ピクシブ百科事典

カイル・リース

かいるりーす

カイル・リースとは、ジェームズ・キャメロン監督原作の映画『ターミネーターシリーズ』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

映画監督ジェームズ・キャメロンが作り出した映画ターミネーターシリーズに登場する人物。

2029年の近未来で、自我を持ったコンピュータスカイネットの作り上げた殺人機械軍に対して、ジョン・コナー率いる人類抵抗軍の一員として戦っていた兵士の一人。

敗色濃厚となった機械軍が、ジョンの母であるサラ・コナーを抹殺してジョンの存在そのものを消してしまおうと目論み、T-800型ターミネーターを過去へ送りこんだのを受けて、これを阻止するため、自ら志願し過去へとタイムトラベルした。
その後、服すらもない状態から装備を整えて、サラとの接触に成功すると、T-800型ターミネーターと死闘を繰り広げた。最期は、ターミネーターの腹部に爆弾を仕込んで大破させることに成功したものの、自身も巻き込まれて死亡。

逃走のさなかにサラと結ばれており、その後に彼女はジョンを妊娠している。

人類滅亡の危機から立ち上がり勝利へ導いたジョン・コナーを崇拝し、彼に指導者のノウハウを教えた母にして「伝説の女」サラ・コナーの写真を戦禍での支えとしていた。二度と同じ時代に戻れぬタイムトラベルに志願したのは、彼を守ることと彼女に会ってみたいというのが動機だったが、自身こそがジョンの父親であることは最期まで知らずにいた(少年期から母に未来の話を聞かされていたジョンは当然知っていたが、タイムパラドックスを回避する為に伝えなかったと推測)。

また、サラを助けに来た際の「死にたくなければ一緒に来るんだ("Come with me, if you want to live!")」という台詞は、続編の「ターミネーター2」や「ターミネーター4」、ドラマシリーズ「サラ・コナークロニクルズ」でも使用されている。

余談

第1作でのカイル役は当初アーノルド・シュワルツェネッガーの予定であったが、彼のお世辞にも上手いとは言えない演技や英語を見て、監督が「『人間に成りすまそうとする機械』の役ならこっちの方が適任じゃないか?」と思いついたことでシュワルツェネッガー氏の起用が決まり、ビーンはカイル役に収まった。
「見た目は弱そうなのに強い」というコンセプトは次回作のT-1000で実現された。

関連項目

ターミネーター サラ・コナー ジョン・コナー T-800

ジャック・ドーソン監督の後作に於いてカイルと同じ役回りを演じた人物。

グレース(ターミネーター)非正史の後作における後輩。

関連記事

親記事

ターミネーター たーみねーたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カイル・リース」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カイル・リース」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24261

コメント