ピクシブ百科事典

銃夢

がんむ

木城ゆきとの代表作。機甲術使いのサイボーグ少女ガリィが荒廃した世界を舞台に八面六臂の活躍をする物語である。講談社刊行イブニングにて続編「LastOrder」を連載の後、同誌で最終章「火星戦記」を連載中。
目次[非表示]

概要

木城ゆきと原作のSF格闘漫画。最初は2011年に廃刊となったビジネスジャンプにて連載された。木城ゆきとの代表作であり、サイバーパンクを地でいく世界観・高い画力に裏付けされた綿密な作画・強引な屁理屈で読者を納得させてしまう超設定などなど挙げればきりがないほどの魅力が詰まった作品である。
コアなファンを獲得したが、木城氏が連載に限界を感じたため9巻にて終了。
その後ウルトラジャンプにて2000年から続編である「LastOrder編」を執筆。しかし旧銃夢の再版時における台詞変更で作者が集英社と衝突し、現在は講談社刊行誌「イブニング」に連載の場を移している。
「LastOrder編」は2014年に終了し、現在は最終章「火星戦記編」が連載されている。

ストーリー

舞台は遠い未来の地球。空中浮遊都市ザレムの下にある荒廃の都市クズ鉄町で幻の格闘技「機甲術」使いのサイボーグ少女ガリィが復活するところから物語は始まる。
退廃と汚濁が渦巻くクズ鉄町で、傷つきながらも成長し戦い続けるガリィはやがて世界の成り立ちと自身の出生の秘密に迫る・・・。

主な登場人物

無印

  • ガリィ:主人公。数百年前の残骸から発掘された記憶喪失のサイボーグ。特殊格闘技術「機甲術(パンツァークンスト)」の使い手。火星出身で本名は陽子(ヨーコ)
  • イド・ダイスケ:元ザレム人のサイバネ医師兼ハンターウォーリア。ガリィを拾い親代わりとなる。
  • ユーゴ:ザレムへ行く事を夢見る少年。ガリィの初恋の相手だが…。
  • ジャシュガン:サイボーグ球技「モーターボール」のチャンピオン。
  • ディスティ・ノヴァ(ノヴァ教授):「業(カルマ)」を研究するマッドサイエンティスト。「ザレム人の秘密」を知っている。
  • フォギア・フォア:港町育ちの無骨な男。「対サイバネ骨法」という格闘技を使う。傭兵のアルバイトでガリィと知り合い恋仲になる。
  • ルゥ・コリンズ:ザレムとの司法取引で工作員となったガリィをサポートするザレム人の女性。
  • ケイオス:ノヴァの息子。人気ラジオスターにしてサイコメトリー能力の持ち主。
  • 盗賊団バージャックを率いる巨大サイボーグ。


LastOrder以降

  • ゼクス:ガリィを模したアンドロイドの6番目。男性の人格を持ち真の戦士となる事を目指す。
  • エルフツヴェルフ:ゼクスと同じアンドロイドの11と12。能天気かつ享楽的な性格。単分子ワイヤーを武器とする
  • デッキマン100号:ガリィやゼクスのボディのメンテナンス用に改造されたデッキマン。
  • ジム・ロスコー:ザレムに戻ったノヴァの助手を務めていた天才少年。ザレムの秘密を知ってしまう。
  • ピング・ウー:かつて「ウィーゼル」と呼ばれた凄腕のハッカー。ガリィ達に協力する。
  • リメイラ:火星王国議会派の王女。おっとりとした印象だが、熊のぬいぐるみのケーニッヒを使った腹話術では鋭い洞察力を見せる。
  • ザジ:リメイラに仕える火星王国議会派の戦士。わけあってガリィ達と共に戦う。
  • ペイン大佐:児童歩兵スクールのオーナー。登場後すぐ死亡したが、その後も幻影として現れガリィの心を乱す。
  • カエルラ・サングウィス:「星の幼稚園協会」の理事長。本名はヴィルマ・ファキーリで700年も生きている吸血鬼である。拳法に精通しており、銃夢の時代で使われる中国系武術の大半は彼女によって伝えられたもの。
  • アーサー・ファレル:かつて隕石落下により壊滅した文明を建て直し宇宙時代を到来させた人物。現在はメルキゼデクの擬似人格として登場する。
  • アガ・ムバディ:「太陽系条約調停議会(LADDER)」の議長補佐にして黒幕。世界の秩序と平和のためならば非情な手段も厭わない。脳に天才ザレム人の脳チップを三つ備えた『トリニダード』である。触れずして電子機器をコントロールできる他、カラリパヤットヨガの使い手でもある。
  • ノヴァ・Ⅹ(テン):ザレムに仕掛けられた装置によって復活したスペアのノヴァ。Ⅹとは10番目を意味する(9番までのスペアは焼却された)。
  • ポータブル・ノヴァ:略して「ポタノヴァ」。ノヴァの予備の脳チップを装着された携帯型の端末。
  • スーパーノヴァ:ムバディ側についたノヴァ(ノヴァ・Ⅱ)。脳チップが二つあり、髪型はアフロ。笑い方も「キャハハハ」から「ギャハハハ」に変わっている。
  • 刀耳(トージ):超電磁空手八段「虐殺士」の腕を持つサイボーグ空手家。空手の未来の為に空手星建設を目指す。
  • 絶火(ゼッカ):「伝説の拳豪」と呼ばれる凄腕の空手家。いかなる勢力にも属さず漢のロマンを追求し続ける傍若無人な男。
  • 呑破(ドンファー):絶火のライバル。かつて宇宙海賊を相手に「一撃虐殺」を成し遂げ超電磁空手の創始者となる。


用語

  • クズ鉄町:ザレムの廃棄物を再利用して生活する都市。サイボーグが多く治安が悪い。現在のミズーリ州カンザスシティにある。アーサーの統治時代はスターシティと呼ばれ世界の中心とも言える都市だった。
    • ハンターウォーリア:いわゆる賞金稼ぎ。ハンターの登録コードは脳表面のグリア細胞に刻印される(サイボーグのみならず生身のパーツでさえ交換が可能であり、指紋や虹彩では役に立たないため)。
    • モーターボール:クズ鉄町西部で盛んなレースと球技を掛け合わせたモータースポーツ。競技の中ならば殺人すら許容される過激なルールから人気を博している。


  • サイボーグ:作中ではサイバネ技術が一般化されており多種多様なサイボーグが存在する。
    • バーサーカーボディ:全体がナノマシンで構成されたサイボーグボディ。かつて宇宙戦争で使用され、バーサーカーの名の通りの戦いぶりで破壊と殺戮をもたらしたとされる。
    • ヴェット・ツォイク:モーターボールの選手が試合に使用する競技用ボディの通称。走行用の機能にはモーターの回転数やアクチュエーターの反応速度など厳しい規定が定められているが、それ以外の制限は無いらしく様々なタイプが登場している。
    • イマジノス体:LastOrder序盤にガリィに与えられたボディ。バーサーカーボディの不安定さを修正し、持ち主の意思に応じて変化が可能になっている。
    • フィジロイ体:サイバネ技師のヤニが開発したボディ。『ポリティン・ゾル』という物質を体内で循環させる事で強大なパワーを生み出す。絶火とゼクスが使用。

  • 武術:サイボーグなどの技術の普及により従来の武術もそれらを活かしたものとして進化した。
    • 機甲術(パンツァークンスト):ガリィの使う武術。振動や衝撃波を用いる。
    • 機関拳(マシンクラッツ):ジャシュガンの武術。「気」ならぬ「機」を重視する。
    • 対サイバネ骨法:生身の脳にダメージを与えるというサイボーグに対抗する事に特化した武術。
    • 空手:超電磁空手や超甲殻空手など様々な流派が存在し、もはや空手なのかどうかも分からないトンデモ流派も多数ある。

  • ファクトリー:ザレムで消費されるあらゆる物資を生産する施設。
    • ファクトリー法:クズ鉄町およびファクトリー(ザレム)の勢力圏内における法。ザレムの安寧を第一としている。重火器や飛行物体の使用や所持はザレムへの攻撃の意思と見なされ、その場で殺害される程の最も重い罪とされる。
    • デッキマン:ファクトリーの運営を行う筒状のロボット。人間の顔の皮膚と脳が使われているが、飽くまで生体部品であり人間としての意識は無い。タイプによって顔としゃべり方が異なる。
    • ネットマン:ファクトリーやクズ鉄町の治安維持を担当する細身のロボット。デッキマンと違い自律歩行が可能で腕のパーツを換装すればミサイルなどを撃てる。デッキマンに比べると影が薄い。

  • バージャック:ザレムの破壊と地上人による国の建国を目指す過激派武装集団。名の由来は「馬借」。

  • ザレム:地上を支配する空中都市。住人は生身の人間で選民思想が強く地上人を下等な存在と見下している。かつては軌道エレベーターの途中に作られた実験施設だった。
    • TUNED(チューンド):ザレムの地上監視局との取引でガリィが勤めた治安維持用の特殊工作員。
    • GRシリーズ:TUNEDで集めたガリィの戦闘データを基に作られたアンドロイド(ガリィ・レプリカ)。ガリィ(G-1)を含めて12体存在する。GR-2はガリィ、GR-10はバージャックとの戦いで破壊され、GR-3からGR-5、GR-7からGR-9の6体もゼクス(GR-6)に破壊された。
    • 最終喜械(エンドジョイ):公園などに設置された「公衆自殺機械」。
    • 医療監察局(MIB):ザレム人の生活を文字通り「ゆりかごから墓場まで」管理する機関。
      • CCU『疑似家族(Child Care Unit)』と呼ばれるシステム。ザレムではMIBが遺伝子を組み合わせて生み出した子供は選定された夫婦(疑似親、Child Care Manager)によって育てられる。また、ザレム人の生殖能力は発生段階で除去される。
      • ザレム人の秘密:ザレム人は成人を迎えると儀式として脳を摘出し記憶や人格をコピーした小さなチップと交換される。秘密を知った者は粛清対象となる。また、チップには稀にバグの存在するものが生産される。

  • 地球軌道連合体:地球軌道上に存在する宇宙都市国家群の連合。
    • イェール:ザレム上空、地球の軌道上に存在する宇宙都市。
      • ユナニマス・システム:イェール住人の脳に埋め込まれたナノマシン「調停機(ピースキーパー)」により攻撃的な感情などを抑制するシステム。明確な悪意(悪口や皮肉)などを目の当たりにすると、それが他の者に向けられたものであっても数秒間一切の思考が停止してしまう。
      • インキュベーター:ユナニマス・システムにより無意識下に生じたストレスを肩代わりする機械(ピング曰く「公衆便所」)。ザレム人から摘出された脳が使用されている。
      • ロボアジール:イェールに寄生するように存在する、自由意志を持つ作業ロボット達による「ロボットの王国」。逃亡者となったピングは唯一の人間としてここに住んでいた。

  • レヴィアサン1:地球軌道連合体に属する宇宙コロニー。本来は恒星間航行用の巨大宇宙船として建造された。
    • 戦闘解放区(コンバット・チェンバー):遠心重力区画に存在する地区。中では戦闘行為が合法となっている。


  • 木星連邦:金星と双璧をなす大国。人間はおろか猫や牛までが多面体のサイボーグとなっている。用語にロシア語が使われるなど、旧ソ連を思わせる描写が多い。
    • ユピタン:木星のスーパーコンピューター。

  • 火星:様々な勢力が混在する星。ガリィの故郷でもある。
    • 機甲術の谷(グリューン・タール):機甲術使い達の本拠地。過去の戦争で壊滅した。

  • 水星:ザレム人の科学者Dr.ヴァレスの起こしたテロによりナノマシンの海となった星。

  • 太陽系条約調停議会( LADDER ):イェールに本部を置く太陽系各国の議会。
    • NEW ORDER:LADDER直轄の軍隊兼警察組織。いわゆるやられキャラ。
      • ORDER:NEW ORDERの前身。ムバディもかつてはここに所属していた。

  • 森羅天頂武闘大会(Zenith Of Things Tournament):略して「ZOTT」。LADDER主催の格闘トーナメント。優勝チームには独立自治権が与えられるという名目だが、実際は自治権を求める不穏分子を潰し合わせるのが目的であり、勝ち進んでも準決勝でシードである金星か木星のチームによって倒される事になる。また、決勝戦は金星と木星の代理戦争も兼ねている。

  • テラフォーミング戦争:テラフォーミングの為の資源を巡って太陽系で起こった戦争。
    • カムランの惨劇:陽子が起こした大規模な破壊テロ。コンピューターウィルス「グウィネヴィア」によってメルキゼデクに干渉し、ラグランジュ点上で建造中だったレヴィアサン1〜5を暴走させた。死者・行方不明者は推定45万人。

  • メルキゼデク:ありとあらゆる問題に対する答えを出すために作られたスーパーコンピューター。
    • ファタ・モルガーナ:アーサーからヴィルマに託されたものをガリィが受け取った特殊なメモリー媒体。メルキゼデクの失われたキープログラムが記録されており、あらゆる情報にアクセスが可能。
    • エクスカリバー:長い歴史の中で失われたメルキゼデクのマスターキー・プログラム

  • 不老化技術(メトセライズ):200年前にピングが広めた技術。人が死ななくなった為人口増加の問題が起こり、出産の禁止や子供の存在が違法となり児童虐殺政策が存在するなどの弊害が起こっている。
    • 児童歩兵:児童虐殺政策から生まれたビジネス。子供を兵士として戦闘解放区で戦わせる。

  • V型ウイルス発症者:致死性ウィルスの感染から生き延び、不老不死、吸血、超身体能力などの特殊な能力を得た人間。いわゆる吸血鬼。

関連イラスト

ジャシュガン
カリギュラしのアルムブレスト


アイギスを描いていたつもりが
ディスティ・ノヴァ


ゼクスは俺の嫁
空手に先手なし

pixivに投稿された作品 pixivで「銃夢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 748056

コメント