ピクシブ百科事典

ターミネーター

たーみねーたー

『ターミネーター』とは、1984年にジェームズ・キャメロン監督で第1作目が公開されたSFアクション映画シリーズ。
目次[非表示]

原義「terminator (名)」とは

  1. 終わらせるもの(人)
  2. 明暗界線.
  3. 終結部位:伝令RNAが結合されるDNAの部分。(goo辞書より)
  4. ロシア戦闘機Su-37」の愛称。ロシア語読みは「チェルミナートル」。
  5. 信号波形の乱れや信号の反射などによる誤作動を防止する終端抵抗器。
  6. ゲーム『キングダムハーツ2』に登場するザコ敵のハートレス

この項目ではハリウッド映画『ターミネーター』シリーズについて記述する。

概要

当初は低予算のB級映画であったが、ボディビル出身のアーノルド・シュワルツェネッガーが演じるターミネーターの不気味な存在感や、終盤でのコマ撮りを駆使した動きが話題となり大ヒット。
デデンデンデデン」で始まるテーマ曲も有名。何をしても動じない不死身な存在を比喩して「ターミネーター」と称したりもする。
先述のgoo辞書にも今作の記述が乗るほど、世界的に認知を得た。

今作をきっかけにシュワルツェネッガーはアクション俳優として、ジェームズ・キャメロン監督は映画史に残るヒットメーカーとして、スターダムをのし上がることになる。
キャメロン自身は2作目の「T2」をもって完結とみなしシリーズから身を引いたが、その後も大人の事情…いや衰えを知らない世界的な人気から、別の監督による続編映画やテレビシリーズが作られ続けている、ハリウッドを代表する人気タイトルのひとつである。

シリーズの流れ

『ターミネーター』(1作目)

原題:The Terminator
製作年:1984年
監督:ジェームズ・キャメロン
配給:オライオン・ピクチャーズ/ワーナーブラザーズ

近未来。人類は1997年に起こった「審判の日」と呼ばれる核戦争で衰退。人工知能スカイネットによって制圧されようとしていた。
しかし、ジョン・コナー率いる反乱軍が反撃ののろしを上げた。
これを脅威と判断したスカイネットは、1984年の過去にターミネーター(T-800)を送り込み、将来ジョンの母親となるサラ・コナーを抹殺しようとした。一方、反乱軍のカイル・リースもサラを護衛するため、タイムトラベルで過去へ送り込まれる。
壮絶な戦いの末、T-800は破壊され、カイルは戦死。サラはジョンを身ごもり、「審判の日」に向けて備えることに。

シュワルツェネッガーを代表する台詞でもある"I'll Be Back!"は、今作が初出。

ターミネーター2

原題:Terminator 2: Judgment Day
製作年:1991年
監督:ジェームズ・キャメロン
配給:トライスター・ピクチャーズ/東宝東和(日本)

1作目の直結した続編で、前作の10年後(1994年)。
シリーズ最大のヒット作として日本でも最も有名なのがこの「T2」である。
前作では敵だったT-800が、今度は10歳当時のジョン・コナー少年を守るために送り込まれる。新たな刺客はT-1000で、ターミネーター同士が戦う。

鳥山明ドラゴンボールの「人造人間編」は、この「T2」にインスパイアされたものである。

ターミネーター3

原題:Terminator 3: Rise of the Machines
製作年:2003年
監督:ジョナサン・モストウ
配給:ワーナーブラザーズ(アメリカ)/東宝東和(日本)/コロンビア映画(世界)

2作目の続編で、前作の10年後(2004年)。
サラは病死し、ジョンは青年になっている。1997年の「審判の日」は回避されたかに思われた。
しかし、2032年の未来から女性ターミネーターT-Xと、T-800の改良型であるT-850が送り込まれ、再び戦いが始まる。

『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』

原題:Terminator: The Sarah Connor Chronicles
放送年:2008年
制作:ワーナー・ブラザーズ・テレビジョン

テレビドラマシリーズ。
『ターミネーター2』の続編で、『3』とは異なる世界線。
『2』の5年後(1999年)、コナー親子が2007年にタイムスリップして戦いに身を投じる。
少女型ターミネーターのTOK715が登場。

第2期まで作られたところで未完のまま打ち切りになってしまっている。続編の製作は不明。

ターミネーター4

原題:Terminator Salvation
製作年:2009年
監督:マックG
配給:ワーナーブラザーズ/ソニー・ピクチャーズ

「審判の日」以降を舞台としており、人類と機械の全面戦争が描かれている。
『3』の続編の世界線であり、『3』の設定を受け継いでいる。
シュワルツェネッガーは直接出演せず(当時カリフォルニア州知事だったため)、顔のCG合成によるデジタル出演にとどまった。
シリーズ最高の制作費約2億ドルがかけられたものの、興行収入は北米で約1億2500万、全世界で約3億7000万ドルとシリーズ最低を記録。三部作として計画されていたが制作会社の倒産&版権の買収により制作中止となった。

ターミネーター:新起動/ジェニシス

原題:Terminator Genisys
製作年:2015年
監督:アラン・テイラー
配給:パラマウント・ピクチャーズ

本作は、これまでのシリーズのリブートに相当し、三部作の第1弾となるようである。
シリーズ第二位のヒットを記録。
ターミネーターがサラを抹殺するため過去に送られたことを知り、ジョンがカイルを過去に送り込んだが、そこは初代作とは全く違った過去となっていた…


関連動画

吹替の帝王第9弾ターミネーター日本語吹替完全版






関連タグ

映画 洋画 SF映画
スカイネット T-800 T-1000 T-X デデンデンデデン
ロボット 機械 サイボーグ アンドロイド
アーノルド・シュワルツェネッガー ジェームズ・キャメロン
エドワード・ファーロング

外部リンク

ターミネーターシリーズ - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ターミネーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2799711

コメント