ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「俺は世界の王者だ!」

「神から授かった人生を無駄にしたくない。どんなカードが配られても、それを生きるのが人生です」

演:レオナルド・ディカプリオ

概要

各地を旅し億万長者になることを夢見る画家志望の青年。アメリカウィスコンシン州出身で、15歳の頃に両親が他界してからはヨーロッパ各地を転々とする独り身となる。

サウサンプトン港のパブポーカーに勝利したことでタイタニックの乗船チケットを手にし、出港5分前に三等客として乗り込みアメリカを目指す。

そこで名家の令嬢・ローズ・デウィット・ブケイターと出逢い次第に惹かれ合い、彼女に生きる活力を与えていく。

現在では言わずと知れたレオナルド・ディカプリオの名を世界に知らしめた役柄であり、言うまでもなく彼の演じた最も有名な人物である。

性格

画家志望である故に多大なる画材を秘めており、芸術嗜好のローズからも高評価を得る程。実際彼女と惹かれ合った理由の一つである他、1枚10セントで似顔絵を描いて生計を立てていたりもした。

開放的な自由人気質で、ローズを救助した礼として招待された一等客のパーティの席で自身の住所について尋ねられた際に、「今はタイタニック号の船上」と答えた上で上記の言葉をキャルやルースといった同席者たちに向けて送った。

明るく社交的でポジティブ思考な面もあり、上述したそれまで無縁だった上流階級のパーティに誘われた際には快く快諾したり、逆にローズを上品な一等客とは対照的な三等客の意気揚々なパーティに誘ったりもしている。

そういった彼の生き様は、それまで束縛されていたローズの気風に変化を齎すことになる。

ちなみに日本版での一人称は、友人達の前では「俺」であるのに対し、ローズのみは「僕」となっている。

吹替を担当した声優・俳優

2001年・フジテレビにて地上波初放送時の際に担当したが、凄まじい酷評を受け「ホットペッパー」などと揶揄された。

ソフト版(Blu-ray、DVD)担当
2004年に再度フジテレビで放映された時に担当。だいぶマシになった。
飛行機内でしか鑑賞できない機内上映版で担当。

2003年の日本テレビ系列の「金曜ロードショー」版にて担当。
あまりにもファンが湧き、評判も良かったので2008年、2021年にも彼の吹替で放映されている。

関連イラスト

落書き

ファンアート★プチ詰め



関連タグ

TITANIC ローズ・デウィット・ブケイター
レオナルド・ディカプリオ

カイル・リース本作と並ぶ監督の代表作の登場人物。一人の女性と出逢い交流し、逞しく成長させる点が共通している。

関連記事

親記事

TITANIC じぇーむずきゃめろんのたいたにっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャック・ドーソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6218

コメント