ピクシブ百科事典

目次[非表示]

warp。原義は「歪み」。
宇宙船等が空間を歪ませる事で近道を作り上げ、光年単位の遠方さえも一瞬で移動する航法。
良く挙げられる比喩としては「地図上の二点を繋ぐ最短距離は?」と言う問いに対し「地図を折り曲げて距離0」と答えるもの。

アインシュタイン相対性理論により「質量を持つ物体が光速以上になる事は不可能」と言う事になってしまった為に作られたSF設定。それ以前のスペオペヒーローは「光の5倍の速さの宇宙船」とかで宇宙を飛び回っていた。

現実的には、
三次元空間を歪めるために必要なエネルギー量が、全宇宙が内包出来るだけの分量を上回っている為、結局は不可能
・・・とされているが、今なお多くの者がこの夢の無い説をひっくり返してくれる天才・・・もとい神の降臨を待ち望んでいる・・・

上述の「必要なエネルギー量が、全宇宙が内包出来るだけの分量を上回っている」ことがわかると同時に、既知の全質量・エネルギー量では説明のつかない重力の強さがあることから、ダークマターの存在が議論されるようになった。
近年のSF作品においては、現時点では仮説の域でとどまるものの、そういったものを説明するための理論(大統一理論・M理論)と整合のつく程度に科学公証が行われる事が多い。

関連タグ

SF 恒星間飛行
どこでもドア 旅の扉 テレポート/テレポーテーション
次元波動超弦励起縮退半径跳躍重力波超光速航法 ボソンジャンプ
宇宙戦艦ヤマト トランスワープ 宇宙戦艦ヤマト2199 波動エンジン波動砲または次元波動爆縮放射器

スタートレックにおけるワープ

一般的に言われるワープは上記の通り「空間を歪ませて近道を作り上げる」であり、結果のみを指して超光速としているが、宇宙船の速度そのもの(近道を移動する際の速度)は光速より低い。
しかしスタートレックで使われるワープは「船体を異空間で包みこむ事で相対性理論を無視した超光速航行を可能とする」と言うものである。つまり近道など使わず、実際に光速を超える速度で飛んでいるわけである。より厳密には、船体を包む亜空間フィールドそのものが超光速で滑走し、船自体はフィールド内で静止している。
速度については、『宇宙大作戦』までは光速×係数の3乗。『新スタートレック』以降は係数はフィールドの層の数であり、光速×係数の10/3乗で求められる。ワープ10は無限速とされ到達できない(やろうと思えばできるが宇宙のどこにでも同時に存在している状態になって制御できず、しかも人体に重大な影響をもたらす。)

このバリエーションとして「一度相対性理論が存在しない異世界に移動して超光速航行をした後に元の世界に戻る」と言うものも存在する。スターウォーズのハイパードライブはこれにあたると思われる。
まぁこちらも「異空間を作り出したり異世界に行き来したりする為に必要なエネルギー量は?」と言う話になるのだが。これが可能なら理論上「タイムマシン」も作れるわけだし…。

宇宙戦艦ヤマトにおけるワープ

時空間歪曲型
『宇宙戦艦ヤマト』を語源とするタイプのワープで、極めて単純に言えば宇宙空間内のある点AからBへ移動する際に宇宙の「外」へ飛び出して空間的距離を無視して移動する方法を「ワープ」と呼んでいる。

この原理はしばしば、紙自体を折り曲げて紙の上に書かれた2点を近づけるという例えで説明される。つまり、紙という平面(2次元)での距離は変わらなくても、空間(3次元)内では接近している。ここで紙(宇宙)から飛び出せばずっと短い距離で到達できるというわけである。

『宇宙戦艦ヤマト』の場合、宇宙空間が初めから4次元的に“曲がっている”ことを利用して近道しているが、作品によっては紙を折り曲げるように宇宙空間そのものを歪曲(これがワープの語源である)させて現在位置と目的地を4次元的に近づけることになっているものもある。空間を折り曲げたり突き抜けたりする理論的根拠としては、アインシュタインの唱えた一般相対性理論や量子力学のトンネル効果などが作品中で言及されている。

このワープは出口となる場所にデブリがあった場合、宇宙船に致命的なダメージを与えてしまうために1回のジャンプに対し厳密な測定と計算が必要になるものの、目的地に到達するまでに要する時間が短く、このワープを繰り返すことでヤマトは148,000光年彼方の惑星イスカンダルまで半年程度で到達している。

関連記事

親記事

スペースオペラ すぺーすおぺら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ワープ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ワープ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202049

コメント