラゴンクエストⅡ』の最終盤の舞台。遥か高い山の上にある雪の台地。
目次[非表示]

概要

DQ2の最終盤、非常に高い山の上の台地
攻略本などによると正式名称は「ロンダルキア台地」らしい。

非常に険しい岩山に四方を隙間なく囲まれており、この台地に到達するには
麓にある入り口から複雑な上に罠だらけの洞窟(ロンダルキアへの洞窟。後述)を進み、
全ての階層を踏破するという長い道のりを踏破する必要がある。
初めて洞窟を抜けて見た雪景色はパレットを変えただけの演出だが、洞窟の難易度もあって多くのプレイヤーに強い印象を残している。

そして危険な洞窟を抜けた一行に襲いかかるのは高難易度な「2」中トップクラスの
凶悪なモンスターたちである。実際出現するのは

など、超デンジャラスな面子。
一部は育成を進めたり、対処方法を考える事で危険度を減らせなくもないが、
痛恨の一撃やザラキに関しては完全に運である。
ロトの子孫達はそれらを乗り越え、ハーゴンの城を目指す事になる。

そんな中でも、やや北東部のでは人間の神父が一人頑張っていて復活の呪文を教えてくれる。
ロンダルキアへの洞窟を抜けたらまっさきにここを目指す事になるが、
一見最短ルートに見えるからと言って森や山を突っ切るのは非常に危険。
おとなしく岩山伝いに雪原を歩いていくのが(比較的)安全である。
また、北西部はテパのエンカウント地域が一部食い込んでおり、岩山沿いまで行くと
ヒババンゴなど、テパ周辺で出会うモンスターが出現する。

ロンダルキアへの洞窟

…のように凶悪な土地であるが、そこにたどり着くまでの洞窟の恐ろしさもまた語り草である。
前に通った場所に戻されるワープ落とし穴と言った罠が多数存在し、特にマッピングしていないプレイヤーにはいつ終わるとも知れない無限回廊は絶望感すら与える。
さらに敵も手強く、4匹組のドラゴンの強烈さは台地上のモンスターに勝るとも劣らない。
おまけに出現するダークアイが容赦なく不思議な踊りを連発してMPを削ってきたり、
出現するモンスターの呪文耐性が軒並み高いと来ており、
こちらの火力はフルに発揮出来ないから非常にいやらしい仕様である。

入り口は邪神の像で封印されており、ロトの鎧命の紋章稲妻の剣といった重要アイテムが秘められている。
稲妻の剣は呪いの無い武器では最強のものだが、ノーヒントであり隠しアイテムに近い。

難易度

元祖ファミコン版ではそう言ったわけで、ドラクエシリーズきっての極悪難易度となったが、これはデバッグやテストプレーする時間が足りなかったせいと言われる(作品間の発売日が数年単位な今では考えられないが、前作から8か月あまりで発売されている)。リメイク版では難易度は下げられ、特に落とし穴は一度落ちるとマップ上でマーキングされかなり攻略面は樂になったが、これはこれで当時を知る古参プレーヤーからは反発を受けることとなる。

なお、後に堀井雄二氏がインタビューで語った所によると
上述のロンダルキアの祠も実は最初は存在しなかったらしい。
発売が差し迫る中、テストプレイを行った制作陣によってロンダルキア周辺の
難易度が非常に高い事が指摘され、緊急的に祠が設置される事となったという逸話があり、
実際にここに祠が無いとなると「ロンダルキアの洞窟~ハーゴン城で死ぬ度に麓からやりなおし」
という非常に恐ろしい事態となる。

余談

上記の凄まじい難易度から、RPG界における危険地帯の代名詞ともなっており、
後発のRPGでも急に敵の強さが跳ね上がるエリアが登場するとロンダルキアに例えられる事がある。

また、『ドラクエビルダーズ2』でもこのロンダルキアへの洞窟~ロンダルキアが登場するが、
行く前に散々「地獄のような場所」「死の大地」と脅かされる事になる。
本作では「勇者の旗」を持たされて大量の兵士を誘導して進むために
元祖ロンダルキアへの洞窟ほど凶悪な難易度ではない(構造も単純な螺旋形の一本道になっている)。
加えて、本作はサンドボックスゲームのような色が強いため、無理やり
ロンダルキアの周囲を囲む岩山を踏み越えて行ってみる事もできなくはない。

関連タグ

ドラゴンクエストⅡ /雪景色/万年雪
破壊の剣 はかぶさの剣

ハーゴン シドー
サイクロプス ギガンテス アトラス
シルバーデビル デビルロード パズズ
アークデーモン ベリアル
ブリザード 悪魔神官

関連記事

親記事

ドラゴンクエストⅡ どらごんくえすとつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロンダルキア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51306

コメント