ピクシブ百科事典

マスドライバー

ますどらいばー

大質量の貨物などを宇宙や他の惑星へと撃ち上げる装置
目次[非表示]

概要

 サイエンスフィクション作品に登場する、大気圏外や他の惑星へと大質量の貨物や人員・宇宙船などを撃ち上げる装置や施設のこと。
 使い方によっては、一種の質量兵器にもなり得る。

宇宙へ行くには?

 人・物資・宇宙船などを地球から宇宙へ送り込むには、雑に説明すると、第一宇宙速度まで加速すればよい。20世紀~21世紀初頭(現在)はロケットを使っている。
 ロケットは人・物資・宇宙船などの「送り届けたい荷物」と「燃料」、「エンジン」を積んで発射される。燃料を消費して加速しながら宇宙を目指すのだが、荷物だけでなく消費する前の燃料まで加速することになってしまう。荷物を増やすと必要な燃料が増えて、増えた燃料の分だけさらに余分に燃料が必要になってしまうため、とても効率が悪い。
 「荷物」だけを加速して宇宙まで届ければ効率よく・安くなるというのがマスドライバーの発想である。

 「荷物」だけを加速するシンプルな方法として大きな大砲を使うという手がある。第二次世界大戦中にドイツ軍熱心に研究したが、大型化するほど複雑化してしまい、ロケットのほうが先に完成・洗練されてしまった。
 大砲の、火薬による加速は技術的に困難だとわかったため、現在はレールガンによる加速が検討されている。


登場作品

月は無慈悲な夜の女王」…ロバート・A・ハインライン
 月で生産された物資(主に農産物)を地球へ送るための施設として登場し、物語全体を通して重要な役割を果たす。また、地球でマスドライバーを建設する場合の構造も登場人物によって提案されている。

エースコンバット5
 アークバードの打ち上げにマスドライバーが利用される。護衛ミッションが存在する。

キノの旅
 古文書の設計図を基に、地球全域を射程に収める超長距離砲台を建設した国をキノが訪れる。古文書の指示通り「世界で一番遠いところ」に向けて試射を行うと聞いたエルメスは何処へオチるのかに気づき大急ぎで出国するようキノを促す。

pixivに投稿された作品 pixivで「マスドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174034

コメント